このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 安藤克己 [専門家詳細] | テックデザイン

安藤 克己

あんどう かつみ

所属/職名/学位 安藤技術士事務所 所長 博士(工学) 技術士(機械部門・金属部門・総合技術監理部門)
専門 材料技術、トライボロジー
職務経験 1977年 東北大学大学院工学研究科機械工学第二専攻修了
1977年 新日本製鐵(株) 入社
 1977年4月~ 釜石製鐵所: 設備部 設備技術室
 製鋼・線材機械設備のエンジニアリング・整備技術
 1983年11月~ 君津製鐵所: 設備部機械技術室,設備部製銑地区設備室
 製銑・製鋼機械設備の整備技術・エンジニアリング,高炉機械設備管理
 製鉄設備への新素材適用技術開発(セラミックス,溶射),安全衛生管理
 1992年2月~ 技術開発本部(富津): プロセス技術研究所 機械技術研究部,機械・無機構造体研
 究開発センター,設備技術開発センター 機械技術部
 材料技術・トライボロジーの研究開発(設備長寿命化技術,表面加工技術,設備腐食・防食技術)
 ※1999年3月 東北大学大学院工学研究科機械工学専攻修了,博士(工学)
2000年3月~ (株)日鐵テクノリサーチ入社 研究開発部,総合材料センター,総合材料事業部
材料技術・トライボロジー関連の試験・分析・評価,技術調査,研究支援,技術コンサルティング,安全衛生管理
※2002年~2004年 技術士(機械部門),技術士(総合技術監理部門),技術士(金属部門) 登録
※2006年 労働安全コンサルタント 登録
2013年4月~ 会社統合により,日鉄住金テクノロジー(株)  材料ソリューション部
2016年3月31日 日鉄住金テクノロジー(株) 退職
2016年5月~ 安藤技術士事務所開設,現在にいたる
専門・経験 <専門>
①材料技術
材料を利用する技術で、鉄鋼材料、非鉄金属、セラミックス、高分子材料、複合材料などすべての材料を対象とします。広義には、表面技術(表面に機能を付加する技術、熱処理、溶射、肉盛、めっき、薄膜コーティングなど)を含みます。
②トライボロジー
相対運動しながら互いに影響を及ぼしあう二つの表面の間におこるすべての現象を対象とする科学と技術です。摩擦、摩耗、潤滑、表面・接触に関する諸問題を取扱います。なお、材料技術とトライボロジーは織物の縦糸と横糸の関係にあります。

<経験>
新日本製鐵(現、新日鐵住金)では材料技術・トライボロジーの研究開発に従事。その後、子会社の日鐵テクノリサーチ(現、日鉄住金テクノロジー)に移り、材料技術・トライボロジーをコアとした試験・分析・調査解析・研究支援など広範な委託業務に従事。日鐵テクノリサーチ、日鐵住金テクノロジーの16年間では約1000件の受託実績がある。
対応可能な業務 これまで培ってきた技術を社会で役立てるため、課題解決・提案型の技術コンサルタントを目指します。具体的には下記の業務となります。ご相談にはいつでも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
※技術士として、秘密保持の義務、公益確保の責務を遵守し、依頼業務は誠実に実行します。

●生産設備の保全、生産性向上、寿命延長、などに関する技術コンサルティング
●機械、材料、安全に関する事故調査
●文献、特許などによる技術調査、研究開発支援
●安全診断、安全指導、リスクアセスメント
●材料技術・トライボロジー、安全に関するセミナー講師、教育
●技術士、労働安全コンサルタント受験指導

講演履歴

受付終了 事例で学ぶ 金属材料の腐食メカニズムと防食対策技術 2021年 9月 3日(金)
対面(リアル) 【Webセミナー】事例で学ぶ摩擦・摩耗に関する技術課題・トラブルの解決手法 2020年 6月 15日(月)
ページTOPへ