このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 ロボットによる生産ラインの自動化で労働生産性を倍増させるノウハウ 【②実践編】 [講習会詳細] | テックデザイン
※お申込前に「注意事項」をご確認ください

本講では、効率的な生産ランを実現させるために必要な、効果的な自動化レイアウト設計の考え方を、各工場で起こりがちな問題や課題に対処した事例などを介しつつ、体系的に解説します。

 

ロボットによる生産ラインの自動化で労働生産性を倍増させるノウハウ 【②実践編】

 

コード tds20240606z2
ジャンル 機械
形式 オンラインセミナー(Live配信)
日程/時間 2024年 6月 6日(木) 14:00~17:00
配信について 見逃し配信あり(視聴期間は7日程度)
当日の受講が難しい場合は見逃し配信をご利用ください。
資料(テキスト) 印刷・製本したものを郵送
ご案内事項 ※同日午前開催の「①導入準備編」もお申込いただくと、2講座で48,400円 ⇒ 36,300円(税込・テキスト付)となります。
受講料
(申込プラン)

通常価格: 24,200円 (消費税込)

 

●講師

TSF自動化研究所 代表(元 東海大学 教授) 東海大学 工学部 機械工学科 元教授 村山 省己先生

(株)日立製作所 工機部長、日立オートモティブシステムズ(株) 投資計画部長を歴任。NC工作機械・自動車部品生産設備の設計開発に従事し、国内・海外向け自動化ライン等、投資の最適化について幅広い生産技術の知見を有する。また、国家技能検定試験「機械・プラント製図」の検定委員に長年携わり、首席検定委員も務める。2016年より東海大学工学部教授となり、2019年に独立。現在は企業の工場の自動化や、東京都中小企業振興公社にてロボット導入などの相談員、診断員としても活躍している。

●詳細

1.ロボットで自動化する前に知っておくべき工場の改善
 1-1 もうかる秘訣は生産方式の2本の柱;製造現場のムダを排除して儲けるためには
 1-2 ジャストインタイムと自働化:必要なモノを、必要な時に、必要なだけ作るには
 1-3 工場のスリム化に向けた主要5つの改善方法:作業改善、ライン改善、段取り改善、設備改善、レイアウト改善とは
   
2.自動化成否を決める実践的な工程設計の作り方
 2-1 工程FMEAによる工程品質管理の決定方法:設計の弱点を把握し対策しておく方法
 2-2 QA表と管理工程図による品質不良流出対策:不良品を作らない、流さない方法
 2-3 コスパの高いレイアウト設計と生産性評価法:生産性を倍増させるための方法   
  
3.儲けを約束するFCFによる投資計画の作り方
 3-1 ロボットによる自動化レベルの6段階評価:自動化で大幅な生産性向上ができる
 3-2 投資計画で儲けるためのシナリオ作成方法:ロボット導入の計画から立ち上げ事例
 3-3 自動化の投資効果を検証する自己管理の手法:成功の秘訣は計画と効果の刈り取り
   
4.自動化を成功させる設備購入仕様書の作り方
 4-1 自動化できるか、できないか事前対策手法:自動化課題の事前解決の事例
 4-2 自動化を成功に導く設備購入仕様書の作成方法:簡単な設備仕様書の取り纏め
 4-3 自動化に不可欠な自工程保障へのIoT活用方法:生産と品質情報のデータ取得方法

<習得知識>
・生産ラインの自動化レベルの定義と具体例
・自動化を進める際に重要な品質の確保と止まらない設備の設計法
・ロボットを活用した自動化ラインの最適レイアウトの設計法
・フレキシブルで生産性の高い自動化ライン構築のノウハウ
<講義概容>
 製造業の労働生産性が低い理由は、低賃金に頼った生産が長く続き、工場のIoT化・自動化が遅々として進んでいないことが原因として挙げられています。「ロボットを導入して労働生産性を上げよ」と命じられても、ロボットは導入してすぐに課題を解決するような”万能選手”ではありません。また、人の作業の代替として作業をそのままにロボットを導入してもうまく稼働するものではありません。
より大きな投資対効果を引き出し、自動化した生産ラインを「成功」させるには、まず自社の自動化レベルを理解し、自社に最適なレベルへの向上を図る必要があります。そして、生産技術をはじめ自動化システムの計画に携わる技術者の経験や知識、エンジニアリング力、管理者のマネージメント力の底上げが重要となります。
 本講座では、生産性の向上に不可欠な競争力のある革新的な生産ラインを構築するために必要なノウハウや知見を提供いたします。自動化レベルの知識、ロボットを活用した自動化ラインの構築方法やDXによるロボットシミュレーションの活用によるロボットの最適化など、労働生産性を”倍増”させるための実践的な取り組みを解説いたします。
自動化ラインの可動率を上げ、生産性を飛躍的に高めるために、「効果的な自動化レイアウト設計」を構築する方法について解説します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ