オンデマンド講座申し込み

【オンデマンド:tdo2020100500】生産ライン構築の基本とロボット導入・自動化の実践方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ライン設計のエキスパートが生産性向上のためのノウハウを解説!

ロボット導入前に! 工場の改善と自動化レイアウト設計の勘所

ロボット導入成功の秘訣! ロボットを活用する効率的な生産ライン設計の考え方

なぜ人気なの?3つのポイント
1. 知識と経験を兼ねそろえた講師による解説
2. 実用的なデータが豊富に記載されたテキスト
3. 具体的な投資効率の考え方が学べる
優れた生産ラインを構築するには、生産設備や生産ラインの自動化が不可欠ですが、決して一足飛びにできるものではありません。まず、工場・設備・作業の改善の考え方、進め方を知り、次に自社の自動化のレベルを把握し、そして投資効率を考えた設備設計を行う必要があります。本講座では設備設計の第一人者である講師が、生産ラインの自動化に必要な道筋を、基礎から丁寧に解説します。
課題を解決しよう!
よくあるニーズ
  • 生産ラインの改善を行いたいが、何から取り掛かれば良いのか悩んでいる。
  • 生産ラインの自動化を行うためのポイントを知りたい。
  • 設備への投資効率について学びたい。
到達目標 GOAL
  • レイアウト、工場改善の知識の習得
  • 設備とコストの適正化の考え方の習得
  • 生産ラインにおけるIoTや自動化の考え方の習得
受講の対象者
  • 生産ラインの生産性向上を考えている生産技術部の方
  • 自動化ラインの構築を考えている設備設計者の方
  • 生産性を考えた製品開発を視野に入れている開発設計者の方
受講者の声
  • 生産性向上と投資額のバランスの考え方が非常に参考になった。
  • 生産ラインのスリム化の重要性を理解できた。
  • 技術流出、社内のノウハウの継承の視点から、設備設計の内作の重要性を感じた。

講師 村山 省己先生の紹介

村山 省己先生
経歴:(株)日立製作所 工機部長、日立オートモティブシステムズ(株) 投資計画部長を歴任し、NC工作機械・自動車部品生産設備の設計開発に従事し、数々の設備設計開発に携わる。国家技能検定試験「機械・プラント製図」の検定委員に長年携わり、首席検定委員を経験。また、国内・海外向け自動化ライン等、投資の最適化について幅広い生産技術の知見を有する。自動車技術協会、日本設計工業会、日本機械学会、精密工学会に所属する他、大手メーカーや商社等の中堅技術者教育のコーディネータ・講師としても活躍している。2016年より東海大学工学部教授、2019年に独立し、現在は企業の工場の自動化を支援している。東京都中小企業振興公社にてロボット導入などの相談員としても活躍している。著書に国内・海外生産の品質安定化を実現する グローバル自動化ラインの基礎知識 加工・組立ライン編(2018年 日刊工業新聞社)などがある。
担当からコメント
常に論理的に講義を展開する一方で、日本の産業の発展に対して並々ならぬ熱意を抱いている情熱的な先生です。知識と経験の豊富な先生の講義は必聴です。  

研修内容

受講料:33,000円(税込・テキスト郵送)⇒ どちらか片方のご受講は各22,000円
受講期間:希望日から2カ月間
 近年、我が国の工場では、ロボットやIOTの活用が遅れており、欧米諸国と比べ生産性向上が低いことが課題となっています。しかしながら、高い生産性を実現するための生産ラインの自動化は一足飛びにできるものではありません。現有の工場、ライン、設備及び生産方式の非効率な部分をカイゼンすることで作業のスリム化を図り、同時に自動化に対応した技術的な課題を事前検証により解決しておくことが自動化を進めるにあたって不可欠です。また、自社工場の設備やラインの自動化を検討する場合には、自動化の考え方や自動化の方法を熟知し、自社製品にあった自動化ラインを検討しライン設計しなければなりません。  本講座ではまず、生産設備、生産ラインの自動化レベルを学習し生産性を上げるための工場、設備、作業などに着目し改善の考え方、進め方について学びます。次に生産設備の自動化に最も重要な工程品質を作り込むための工程計画や設備計画のプロセスを学び、グローバルワンデザインによるグローバルスタンダード化、IoTの活用について実例を交えて学びます。さらにロボットを活用した自動化の手法や考え方、自動化設備の設計ノウハウを習得し、自動化ライン構築のプロセスや自動化可否判断、自動化後の投資効果の検証方法についても学習します。同時に、生産性を革新的に向上させるための自動化ラインの事例から加工、組立、試験工程それぞれの自動化の実施例について学び、自動化を具現化するために何が必要かを学んでいただきます。最後に、工場の生産性を上げるための自動化設備の事前検証や設計開発手法、また、生産ラインの自動化を進めていく上で必要となる自律型設備(自己完結型)の設計のポイントを学びます。工場の生産性向上の対応をされている製造や生産技術者の方々、自動化ラインを検討しておられる設備設計者の方々、生産性の良い製品開発を検討されている開発設計の方々まで幅広く、多くの方の参加をお待ちしております。
<☆プログラム>

【tdo2020100501】Part1 ロボット導入前に! 工場の改善と自動化レイアウト設計の勘所(3時間)

    Ⅰ. 生産方式の基本
  •  1. 2本の柱・・・製造現場のムダの排除ともうかる生産方式について
  •  2. ジャストインタイム・・必要なモノを、必要な時に、必要なだけ造る、運ぶが基本
  •  3. 自働化・・・自動化と自働化の違い、品質を工程で作り込む仕掛け
    Ⅱ. 工場の改善
  •  1. 作業標準と作業改善・・・人と機械の作業改善、可動率向上の着眼点のポイント
  •  2. 段取り改善・・・外段取り化、シングル段取り化、順次段取り化、段取り替えレス化
  •  3. 設備改善・・・JIT生産対応設備、作業の直線化、自動化に向けた着々化の考え方
  • 4. レイアウト改善・・・IO一致の原則とU字配置、一個流し生産、少人化のレイアウト
  • 5. ムダの気づきと職場改善・・・品質・作業・能力・可動率の改善の気づき力向上
    Ⅲ. 生産ラインの自動化レベルの定義
  •  1. 自動化レベルの背景と考え方・・・生産ライン自動化のカテゴリーとレベル分類
  •  2. 加工ラインの自動化レベル・・・加工ラインの事例から見る自動化レベルの定義
  •  3. 組立ラインの自動化レベル・・・組立ラインの事例から見る自動化レベルの定義
    Ⅳ. IoTを活用した革新的生産性向上
  •  1. 生産性向上の取り組み事例・・・超小型複合機の開発と一貫自動化ラインの構築
  •  2. IoTを活用した先進的モノづくり・・・リモートモニタリング、個体管理、傾向管理
  •  3. 工場の生産性向上に向けて・・・革新的生産性向上の設備仕様、生産性評価の尺度

【tdo2020100502】Part2 ロボット導入成功の秘訣! ロボットを活用する効率的な生産ライン設計の考え方(3時間)

    Ⅰ. ロボットの活用状況
  •  1. ロボットの活用の実態・・・生産台数と使用状況について
  •  2. どんなところでロボットを活用するか・・・ロボット導入のポイントについて
  •  3. ロボットを導入する課題と対策・・・協働ロボット・ピッキングロボット・AHC
    Ⅱ. 生産ラインの自動化レベルの定義
  •  1. 自動化レベルの背景と考え方・・・生産ライン自動化のカテゴリーとレベル分類
  •  2. 加工ラインの自動化レベル・・・加工ラインの事例から見る自動化レベルの定義
  •  3. 組立ラインの自動化レベル・・・組立ラインの事例から見る自動化レベルの定義
    Ⅲ. ロボットによる自動化の秘訣
  •  1. ロボットの種類と選定のポイント・・・標準ロボットを走行型にグレードアップ
  •  2. ロボットの役割と自動化のポイント・・・自動化ラインを3Dで俯瞰しムダを排除
  •  3. ロボットの導入台数削減のポイント・・・ロボット動作から適正台数を見極める
    Ⅳ. 自動化設備の設計ノウハウ
  •  1. 自動化に不可欠な自己完結型設備とは・・・品質を作り込み品質を管理する設備設計
  •  2. 不良品を作らない流さない設備づくりとは・・・事例から学ぶこれが品質管理の仕組み
  •  3. 止まらず故障しない設備にするためには・・・稼働率と可動率の違い/可動率の改善方法
    Ⅴ. 自動化ラインの設計事例
  •  1. 加工工程の自動化ノウハウ・・・セットアップエンジニアリングで他社を圧倒
  •  2. 組立工程の自動化ノウハウ・・・モニタリングシステムで遠隔監視
  •  3. IoTを活用した先進的ものづくり・・・リモートモニタリングの標準装備
    Ⅵ. 投資計画と投資効果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る