このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 “技術プレゼンテーション”の基本と資料作成・説明のテクニック [講習会詳細] | テックデザイン
  



<2022年 3月、6月、9月、12月、2023年3月  開催予定>
指導実績1000人以上の講師が上達の秘訣を4時間で解説!

長年の研究・教育経験に裏打ちされた即効性の高い講義です

“技術プレゼンテーション”の基本と
資料作成・説明のテクニック
        
●講師:東京農工大学 名誉教授 博士(工学) 北原義典 先生


/images/noimage.png

<習得知識>
1.論理的な説明手法
2.効果的なスライド構成と作成方法
3.説得力のある表現方法(文章、図表、数字の使い方)
4.わかりやすく説得⼒のある話し方
5.プレゼン時の視線、顔の動かし方、ジェスチャのコツ



<こんな方
にお勧めです
・技術プレゼンの基本的なやり方を学びたい方
・プレゼンの苦手意識を克服したい・自信をつけたい方
・人前で話すのが苦手な方/説明するのが苦手な方
プレゼンの講義(教育)を受けたことがない方


<講義概要>

 プレゼンの基本を身につけたい」、「開発テーマや技術をわかりやすく伝えるコツを知りたい」、「人前で話すのが苦手なので、克服したい」など、プレゼン対して苦手意識を持っている方は少なくないと思います。しかし、基本的なところを押さえていただければプレゼンスキルは確実に上達します。講師は、長年にわたり企業の研究開発に携わり、大学でも研究開発マネジメントの講義を担当するなど豊富な経験を有しています。特にプレゼンスキルについては、企業及び大学で1000名以上を指導してきており、これら体験に基づいた技術プレゼンの基本とテクニックを紹介します。具体的には、プレゼンスライドの作り方から始まり、説得力のある話し方、表現力のつけ方、視線の配り方、あがらない方法、時間内に終わる方法などについて解説します。また、説明・表現力、話し方・ジェスチャのレベルアップに効果的な一人でもできるトレーニング方法もいくつか紹介します。



 
 <講義プログラム>
 1.プレゼンテーションの基本とポイント
  ● 技術プレゼンテーションとは
  ● プレゼンの顧客価値
  ● 伝わるプレゼンの構造 
  ● 相手に合わせた説明を
  ● ピークの設定法 
  ● 聞き手を巻き込む
  ● 技術を形で見せる

 2.このようにスライドを作れば伝わる
  ● スライドの基本構成
  ● スライド枚数はこう決める
  ● 基本書式を決める
  ● プレゼン資料の3原則
  ● 色の使い方
  ● タイトルのつけ方
  ● 適切なフォントとサイズ
  ● ゲシュタルトにより視認性を上げる
  ● 関係図を効果的に使う
  ● グラフの選び方
  ● ベンチマークは重要
  ● イラストを効果的に使う
  ● アニメーションを多用しない

 3.このように話せば伝わる
  ● 論理的に話すことの重要性
  ● 相手が頭に絵が描けるように話す
  ● たとえて話す
  ● 書き言葉で話さない
  ● 専門用語はこう使う
  ● 声の大きさと速さ
  ● プロソディで表現力をつける
  ● 上手い人は視線、顔をこう動かす
  ● さりげないジェスチャを
  ● 指示棒、ポインタの使い方

 4.プレゼンの実践に際して
  ● 残念ながら外見が好感をもたらす
  ● 芝居を演じると思って割り切る
  ● あがらない方法
  ● 聴衆の反応をみる
  ● 単調にならない工夫
  ● 手元の時計を見ながら話す
  ● オンラインプレゼン
  ● プレゼンを刷り込む

/images/noimage.png

<講師紹介>
東京農工大学名誉教授 博士(工学) 北原義典 先生

<略歴>
1981年 広島大学大学大学院修士課程修了
1981年 (株)日立製作所入社 中央研究所
1986年 (株)ATR視聴覚機構研究所
1993年 (株)日立製作所 研究開発推進本部 
1994年 (株)日立製作所 中央研究所
1996年 東京大学大学院工学系研究科にて博士号取得
2014年 東京農工大学大学院工学府産業技術専攻教授
2021年 同大学 退官

㈱日立製作所にて、音声合成・音声言語・感性情報処理・ヒューマンインタフェースの研究、研究室マネジメント・テーマ提案マネジメント・特許化推進マネジメントの業務に従事。また、㈱ATR視聴覚機構研究所では、聴覚機構の研究に従事。東京農工大学では、マネジメント研究、消費者行動研究、コミュニケーション研究、技術経営指導、発表・プレゼンテーション指導などに取り組む。2021年3月退官。現在は、兼任で東京工業大、東京都立大学、法政大学、拓殖大学で非常勤講師として教鞭を執る
電子情報通信学会、ヒューマンインタフェース学会に所属。

<著書>
『謎解き・人間行動の不思議』(講談社ブルーバックス、2009)
『なぜ、口べたなあの人が、相手の心を動かすのか?』(講談社プラスアルファ新書、2010)
『イラストで学ぶヒューマンインタフェース』(講談社、2011)
『はじめての技術者倫理』(講談社、2015)
『イラストで学ぶ認知科学』(講談社、2020)

<弊社での担当講座のテーマ>
『技術プレゼン』
『研究開発テーマのアイデア発想』
『部下マネジメント・リーダシップ』
『コミュニケーション』
『認知科学』
『ユーザインターフェース』 など
多数



  <開催概要>
【形 式】

オンライン(Zoomより配信します)※

【受講料】

33,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

PDFデータのダウンロード

【備 考】

アーカイブ配信:なし

  ※本セミナーは「Zoom」を利用します。
   お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
    Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです)

  <スケジュール>
 ① 2022年 3月16日(水) 13:00~17:00  
 ② 2022年 6月22日(水) 13:00~17:00  
 ③ 2022年 9月21日(水) 13:00~17:00
 ④ 2022年12月21日(水) 13:00~17:00
 ⑤ 2023年 3月15日(水) 13:00~17:00



  


  • facebook

  • 食添素材ナビ


                 
ページTOPへ