このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 “嗅覚情報+生体ガス”のセンサ・イメージング技術の最新動向と社会実装(ヘルスケア・コスメ・環境・食品etc.)への課題と対策 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

ニオイや皮膚・呼気から出る生体ガスを可視化するセンサを開発した講師が、計測やイメージングの方法、さらに、ヘルスケア・医療・化粧品・食品・ウエアラブル機器などへの応用の可能性や研究最前線をわかりやすく解説します。


“嗅覚情報+生体ガス”のセンサ・イメージング技術の最新動向と
社会実装(ヘルスケア・コスメ・環境・食品etc.)への課題と対策

【日 程】

2022年7月13日(水) 13:00~17:00

【会 場】

Zoom配信(Webセミナー)

【受講料】

33,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

印刷・製本したものを郵送

 

テキストを郵送するため、4営業日(休み:土日祝日)前の正午までにお申し込みください。それ以降にお申込みの場合、テキストが間に合わない可能性がございますのでご了承ください。
※ご自宅への郵送をご希望の場合は、別途ご連絡ください

【備 考】

アーカイブ配信:なし



                               本セミナーは「Zoom」を利用します。
                               お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                      ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/#zoom


                      お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。

講師:国立大学法人東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授 / 
   医療工学領域 領域長 三林 浩二先生

経歴:
昭和60年3月 豊橋技術科学大学大学院 工学研究科 修士課程修了
平成 6年9月 東京大学大学院 工学系研究科博士課程 先端学際工学専攻修了 博士(工学)
平成10年4月 東海大学 工学部電気工学科 助教授
平成15年9月 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授 現在に至る
専門:センサ医工学、生体情報計測、環境&安全計測、生体応用工学等

1.嗅覚情報(ニオイ)と生体ガス(疾病・代謝)のための高感度なガスセンサ
 1-1 体臭成分のための高選択性ガスセンシング
 1-2 魚臭成分を測定するトリメチルアミン用ガスセンサと疾病応用
 1-3 口臭成分(メチルメルカプタン)用ガスセンサ

2.光とバイオを組合わせた高感度なガスセンサ(バイオスニファ)
 2-1 飲酒後の呼気中エタノールとアセトアルデヒドの高感度センシング
 2-2 嗅覚以上の高感度(サブppbレベル)での住環境汚染物質の計測
 2-3 糖尿病のためのアセトン用ガスセンサと医療&ヘルスケア応用
 2-4 高感度な皮膚ガス計測によるコスメ(化粧品)応用

3.嗅覚情報(ニオイ)の連続イメージング(動画像化)カメラ
 3-1 高感度CCDとバイオ技術を用いたニオイカメラの開発
 3-2 呼気ガス成分の連続イメージング
 3-3 バイオ蛍光法によるガス連続イメージングの高感度化
 3-4 皮膚ガスの連続イメージングと応用

/images/noimage.png

<受講対象>
 ● 新たなニオイセンサや、医療やコスメでのニオイ計測に関心のある方
 ● 皮膚や呼気から放出されるガスの製品開発やウエアラブル機器に応用したいとお考えの方
 ● 嗅覚以上のガス成分センシングやイメージングの可能性に関心のある方
 ● 医療、ヘルスケア、コスメ(化粧品)、食品、環境、衛生でのニオイに関わる方
                                     ・・・など

<習得知識>
 ● 嗅覚情報であるニオイ分子と生体ガス(呼気・生体ガス)物質の基礎的知識
 ● ニオイ成分のバイオ光学による高感度・選択的な計測法
 ● ガス計測の医療やヘルスケア、コスメ(化粧品)、環境、食品、などの分野への応用
 ● 新たなウエアラブル機器へのニオイセンサの応用

<講義概要>
  嗅覚情報であるニオイは医療や食品、コスメ、環境などの領域において高い注目を集めています。例えば、呼気や皮膚ガスには、疾病や代謝に基づく超微少量のニオイ物質が含まれており、これらニオイ成分(VOCs)を高感度・高選択に計測することで、病気の診断やヘルスケアが可能となります。これまでに演者は、多様なニオイ成分を検出するため、バイオを用いた新規な「ガスセンサ(バイオスニファ)」を開発しました。このセンサは人の嗅覚以上の感度と選択性を以って、連続的にニオイ計測を行うことが可能で、呼気センシングで問題となる湿度の影響も受けません。更に、高感度カメラ技術を組合わせることで、ニオイ情報を連続的にイメージングすることも可能で、皮膚からのニオイ成分を画像化することも容易です。本講演では、嗅覚情報であるニオイ成分を高感度に計測・イメージングを行うデバイスやカメラシステムを紹介すると共に、生体応用の成果を含めて、医療&コスメ(化粧品)、環境、食品への可能性について解説します。


                                      >
ご受講の流れ
   お支払方法



  • facebook

  • 食添素材ナビ


                 
ページTOPへ