オンデマンド配信はリアルタイムと何が違うのか?!

必要な時に好きな場所で学びたいユニット(単元)を選び、効率的に学ぶ

テックデザインでは、オンラインセミナー・リアルセミナー(会場受講)とは別に、オンデマンド配信を行っています。
オンラインセミナーのように開催日時が決まっていないので、見たい時に見ることが出来ます。
今回はオンデマンド配信のを3つのポイントをご紹介いたします。

①見ていて疲れない映像アングルと画質

専用ビデオカメラで講師を撮影しているため、リアルセミナーと同じような映像を見ることができます。
また、講師はリアルセミナーと同じように講演しているため違和感のない映像品質になっています。
パソコン備え付けのカメラでないため講師の顔がアップされることなく落ち着いて高画質の映像を見ることができます。
※画質・再生速度の設定は視聴画面右下のをクリックしてしてください。

②自分に必要な箇所を必要な時に効率よく見ることができる

チャプター機能があるため、自分に必要な章のみを視聴できます。早戻しや倍速機能を使えばより時間短縮や重点的に見返すことができます。
※チャプター機能を使用する際は視聴画面右下のをクリックしてしてください。

③TOOCS対応

演習などはリアルタイムよりも確実に行えます。時間に限りがなく、他者を気にせず自分のペースで学習できるので身につくまでガッチリ学習してください。講座によってはフォローアップ動画もついています。また分からない箇所の質問も1回は無料で受け付けています。メールまたはオンラインでの対応です。
TOOCSとは ※視聴期間延長はご相談ください。 (現在はデータサイエンス、特許調査)

シリーズ型講座も作成中

大学のように15回で構成される大きなカリキュラムの一部分を学習できるようなコンテンツを作成しています。 6時間で全体を学ぶのではなく、本来20時間かけて学ぶものの中から必要な2-3時間の内容を選べるようにしています。 例えば『認知科学入門』というテーマの中の『快適性とデザイン』だけを履修できるといったイメージです。 各分野、担当者がカリキュラムを構成中なのででき次第ご案内します。

日本国外に勤める人も時差を気にせず学べる

on demand なので時差を気にせず申し込める!