このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 R&D部門におけるリーダーシップとチームマネジメント [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

研究開発部門のリーダーに求められる基本要件と自己診断による改善・改革ポイント抽出から、メンバーのモチベーションを高めチーム成果を最大化するチームマネジメント・テーママネジメンの考え方・進め方までを、演習を盛り込みつつ、基礎から実践までわかりやすく解説します。


R&D部門におけるリーダーシップとチームマネジメント
~チームの成果と組織活力を同時に向上するためのリーダーの要件【演習あり】~

【日 程】

2022年7月8日(金) 13:00~17:00

【会 場】

Zoom配信(Webセミナー)

【受講料】

33,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

PDFデータのダウンロード

【備 考】

アーカイブ配信:あり

 

※見逃・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます
※当日ご都合が合わなくても、録画のみのご受講も可能です



                               本セミナーは「Zoom」を利用します。
                               お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                      ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/#zoom


                      お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。

講師:株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC) シニア・コンサルタント
   木村 壽男

経歴: 1983年 京都大学農学部食品工学科卒業。「技術を核とした経営革新」をメインテーマとし、企業ビジョン・戦略の策定とその実現に向けた研究開発革新、新製品開発力強化、事業戦略・技術戦略策定の分野でのコンサルティング・研修・講演を行っている。2004年から2013年まで、京都大学 産官学連携本部 産官学連携フェロー。2010年から2015年まで、青山学院大学大学院理工学研究科・非常勤講師(研究開発特論)。著書に『研究開発を変える』(同友館、2020年1月)などがある。

1.リーダーシップの基礎
 ・リーダーシップとは
 ・リーダーシップ論の歴史
 ・知識集約型組織に求められるリーダーシップとは
 ・リーダーシップ論まとめ

2.研究開発(R&D)部門のリーダーに求められる基本要件
 ・R&D部門への期待の高まり
 ・R&Dマネジメントの特性
 ・R&Dリーダーに求められるリーダーシップ
 ・R&Dリーダーシップのポイント
  (一般的なリーダーシップとR&Ⅾリーダーシップの共通部分と違い)

3.リーダーシップ自己診断 【演習】
 ・リーダーシップを発揮していくための対策立案
 ・メンバーの状態に応じた関わり方の検討(「条件適合理論」の思想を踏まえて)

4.「チーム診断」の考え方と進め方 ― R&D生産性とR&D活力【演習】
 ・R&D生産性分析 ― 直接経営貢献と間接経営貢献 
 ・R&D活力診断 ― 7つの「R&D活力」
  (研究開発戦略/テーマ創造力/事業化プロセス力/オープンイノベーション/技術力/
   R&D人材力/革新的組織風土)
 ・生産性と活力のマトリックス分析

5.チームの未来ビジョン構想と実現シナリオの作成 【演習】
 ・ビジョンとは
 ・チームビジョンの考え方と策定アプローチ
 ・チームビジョン実現シナリオの作成

6.「テーママネジメント」₋1 R&Dテーマ評価の考え方と進め方
 ・R&Dテーマ評価が適正に実践されない背景・理由
  ―NPV法の限界 他
 ・FVE(Future Value Evaluation:未来価値評価)法の概説
 ・FVE法の詳説
  ― 「戦略的価値」、「期待・経済価値」、「実現可能性」

7.「テーママネジメント」₋2 実行計画の作成と進捗管理
 ・「成果志向」の重要性
 ・“源流型”実行計画マネジメント
 ・テーマのゴールとマイルストーンの設定
 ・先行課題の抽出と課題解決計画の作成
 ・「大日程計画」の立案
 ・中日程計画による日々のテーマ進捗管理と大日程計画への反映
 ・完了評価の実施

8.本日の講習会の個人別まとめ

/images/noimage.png

<習得知識>
 1.研究開発部門を取り巻く環境変化とリーダーに求められる基本要件
 2.リーダーシップの基礎知識習得と自己診断による改善・改革ポイント抽出
 3.開発グループや研究室などの「チーム」の診断の考え方と手法 ― 生産性と組織活力
 4.チームの未来ビジョン構想と実現シナリオ作成の考え方と進め方
 5.日常マネジメントの中核となる「テーママネジメント」の考え方と進め方

<受講対象>
 ・研究開発部門のリーダーとして、自らのリーダーシップ力やチームマネジメント力を
  高めたい方
 ・経営者として、研究究開発部門のリーダークラスのリーダーシップ力を高めるための
  取り組み方法を学びたい方 

<講義概要>
 研究開発(R&D)部門は、企業の成長エンジンとして、より大きな成果(新製品・新事業や新技術の成果)を創出していくことが期待されています。そのためには、成果の根幹をなす重要テーマやプロジェクトをスピーディーかつ確実に推進していくリーダーのリーダーシップとマネジメント能力の開発が重要となってきます。知識創造型組織の代表であるR&D部門において、リーダーは、組織のビジョンを構成メンバーと共創・共有する一方で、専門家志向の強い個々のメンバーの意思や能力といった「活力」を最大限に発揮させるチームマネジメントを実践していくことが求められます。特に、「テーママネジメント」はチームマネジメントの中で、チーム成果及び個々のメンバーのモチベーションに直結する極めて重要な要素です。本講座では、リーダーシップとチームマネジメントの2要素について、演習を交えて体系的に学んでいただきます。


                           >
ご受講の流れ
   お支払方法   アーカイブ配信



  • facebook

  • 食添素材ナビ


                 
ページTOPへ