このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 オンデマンドで学ぶ実務で役立つ統計解析【統計基本+統計数学コース/全4講座】 [講習会詳細] | テックデザイン
※お申込前に「注意事項」をご確認ください

オンデマンドで学ぶ実務で役立つ統計解析【統計基本+統計数学コース/全4講座】

 

 

 

コード tdo2022040102
ジャンル データサイエンス
形式 オンデマンド講座
配信について お申込みから90日間(何度でも視聴できます)
動画時間 約7時間(420分)
資料(テキスト) 印刷・製本したものを郵送します(1アカウントにつき1セット)
受講料
(申込プラン)

1アカウント: 44,000円 (消費税込)

10アカウント: 352,000円 (消費税込) ※社内研修にオススメです

資料のみ(1セット): 8,800円 (消費税込)

 

技術者のための実務で役立つ統計解析入門【①統計の基本】 (120分)

講師: 日本工業大学 先進工学部 データサイエンス学科 教授 兼 教育研究推進室長 荒川 俊也先生

経歴: 2001年 早稲田大学理工学部卒業、2003年 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻修了。2003~13年まで富士重工業㈱(現:㈱SUBARU) スバル技術研究所に勤務し、この間の08年 総合研究大学院大学複合科学研究科統計科学専攻博士後期課程に入学し、12年修了。2013~2021年まで愛知工科大学工学部にて准教授・教授として勤務。2021年4月より現職。また、2017年より政策研究大学院大学政策研究センター客員研究員兼務。博士(学術)。専門は、自動運転におけるヒューマンファクタ、統計科学・機械学習の応用。現在は、「自動運転におけるヒューマンファクタ」、「自動運転の過信・依存を抑制するヒューマンインタフェースの開発(主に香り空気砲の開発)」、「津波避難時の危険予知意識向上研究」、「実社会適用を目指した統計科学・機械学習の応用(主に畜産,インフラ管理,医用画像診断など)」などの研究に取り組んでいる。自動車技術会、計測自動制御学会、ヒューマンインタフェース学会などに所属。著書には『Excelによるやさしい統計解析』(オーム社、2020年)などがある。
【荒川先生のオンデマンド講座】
統計基本+統計数学コース/全4講座
多変量解析コース/全3講座
機械学習のイロハ(2023年5月25日のオンラインセミナーのアーカイブです)
※「今すぐ受講したい」という場合はこちらをご検討ください

Ⅰ.「統計」はなぜ必要なのか?
 ・なぜ統計が必要か
 ・ビッグデータ
Ⅱ.統計の基礎
 ・統計の尺度
 ・ヒストグラム
 ・ばらつき
 ・平均値
 ・分散
 ・標準偏差
 ・中央値
 ★演習その1
Ⅲ.正規分布と標準正規分布
 ・正規分布
 ・標準席分布
 ★演習その2
Ⅳ.相関
 ・相関係数
 ・疑似相関
 ★演習その3

<ゴール>
・統計の基礎知識の理解(平均、中央値、ばらつき・分散、標準偏差、正規分布など)
・相関係数の求め方
・散布図の書き方

<講義概要>
「実務で統計解析をやってみたい」という方に、統計の基礎と解析の方法を解説する講座で、 全3回のシリーズとなっています。理論はポイントを絞り、また、数式はなるべく使わず、分かりやすく解説します。解析方法はエクセルなどを使いながら具体的に解説し、受講生の方には演習にも取り組んでいただきます。 1回目は統計の基本となります。平均、中央値、ばらつき・分散、標準偏差、正規分布などの統計の基礎知識を理解していただいた上で、相関についての解析方法を身についていただくことを目標にします。

技術者のための実務で役立つ統計解析入門【②t検定】 (150分)

Ⅰ.「検定」を行う意味とは?
Ⅱ.記述統計と推測統計
Ⅲ.信頼区間の考え方
 ・標本と母集団
 ・ランダムサンプリング
 ・母平均の推定
 ・区間推定のやり方・手順
 ・不偏分散
 ★演習その1
Ⅳ.統計的仮説検定
 ・帰無仮説と対立仮説
 ・両側検定のやり方・手順
 ・片側検定のやり方・手順
Ⅴ.t検定
 ・t検定のやり方・手順
 ・t検定の注意点
 ・Excelを使ったt検定
 ★演習その2

<ゴール>
・推測統計の基礎知識の理解(標本、母集団、区間推定、不偏分散など)
・統計的仮説検定の理解
・Excelをつかったt検定のやり方と手順

<講義概要>
「実務で統計解析をやってみたい」という方に、統計の基礎と解析の方法を解説する講座で、全3回のシリーズとなっています。理論はポイントを絞り、また、数式はなるべく使わず、分かりやすく解説します。解析方法はエクセルなどを使いながら具体的に解説し、受講生の方には演習にも取り組んでいただきます。 2回目は検定(t検定)となります。標本、母集団、区間推定、不偏分散、仮説検定の理解を深めた上で、Excelを使ったt検定のやり方を身につけることを目標にします。

技術者のための実務で役立つ統計解析入門【③回帰分析】 (150分)

Ⅰ.「回帰分析」を行う意味とは︖
Ⅱ.相関
Ⅲ.回帰分析
Ⅳ.演習その1
Ⅴ.重回帰分析
 ・重回帰分析
 ・多重共線性
 ・係数の影響
 ・最適なモデルとは︖
 ・尤度
 ・因果関係は逆も成立するか︖
Ⅵ.演習その2
 ・マンションの賃料(物件情報と賃料)
 ・従業員の給料(従業員属性と給料)

<ゴール>
相関や回帰分析の意味の理解
回帰分析、重回帰分析の分析のやり方と手順

<講義概要>
「実務で統計解析をやってみたい」という方に、統計の基礎と解析の方法を解説する講座で、全3回のシリーズとなっています。理論はポイントを絞り、また、数式はなるべく使わず、分かりやすく解説します。解析方法はエクセルなどを使いながら具体的に解説し、受講生の方には演習にも取り組んでいただきます。 3回目は回帰分析となります。まず、相関について説明した後、回帰分析、重回帰分析をExcel演習を交えて、解説します。

技術者のための実務で役立つ統計解析入門【④やりなおし数学(ステップアップ講座)】 (150分)

Ⅰ.本講座の狙い
Ⅱ.確率の基本 【解説/演習】
Ⅲ.ベイズ推定 【解説/演習】
Ⅳ.微分・積分の基本 【解説/演習】
Ⅴ.線形代数の基本 【解説/演習】
Ⅵ.回帰分析

<ゴール>
‟もう一段階上の統計スキル”に必要となる‟数学のエッセンス”を理解すること

<講義概要>
基本的な統計解析がひととおり身につけ、もっと深く学びたいとなったとき、数学の理解は避けて通れません。この講座は、「統計をもう少し学びたいけど、数学は苦手・忘れてしまった」という方を対象に、高校数学+αを解説するものです。確立、微分・積分、線形代数に加え、ベイズ推定も取り上げます。「抽象から具象への橋渡し」をコンセプトにしており、難解な数式・演習はありません。概念の解説と簡単な演習が中心で、エッセンスを理解していただき、その後の学習・スキルアップを促す内容となっています。是非、臆せずチャレンジしてください。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ