オンデマンド配信申し込み

【オンデマンド:tdo2021040702】60分で理解する化粧品広告のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
今村行政書士事務所 所長 化粧品薬事コンサルタント 今村 彰啓氏
東京理科大学工学部工業化学科卒業、早稲田大学大学院商学研究科修了(MBA経営管理修士)。㈱コーセー勤務(化粧品の研究開発、商品企画、商品開発を担当)、日本ロレアル㈱勤務(化粧品の品質管理、生産技術、総括製造販売責任者を担当)、㈱ディーエイチシー勤務(化粧品の研究開発を担当)を経て、現在は、化粧品薬事コンサルタント、今村行政書士事務所所長として、化粧品薬事・開発コンサルティングを行う。

講師の言葉

コスメビジネスに携わっている方向けに、知っておきたい化粧品広告に関わる規制の概要、カテゴリー別広告規制等、長年の化粧品業界での経験を踏まえてお話します。

  • 1.化粧品業界について
  • 2.薬機法の目的
  • 3.薬機法の分類
  • 4.化粧品の効能の範囲
  • 5.化粧品広告規制の概要
    • ①薬機法
    • ②医薬品等適正広告基準
    • ③化粧品等の適正広告ガイドライン
    • ④景品表示法
  • 6.カテゴリー別広告規制
    • ①美白
    • ②エイジングケア
    • ③毛髪補修
    • ④シワ
    • ⑤くすみ
    • ⑥浸透
    • ⑦メーキャップ効果
    • ⑧ビフォーアフター
    • ⑨使用体験談
    • ⑩抗菌、抗ウイルス
  • 7.化粧品等の適正広告ガイドラインの改訂(2020年)
  • 8.訴求力のある表現テクニック
  • 9.事前質問への回答と当日質問受け付け

    5,500円(税込)

    約1時間

    アカウント発行日から4週間
    ※テキストは申込の翌営業日以内(休日を除く)に発送

    カード決済または銀行振込
    ・カード決済の場合はこちらから
    ・銀行振込の場合はお申込みフォームからお申込みいただいた後、
     請求書を郵送いたします。請求書に記載の支払口座にお振込みください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る