オンデマンド配信申し込み

【オンデマンド:tdo2020122301】研究開発者のためのマーケティング入門と実践的活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
講師:株式会社テクノ・インテグレーション 代表取締役 出川 通氏
 東北大学大学院修了(工学博士)。大手メーカーにて、20年以上にわたり、研究開発部門での企画や複数の新規事業を立ち上げた後に独立し現職。MOT(技術経営)やイノベーションのマネジメント手法を用いて多数の企業むけに開発・事業化のコンサルティングや研修、実践マネジメントなどを行っている。早稲田大学・東北大学・島根大学・大分大学・香川大学などの客員教授、複数のベンチャー企業の役員、経産省、文科省、農水省、NEDO、JST各種評価委員。日経BP社「テクノロジー・ロードマップ」の創刊から現在継続中の5版の責任監修者。『図解 研究開発テーマの価値評価』(2018)、『図解 開発・事業化プロジェクト・マネジメント入門』(2017)、『図解 実践ロードマップ入門』(2015)、『図解 実践MOT入門』(2014)、『図解 実践MOTマーケティング入門』(2017)、『図解 実践オープン・イノベーション入門』(2017)、『ロードマップの誤解をとく本;未来創りツールの作成と活用のノウハウ』(2019)(いずれも言視舎刊)等、著書多数。

講習会について
  • はじめに:自己紹介と研究開発の環境変化
  • 1.いまなぜ研究開発者のMOTマーケティングか
    • 現在の企業と研究開発者が置かれた状態の認識
    • R&D,MOT、MBAの位置づけとマーケティング
    • MOTマーケティングの基本コンセプトと実際の流れ
  • 2.MOTマーケティング(1):カテゴリー(領域)わけとキャズム越え
    • マーケットの分類(PLC、カテゴリーわけ)と戦略
    • イノベーション・プロセスへのキャズム理論の適用
  • 3.MOTマーケティング(2):隠れたニーズを探り出し技術からベネフィットへ
    • マーケティング戦略とは:仕様からベネフィットの転換
    • 技術とマーケットの対話と関係
    • マーケティングを利用した開発成功の実際事例
  • 4.MOTマーケティング(3):見えないマーケットのフェルミ推定と定量化
    • 存在しないマーケットの推定理論:フェルミ推定法
    • フェルミ推定を用いたマーケットのサイジング問題と解法例
    • 1.研究開発テーマ設定・評価につながる顧客のニーズ、価値を明確にすることが可能になる
    • 2.潜在ニーズを顧客との対話により探り出す要領がつかめる
    • 3.まだ存在しないマーケットの推測と定量化の勘所がつかめる
    • 4.技術開発テーマが市場とどのようにかかわるかの視点が得られる

    22,000円(税込)

    約3時間

    アカウント発行日から4週間
    ※テキストは申込の翌営業日以内(休日を除く)に発送

    カード決済または銀行振込
    ・カード決済の場合はこちらから
    ・銀行振込の場合はお申込みフォームからお申込みいただいた後、
     請求書を郵送いたします。請求書に記載の支払口座にお振込みください。

      
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る

    タグ

    Views