オンデマンド配信申し込み

【オンデマンド】初めて学ぶゴムの摩擦メカニズムと制御技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
講師:名古屋工業大学 工学研究科 准教授 前川 覚先生
2012年3月 横浜国立大学大学院環境情報学府博士後期課程修了。鳥取大学大学院工学研究科 助教などを経て、2018年4月より現職。専門はトライボロジーで、特に「タイヤ用ゴム材料の摩擦特性評価」や「ゴム摺動面の接触面観察と摩擦振動評価」に関する研究に取組む。トライボロジー学会、精密工学会などに所属。

※この映像は2020年7月10日(火)ライブ配信を行いました。
講習会について

tdo2020071001

  • I.トライボロジーの基礎知識
  • ~トライボロジーを理解するために最低限必要な基礎知識を最短距離で解説します~
    • 1. トライボロジーの定義
    • 2. 表面の形状と接触
    • 3. 見かけの接触面積と真実接触面積
    • 4. アモントン・クーロンの摩擦の法則
    • 5. 摩擦の形態(境界潤滑,混合潤滑,流体潤滑)
    • 6. トライボロジーの役割と課題
  • Ⅱ. ゴム材料のトライボロジーの基礎知識
  • ~摩擦摩耗の制御のためには,そのメカニズムを知る必要があります~
    • 1. ゴムの摩擦の分類
    • 2. 凝着摩擦
    • 3. ヒステリシス摩擦
    • 4. 転がり摩擦
  • Ⅲ. 高摩擦化技術・低摩擦化技術
  • ~ゴムの摩擦を制御するための応用技術を紹介します~
    • 1. 乾燥摩擦を制御する
    • 2. 流体潤滑を制御する
    • 3. 摩擦振動・摩擦音を制御する
    • 4. 摩耗を制御する
  • Ⅳ.近年の研究事例
  • ~CAE技術を活用したゴムのトライボロジー設計について紹介します~
    • ・ゴム材料の力学の基礎知識
    • ・ゴム材料のトライボロジーの基礎知識
    • ・ゴム材料の低摩擦化・高摩擦化技術

    31,000円(税込)

    約3時間

    テキスト到着から10日後まで※テキストは申込の翌営業日以内(休日を除く)に発送

    カード決済または請求書送付後の振込
    カード決済の場合はこちらから購入
    請求書送付後の振込はお申込みフォームから(支払い期限:翌月末まで)

      
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る