オンデマンド講座申し込み

【オンデマンド】NCプログラム入門(マシニングセンタ編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
講師:TSF自動化研究所 代表(東海大学 工学部 元教授(現非常勤教員))
   村山 省己先生
(株)日立製作所 工機部長、日立オートモティブシステムズ(株) 投資計画部長を歴任。NC工作機械・自動車部品生産設備の設計開発に従事し、国内・海外向け自動化ライン等、投資の最適化について幅広い生産技術の知見を有する。また、国家技能検定試験「機械・プラント製図」の検定委員に長年携わり、首席検定委員も務める。2016年より東海大学工学部教授となり、2019年に独立。現在は企業の工場の自動化や、東京都中小企業振興公社にてロボット導入などの相談員、診断員としても活躍している。著書に国内・海外生産の品質安定化を実現する グローバル自動化ラインの基礎知識 加工・組立ライン編(2018年 日刊工業新聞社)などがある。

講習会について

NCプログラムの編集ができるようになります

tdo2020090201

  • Ⅰ.加工条件の基礎知識
    • 1. 加工機のセットアップ・・・NCがわかれば大幅にコストダウンが可能!?
    • 2. 治具およびツーリング・・・治具の構造と加工ツールの最新技術を知ろう!
    • 3. 加工条件の計算・・・加工条件と加工抵抗とは関係あり!知っておくと損はない!
  • Ⅱ. マシニングセンタのプログラム
    • 1. NCプログラムの基礎・・・プログラムの構成・フォーマット・M機能・G機能・インクリメンタル・アブソリュート・直線補間・円弧補間・自動原点復帰方法を学ぶ
    • 2. 工具補正と固定サイクル・・・工具径補正・工具長補正・アップカット・ダウンカット・ 穴明けサイクル・ボーリングサイクル・タッピングサイクル・切粉を切る方法を学ぶ
    • 3. NCプログラム作成事例・・・穴加工プログラムの編集とメイン・サブプログラムを学ぶ
  • Ⅲ. NCプログラムの作成実習
    • 1. Z軸座標・ミーリングの粗と仕上げ・工具径補正・仕上げ代0.2mm残して加工する方法を学ぶ
    • 図面から加工条件・座標の計算・ツールパスを決めNCプログラムを考える(実習)

    ロボットを活用して工場の自動化を進めてくためには、品質の良い製品を安定して継続した生産ができる自動化システムが必要不可欠となります。加工工程においてはマシニングセンタやNC旋盤といったNC工作機械では工具寿命や切粉対策が課題であり、加工条件の設定やNCプログラムの良否が極めて重要となります。  本講座では、マシニングセンタのNCプログラムの言語を主体に学習し、既存のNCプログラムの編集及び新規に作成する技術やノウハウを学びます。また、NCプログラムを作成する上で必要な切削工具の選定から加工条件の計算方法やNCプログラムを簡単に、短文で作成する方法についても学びます。  NC加工に必要な加工方法から実践的なNCプログラムの作成技術を学ぶことで、生産性の向上を実践していくために必要なスキルを習得できる講座です。  NC工作機械に携わっている担当者、加工設備やラインの設計製作担当者、生産技術者、試作担当者、NC工作機械のサービス・営業・購買担当者の方々まで幅広く、多くの方々の参加をお勧めします。

    • 1.NC機械や切削工具を学び加工条件の算出方法を習得できる
    • 2.NCプロブラムの言語を学びNCプログラムの構成を習得できる
    • 3.NC加工プログラムの編集や作成方法を実習により習得できる

    22,000円(税込)

    約3時間

    アカウント発行日から4週間
    ※テキストは申込の翌営業日以内(休日を除く)に発送

    カード決済または請求書送付後の振込
    カードでのお支払いをご希望の方は申込時にその旨をご記入ください。
    お申込みフォームから(支払い期限:請求書発行日の翌月末まで)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る