オンデマンド講座申し込み

【オンデマンド:tdo2021030901】衝撃工学の入門講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
防衛大学校 システム工学群 機械工学科 准教授 山田 浩之先生
2010年3月 大阪大学大学院基礎工学研究科機能創成専攻博士後期課程修了。博士(工学)、2016年4月 防衛大学校システム工学群機械工学科准教授。衝撃工学をベースに、材料・構造体の衝撃変形特性、インデンテーションによる材料特性評価、金属材料の機械的特性に及ぼす水素の影響等の研究に従事。日本材料学会衝撃部門委員会奨励賞、軽金属学会軽金属奨励賞を受賞。

  • Ⅰ. はじめに 〜衝撃工学とは?〜
  • Ⅱ. 衝撃工学の基礎知識
    • 1. 材料力学の教科書における衝撃問題
    • 2. 応力波伝播の基礎知識
    • 3. 応力波伝播による弾性変形
    • 4. 応力波の入射,透過,反射
    • 5. 応力波の伝播問題に関するケーススタディー
    • 6. 応力-ひずみ関係(材料構成式)
    • 7. 金属材料のひずみ速度依存性
    • 8. 転位運動の熱活性化理論
  • Ⅲ. 衝撃変形における材料・構造体の応力 −ひずみ関係の計測方法
    • 1. 衝撃試験計測で落ち入りやすいミス
    • 2. 一般的な衝撃試験の計測手法(ひずみゲージによる測定)
    • 3. 高速度カメラを使用した衝撃現象の観察
    • 4. 代表的な衝撃試験方法
    •  a スプリット・ホプキンソン棒法
    •  b ワンバー法
    •  c 落錘試験
    •  d その他
  • Ⅳ. JIS Z 2205:2019紹介「スプリット・ホプキンソン棒法を用いた高変形速度試験方法」
    • 1. 概略
    • 2. 理論
    • 3. 圧縮試験
    • 4. 引張試験
    • 5. 曲げ試験
    • 6. 評価方法と精度保証
  • Ⅴ. 衝撃における有限要素解析
    • 1. 衝撃問題における有限要素解析
    • 2. 陽解法を使った解析
    • 3. 材料構成式の重要性
    • 4. 耐衝撃設計における有限要素解析の利便性
  • Ⅵ. 衝撃工学に関するケーススタディー
    • 1. 鉄鋼材料,アルミニウム合金の衝撃変形特性(データの紹介)
    • 2. 発泡構造体の衝撃緩衝・吸収エネルギー評価とその応用(発泡高分子材料,発泡アルミニウム等)
    • 3. 陽解法解析例:FEM-SPH連成解析による発泡フィルムの衝撃変形特性評価
    • 4. 大型衝突試験による火山シェルターの耐衝撃設計
    • 5. その他
  • Ⅶ. まとめ
    • ・衝撃工学の基礎
    • ・衝撃変形を取り扱う実験技術(スプリット・ホプキンソン棒法(JIS Z 2205:2019))
    • ・耐衝撃設計の基礎的な考え方

    22,000円(税込)

    約6時間

    アカウント発行日から4週間
    ※テキストは申込の翌営業日以内(休日を除く)に発送

    カード決済または銀行振込
    ・カード決済の場合は後日決済用のメールをお送りいたします。
    ・銀行振込の場合はお申込みフォームからお申込みいただいた後、
     請求書を郵送いたします。請求書に記載の支払口座にお振込みください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る