オンデマンド講座申し込み

【オンデマンド限定配信:tdo2020110902】技術者のための実務で役立つ統計解析入門 【③回帰分析】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

講師:日本工業大学 先進工学部 教授 荒川俊也 先生
2001年 早稲田大学理工学部卒業、2003年 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻修了。2003~13年まで富士重工業㈱ スバル技術研究所に勤務(この間の08年 総合研究大学院大学複合科学研究科統計科学専攻博士後期課程に入学し、12年修了)。2013年~2021年まで愛知工科大学 工学部。教授などを務める。2021年4月より現職。なお、2017年より政策研究大学院大学政策研究センター客員研究員兼務。
これまでに、「ドライバ状態推定手法の研究」、「香りの効能研究」、「立体音響警報の開発」など人間と自動車(機械)の協調に関する研究に従事し、現在は、「地理情報システムのインフラ管理への活用」などにも取り組んでいる。自動車技術会、計測自動制御学会、ヒューマンインタフェース学会などに所属。
著書には『AIエンジニアのための統計学入門』、『Excelによるやさしい統計解析』がある。

※この映像はオンデマンド限定配信です
講習会について

自力で回帰分析ができるようになります

tdo2020110902

      • Ⅰ.「回帰分析」を行う意味とは︖
        •  
      • Ⅱ.相関
        •  
      • Ⅲ.回帰分析
        •  
      • Ⅳ.演習その1
        •  
      • Ⅴ.重回帰分析
        • ・重回帰分析
        • ・多重共線性
        • ・係数の影響
        • ・最適なモデルとは︖
        • ・尤度
        • ・因果関係は逆も成立するか︖
      • Ⅵ.演習その2
        • ・マンションの賃料(物件情報と賃料)
        • ・従業員の給料(従業員属性と給料)

     



  • 相関や回帰分析の意味の理解
  • 回帰分析、重回帰分析の分析のやり方と手順

 

 「実務で統計解析をやってみたい」という方に、統計の基礎と解析の方法を解説する講座で、全3回のシリーズとなっています。理論はポイントを絞り、また、数式はなるべく使わず、分かりやすく解説します。解析方法はエクセルなどを使いながら具体的に解説し、受講生の方には演習にも取り組んでいただきます。 3回目は回帰分析となります。まず、相関について説明した後、回帰分析、重回帰分析をExcel演習を交えて、解説します。

22,000円(税込)

約2.5時間

アカウント発行日から4週間
※テキストは申込の翌営業日以内(休日を除く)に発送

カード決済または請求書送付後の振込
カードでのお支払いをご希望の方は申込時にその旨をご記入ください。
お申込みフォームから(支払い期限:請求書発行日の翌月末まで)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る