オンデマンド配信申し込み

【オンデマンド】2020年6月16日撮影 射出成形金型のメンテナンス/オーバーホール/保管の 実務ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
講師:大塚技術士事務所 所長 大塚 正彦氏
1980年 明治大学大学院工学研究科博士前期課程修了。NEC、山一電機などで約33年にわたりプラスチック製品の開発全般に関わる業務に従事(成形品設計、プラスチック材料実用化評価、製品設計、金型設計・製作、成形技術の先行開発など)。2012年 大塚技術士事務所設立。国内・海外企業の技術指導のかたわら書籍の執筆やセミナー講師として教育啓蒙活動にも精力的に取組む。著書に『初級設計者のための実例から学ぶプラスチック製品開発入門』など。

※この映像は2020年6月16日(火)ライブ配信を行いました。
講習会について
  • Ⅰ.射出成形金型・成形の基本~
    • 1.金型の構造・メカニズム
    • 2.使用樹脂の種類と特徴、金型材料、射出成形
    • 3.金型合せ確認設備、成形部品生産設備(射出成形機、温度調節機他)
  • Ⅱ.メンテナンス・オーバーホールの違い
    • 1.メンテナンス・オーバーホールで行うこと(動画:部品洗浄)
    • 2.メンテナンス・オーバーホールサイクル設定
    • 3.メンテナンス・オーバーホールと予防保全
  • Ⅲ.金型保管のポイント
    • 1.成形終了後に行うこと
    • 2.金型保管時の留意点
  • Ⅳ.成形品トラブル事例と金型メンテナンス・オーバーホールとの関係
    • 1.ショート、バリ、傷
    • 2.ウエルド
    • 3.ピンゲート凸(含む、ホットランナ-金型)
    • 4.ゲート欠け
    • 5.ヒケ、そり
  • Ⅴ.射出成形金型のメンテナンス・オーバーホールに必要な技術
    • 1.メンテナンス、オーバーホールで必要な備品
    • 2.金型寸法、成形品寸法の保証
    • 3.精度に影響する組立、ミガキ加工スキル(動画:ミガキ)
    • 4.金型メンテナンス・オーバーホール容易化(動画:部品洗浄、冷却管洗浄)
  • Ⅵ.良好な品質を実現するメンテナンス・オーバーホール及び保管、標準化
    • 1.金型の分解・組立バラツキの低減
    • 2.メンテナンス、オーバーホール完了時の品質評価
    • 3.成形品品質と金型保管の関係
    • 4.金型設計へのフィードバック・標準化
  • Ⅶ.まとめ
    • 1.メンテナンス・オーバーホールと成形品品質不良の関係
    • 2.メンテナンス・オーバーホールサイクル設定の考え方とその具体的事例
    • 3.金型保管時の留意点

    22,000円(税込)

    約3時間

    テキスト到着から10日後まで※テキストは申込の翌営業日以内(休日を除く)に発送

    カード決済または請求書送付後の振込
    カード決済の場合はこちらから購入
    請求書送付後の振込はお申込みフォームから(支払い期限:翌月末まで)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る

    タグ

    Views