オンデマンド講座申し込み

【オンデマンド:tdo2020100600】Part1乳化・可溶化の基礎 Part2相図の作成 Part3スキンケア処方開発 Part4皮膚保湿のメカニズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
講師:ニッコールグループ 株式会社コスモステクニカルセンター 鈴木敏幸 氏
花王㈱パーソナルヘルスケア研究所所長、エスエス製薬㈱ 取締役を経て現職。東京理科大学 客員教授。【主な受賞歴】国際化粧品技術者会(IFSCC パリ大会)最優秀論文賞 『液晶乳化』(1982 年)米国化粧品技術者会(SCC)最優秀論文賞 『Liquid Crystal Make-up Remover』 (1993 年)日本化学会化学技術賞 『合成セラミドを主成分とする生体脂質類似皮膚化粧料の開発』(1993 年)国際化粧品技術者会(IFSCC 横浜大会)優秀論文賞 『細胞間脂質のマルチラメラエマルション』(1993 年) など【著書】『ゲルテクノロジー』(サイエンスフォーラム社 ,1997 年)『界面活性剤の機能創製・素材開発・応用技術』(技術教育出版社, 2005 年)など。(いずれも共著)【専門】コロイド界面化学

※この映像はこの講座はオンデマンド配信限定です。


講習会について

このオンデマンド講座はPart1~Part4まで4つの動画に分かれています。
Part1~Part4 を一括でお申込みいただくことも、必要な部分だけお申込みいただくことも
できます。
各動画の内容はプログラムをご覧ください。

反転学習対応講座

Part1:tdo2020100601
Part2:tdo2020100604
Part3:tdo2020100603
Part4:tdo2022021001
全部受講:tdo2020100600

    
  • Part1.乳化・可溶化<基礎編>
    • ① エマルション、マイクロエマルション、ナノエマルションとは?
    • ② マクロ~ナノエマルションの観察と定量測定の実際
    • ③ エマルションの一般的な調製法と各種乳化装置
    • ④ 乳化安定化の定番技術(乳化安定化理論)
    • ⑤ 実用系でのエマルション状態と各種トラブル解決法(実用系での落とし穴)
    ゴール:乳化・可溶化について説明できるようになる
    ■講義概要
     乳化と可溶化の基本を平易に解説するとともに、実用系を念頭に置いた「状態の観察、評価法」「界面活性剤の選択と用い方」「実用系でのトラブル例とその解決手法」に関して実例を用いて解説をおこなう。
  • Part2. 相図の読み方作り方と乳化解析への用い方
    • ① 相図の基本を理解しよう:ルールが唯一つある
    • ② 成分系の相図:相図が読めると界面活性剤の能力と利用法もわかる
    • ③ 成分系の相図:乳化、可溶化の解析に必須
    • ・三角座標の読み方、作り方の実際と使い分け
    • ・相図による可溶化能とマイクロエマルションの理解
    ゴール:相図を作成できるようになる
    ■講義概要
     乳化・可溶化の設定に欠かせない相図の読み方作り方を理解していただき、相図を用いた乳化、可溶化の理解と実用系での機能賦与法も併せて教示する。
  • Part3. スキンケア処方開発のポイントと市場・技術動向
    • ① 化粧品を取り巻く生活社会環境の変化とスキンケアコンセプト
    • ② スキンケア化粧品の素材・技術動向
    • ③ 社会環境・市場トレンドに応じた処方設計と特性賦与の方法
      高機能クレンジング
      高保湿クリーム(αゲル)
      高持続エマルション
    ゴール:トレンドに応じた処方設計を説明できるようになる
    ■講義概要
     生活社会環境と市場動向の推移に対応したスキンケアの処方設計と製剤技術についてわかりやすく解説する。
  • Part4. 皮膚保湿のメカニズムとスキンケア処方
    • ①.みずみずしい肌を保つしくみ(皮膚の保湿と分子集合体)
       1-1 皮膚保湿の3要素(皮表脂質、NMF、細胞間脂質)
       1-2 角層細胞間脂質の起源、組成、代謝、構造
       1-3 細胞間脂質除去による荒れ肌の誘発
    • ②. 生体脂質に学ぶ素材開発例(生体類似脂質の開発と機能発現)
       2-1 セラミドのタイプと分子構造上の特徴
       2-2 疑似セラミドの開発と機能発現のための工夫
       2-3 両親媒性脂質間の相互作用とラメラ構造の維持
    • ③. 細胞間脂質の機能を生かした製剤開発
       3-1 ラメラ構造を持つ脂質エマルション調製
       3-2 脂質エマルションのスキンケア効果とその検証
       3-3 脂質エマルションからのナノエマルションジェル生成
       3-4 αゲルの安定化とαゲル製剤
    ゴール:保湿剤開発のヒントを得る
    ■講義概要
     健康でみずみずしい肌を維持するための皮膚保湿機能は、「皮表脂質(皮脂膜)」、「天然保湿因子(NMF)」、「角層細胞間脂質」の働きにより保たれています。中でも細胞間脂質に関する研究は、近年、その機能が注目されています。  角層細胞間脂質の働きに注目したスキンケアに関して、「生体類似脂の開発」、「脂質間相互作用によるラメラ構造の維持」、「ラメラ構造をもつ脂質エマルションの調製と皮膚保湿機能の検証」、「ナノエマルションジェルの生成」「αゲルの安定化とαゲル製剤の調製」について解説します。

    ・Part1、Part2、Part3、Part4を一括でお申込みの場合:44,000円(税込/テキスト付)
    ・1講座:13,200円(税込/テキストはデータのダウンロード)
    ※テキスト不要の場合は、その旨をお申込みページの「お問い合わせ」欄にご入力ください。

    各1.5時間

    アカウント発行日から4週間
    セットの場合は3カ月間
    ※テキストは申込の翌営業日以内(休日を除く)に発送

    銀行振込
    お申込みフォームからお申込みいただいた後、
     請求書を郵送いたします。請求書に記載の支払口座にお振込みください。
    カードでのお支払いをご希望の方は申込時にその旨をご記入ください。

      
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る