このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 化粧品防腐の基礎知識と防腐処方設計・評価の実務ポイント [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

<毎回好評>化粧品の微生物制御の技術向上を牽引してきた講師が、化粧品防腐の基礎知識から保存効力試験で正確なデータを得るためのノウハウ、製品ごとの処方組みのポイントについて、事例や経験を交えて分かりやすく解説します。

化粧品防腐の基礎知識と防腐処方設計・評価の実務ポイント

 

【日 程】

2022年8月3日(水) 13:00~17:00

【会 場】

オンライン受講(Zoom配信)
      または
都内中心部で会場受講(会場未定

【受講料】

33,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

印刷・製本したものを配布

【備 考①】

アーカイブ配信:あり

【備 考②】

申込時に受講形式をご選択ください(後日変更可)


<会場(対面受講)の注意事項> 
・ 会場では常時換気、参加者全員マスク着用、収容人数1/3以下にとどめる等、三密防止を徹底します。
開催2週間前頃に会場を決定し、ご案内します。
・ 都合により急遽オンライン受講のみに変更させていただく場合があります。

<オンライン受講の注意点>

・ 配信はZoomを利用します。
・ 質問は音声やチャットをご利用ください。
・ テキストは郵送となります。ご自宅などへの送付を希望される場合は別途ご連絡ください。

講師: 大河微生物研究所 大河 正樹

経歴: 1979年 大阪大学工学部醗酵工学科卒業。同年4月に日清製粉㈱入社。食品保存・食品微生物学の研究、品質管理を担当する。1995年に㈱資生堂へ入社し、約4,000品の化粧品の防腐処方設計を担当するとともに微生物保証グループリーダーとして、防腐処方設計者、微生物管理技術者の指導育成を行う。2007年には、日本化粧品工業連合会微生物専門部会長に就任、化粧品業界の微生物技術向上のため、日本代表としてISO等の国際学会に参画するとともに、微生物限度基準の改定、微生物限度試験法の改定、教育セミナー等を推進。2018年に大河微生物研究所を設立し、メーカーの指導や講演活動に従事。防菌防黴学会所属。

Ⅰ.微生物の基礎
 化粧品の微生物制御に必要となる細菌、酵母、カビについて

Ⅱ.化粧品の微生物制御の重要性
 1.何故、化粧品には微生物制御が必要なのか?
 2.一次汚染(製造時の汚染)制御と二次汚染(使用時の汚染)制御の違い

Ⅲ.防腐処方設計
 1.防腐基準の比較・・・ISO11930、日局、USP(米国)、EP(EU諸国)
 2.防腐処方設計の必要性及び基本的考え方
 3.防腐力を有する成分・・・防腐剤、防腐剤代替成分、防腐助剤
 4.防腐成分の特徴・・・防腐力の強さ、効果的な使用方法等
 5.防腐力に影響を及ぼす要素・・・水分活性、原料、容器等
 6.防腐設計各論
   水系(化粧水等)、乳化系(乳液・クリーム・リキッドFD等)、
   被膜剤系(マスカラ、アイライナー等)
   カチオン系(リンス、トリートメント等)、アニオン系(シャンプー、洗浄料等)
   粉末・固形(ファンデーション、アイシャドー等)、油性(口紅、ペンシル等)
   防腐設計不要(脂肪酸石鹸、ヘアカラー、パーマ剤等)
 
Ⅳ.保存効力試験
 1.保存効力試験の原理
  ①どんなカテゴリーの製品に適用されるか?  
  ②試験結果が意味するものは?
 2.各試験法の比較…ISO11930、日米欧の局方
 3.正確なデータを出すためのポイント
    菌液調製、攪拌、保管温度等、注意すべき点は多い

/images/noimage.png

<習得知識>
1.化粧品・医薬部外品の防腐設計の基礎
2.カテゴリー別の防腐処方設計の考え方
3.保存効力試験において正確なデータを取得するために注意すべきポイント

<講師の言葉>
 防腐処方設計は、防腐剤を配合しておけば良いというような単純なものではなく、安全性に十分な注意が必要であり、使用方法、使用地域、容器、製品の安定性や使用性に及ぼす影響等、多くの要因を考えなければなりません。また、保存効力試験(通称チャレンジテスト)は、簡単に言ってしまえば、菌液を試料に混合し、その菌数を追跡する試験法ですが、ちょっとした試験条件の違いが結果に大きく影響し、正確なデータを得ることは簡単ではありません。
 本講座では、この難題を解決するためのポイントを具体的な処方例や試験条件を挙げながら分かりやすく説明していきます。4,000品にのぼる製品の防腐処方を設計した経験とISO/TC217(化粧品) WG1(微生物)に日本代表として20回以上出席し、国際的な基準や試験法の設立に貢献した実績をもとに資料を作り上げました。皆さんの実力向上に役立つことができれば幸いです。



  • facebook

  • 食添素材ナビ


                 
ページTOPへ