定番講座

機械設計図面の基本と正確な読み方 セミナー紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

図面の事が全くわからない方でも図面の読み方が学べます!

なぜ人気なの?3つのポイント
1.  実務経験豊富な講師による実践的なプログラム!
教科書にあるような理論だけではなく、現場で必要な知識を紹介します。
2. 初学者の方も問題ありません!
初めて図面について学ぶ方を主な対象とした講座です。
3. 演習を通じて図面を学べます!
頭と手を動かす事で理解を深めます。オンデマンド講座の場合は描いた図面の講師による添削がつきます。
課題を解決しよう!
よくあるニーズ
  • 図面を見る機会はあるが、何を示しているのか理解できない。
  • 基礎から図面のルールを学びなおしたい。
  • 後輩や部下に図面の読み方を教えるコツ、ポイントを学びたい。
到達目標 GOAL
  • 図面を読むとき(書くとき)の基本的なルールを習得する。
  • 機械図面を見てその図面が示す形状をイメージできるようになる。
受講の対象者機械設計新入社員
  • 図面を読むための基本を学びたい方。所属部署や経験は問いません。
  • 設計図面を書くための基礎知識を学びなおしたい方。
  • 図面の読み方や書き方を指導するポイントを学びたい方。
受講者の声
  • 先生の実体験を基にした説明が多く、図面のイメージがしやすかった。
  • 図面を理解するための消しゴムを利用した演習は非常にわかりやすかった。
  • 立体の図面の表し方をじっくり解説してもらったので参考になった。

講師 野々山満 氏 の紹介

1979年 自動車ボディーの生産設備製作会社に入社。主に機械設計や営業技術の実務に従事し、同社のアメリカ・デトロイト工場の立ち上げにも尽力する。
2002年 同社を退職し、(有)光匠技研を設立する。大手自動車関連企業を中心に生産設備の設計等、複数のプロジェクト業務に携わる。
現在も第一線でエンジニアリング業務に携わりながら、これまでの経験を活かしセミナー講師やコンサルタントとしても活躍している。 


担当からコメント
部下の面倒見がよく経験豊かな、頼りになる上司のような講師です。どんな些細な疑問でも、丁寧に優しく答えてくれます。

研修内容

近年のCADの普及により、設計の基本的なルールを完全に習得していなくても、簡単に図面を書くことができるようになりましたが、その反面、“図面を正確に読み解く技術”を培う機会は減っているように感じます。図面を正確に読み解くことができれば、技術者としての地力は確実に上がりますし、モノ造りの現場はさらに充実したものになります。(また、図面を読み解く力は、設計開発、生産技術、製造、品質管理部門だけでなく、購買、技術営業部門の方にも非常に重要です。)  本講義では、“図面が伝えたいことを正確に読めるようになること”を目標に、設計図面のいろはから、講師の機械エンジニア・技術コンサルタントとして培ってきた実務ノウハウまでを、分かりやすく解説します。講習の最後には演習も行い、質疑応答を交え知識の定着を図ります。また、講座の対象は、設計開発、生産技術、製造、管理部門はもちろんのこと、購買や技術営業部門の方々にも有益な内容となっています。「図面の基礎を学びなおしたい」、「図面を正確に読めるようになりたい」という方は是非ご参加ください。参加者の方々の苦手意識や疑問点・問題点が解消し、品質の高い製品開発に繋がることを願っています。 
<☆プログラム>
  • Ⅰ. 図面から実際の形をイメージしてみよう
  •  1. 三面図、投影法とは
  •  2. 身近なものを投影して三面図にしてみる
  •  3. 線を追加して図を完成させよう(実技)
  • Ⅱ. 知っておきたい図面の基本ルール
  •  1. 紙の大きさと尺度 (三角スケールの使い方)
  •  2. 図面で使われる線の種類や太さのルール
  •  3. 補助記号は、なぜ必要か?
  •  4. 図面で省略される表記
  •  5. 特殊な部分図示
  •   例)断面図、丸みのある部分が平面と交わる箇所の表し方等
  • Ⅲ. 図面の種類 (組立図、部品図の違い)
  •  1. 組立図とは
  •  2. 部品図とは
  • Ⅳ. 『要素部品』と『機械材料』の表し方
  •  1. ネジの表し方と基本
  •  2. バネの表し方と基本
  •  3. 溶接記号の表し方
  •  4. きり穴、ネジ穴、座ぐり…穴加工に関するルール
  •  5. 機械材料の表記ルール
  • Ⅴ. 寸法/公差/表面粗さを正しく読み取ろう
  •  1. 『寸法記入』のルールを知る
  •   ① 寸法数値の読み方② 3つの寸法記入方法
  •   ③ 直径・面取りなどを表す補助記号
  •  2. 『寸法公差』を読むのに必要な最低限の知識
  •   ① 公差が必要な理由
  •   ② 覚えておきたい普通公差のルール
  •   ③ はめあい表記の読み方
  •  3. 『表面粗さ』ルールを知る
  •   ① 面粗さ指示の考え方
  •   ② 加工方法による面粗さの範囲
  •   ③ 面粗さの表示方法は複雑
  • Ⅵ.《演習》部品図面から、形状や精度を読み取ろう
  •  1. 投影図作成のコツ(デバイダーの使い方、効率的な三面図作成方法)
  •  2. 三面図作成
  • Ⅶ. 現場情報の共有化を図ろう(図面には、これだけの情報が記されている)
  •  1. 歩留まり
  •  2. 材料情報
  •  3. ポンチ図で情報の吸い上げ

社内研修のリクエストはこちらから 管理番号2008

法人名

部署名

担当者氏名

実施場所住所

MAIL

TEL

- -

希望する講座(タイトルまたは管理番号を記入)

開催時期

参加人数

備考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る