このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 確実に成果を生む実験結果の活用と実験ノート(記録)の取り方 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

実験そのものの考え方・計画の立て方、実験実務の進め方、データ解析、実験記録の取り方など、研究効率を高める知識を説明した上で、組織として実験技術(ノウハウ)を蓄積・教育・伝承していくポイントも解説します。

確実に成果を生む実験結果の活用と実験ノート(記録)の取り方

 

【日 程】

2022年9月6日(火) 10:30~16:30

【会 場】

Webセミナー(Zoom配信)

【受講料】

33,000円(税込・テキスト付)
※本講座は早期申込割引の対象外です

テキスト

印刷・製本したものを郵送

【備 考】

アーカイブ配信:なし


【申込とテキスト郵送について】
テキストを郵送するため、4営業日(休み:土日祝日)前の正午までにお申し込みください。それ以降にお申込みの場合、テキストが間に合わない可能性がございますのでご了承ください。

※ご自宅に送付をご希望される場合は事前にご連絡ください。

【お申込に際してのご案内】
◎技術コンサルタントの方や、講師業の方は受講をご遠慮ください。

企業/大学等への所属有無を問わず実質的に社外に技術指導・講演をされている方のご受講をお断りしております。
※上記につきまして、申込後にご確認させていただく場合がございます。

講師: ジャパン・リサーチ・ラボ 代表 博士(工学) 奥村 治樹

経歴: 大手化学メーカー、電器メーカー、化学系ベンチャーでの研究開発とマネジメントに従事。現在はベンチャーから上場企業まで様々な業種の顧問や技術コンサルタントとして、研究開発、製造における課題解決から、戦略策定、人事研修などの人材育成などを行う(講師HP:http://analysis.ikaduchi.com)。また、学会等での招待講演や国プロにおけるキャリア形成プログラムの講師なども行っている。大阪産業大学 情報システム学科 非常勤講師、大阪市産業創造館 技術・経営相談員、市立教育研究所 運営委員、滋賀県 社会教育委員を兼務。知財管理技能士。

1.【イントロダクション】
 1)実験と開発
 2)開発とは何か
 3)結果を成果へ

2.【実験の基本、心得と実験ノート】
 1)なぜ実験ノートがきちんと書けないか
 2)実験の基本プロセス
 3)実験を始める前のポイント
 4)目的(ゴールの確認)
 5)こんなことはありませんか?
 6)目的と目標
 7)仮説が必要な理由
 8)仮説の検証と実験
 9)仮説→課題設定→計画
 10)情報の条件
 11)情報収集の考え方
 12)2種類の事実
 13)実験を考えるプロセス
 14)実験中の心構え
 15)実験の進め方
 16)ポジティブ思考のパワー
 17)認知バイアスの罠
 18)全ての記録
 19)実験終了後の心構え
 20)終了後の重要ポイント
 21)データと解析の記録
 22)実験が上手くいかない時の対応
 23)良くある失敗パターン
 24)実験の絶対的タブー

3.【実験ノートの書き方】
 1)実験ノートとは
 2)実験ノートの目的・役割
 3)実験ノート・記録の使い方
 4)証拠となるためには
 5)進捗管理
 6)情報源・情報共有のためには
 7)思考の生理
 8)実験ノートに求められること
 9)何を書くか
 10)実験ノートに書くこと(項目)
 11)実験前に書くこと
 12)3種類の日付
 13)サンプル、試薬、標準
 14)実験手順の書き方
 15)実験中に書くこと
 16)実験後に書くこと
 17)データ処理プロセス
 18)書くことに迷ったら
 19)書き方のルール
 20)実験ノート=実験の作業記録?
 21)定性的情報、状態情報の記録
 22)表現:3態変化
 23)イメージ
 24)リアルタイム
 25)データ・情報の整理、保存
 26)名前の付け方
 27)電子データの保管
 28)修正・加筆・削除
 29)付箋の使用
 30)機器出力シート
 31)写真の活用
 32)参考資料
 33)太り続ける実験ノート
 34)電子データの取り扱い
 35)書籍のような実験ノート?
 36)ちょっとしたコツ
 37)表紙とインデックス
 38)最初の2ページ
 39)実験テーブルの作成
 40)絵コンテノート
 41)ノートの例
 42)フォーマットを作る時の注意
 43)ページの使い方(改ページ)
 44)ページの割り付け
 45)ノートの選択
 46)ノートのサイズ
 47)チェック
 48)実験ノートの保管と管理
 49)記録、証拠としての保全
 50)実験ノート以外の記録
 51)データの保存(参考資料)

4.【実験ノートの例】

5.【コミュニケーションと情報発信】
 1)結果は伝わってこそ成果になる
 2)コミュニケーションとは
 3)技術者の報連相
 4)伝聞と報告
 5)Evidence & Story
 6)ミーティング
 7)ノートを元に
 8)ノートで区別

6.【今後の流れ】
 1)電子化
 2)実験ノート&電子データ
 3)電子実験ノートの分類
 4)実験ノート電子化の失敗例
 5)本質的懸念点
 6)オフィス系ソフトの功罪

7.【まとめ:研究者の心得】

/images/noimage.png

<習得知識>
・実験の考え方
・実験計画の立て方
・実験ノートの書き方
・記録の使い方
・情報整理

<講義概要>
 研究開発においては、適切な実験方法を考えることはもちろん、適切なデータ解析や現代では知財化、権利化が必須であり、そのためには記録が重要となることは言うまでもないことかと思います。それに加えて、チームや社内における情報共有、開発本人の思考のためにも、記録は必要不可欠です。近年は様々な機器類の発達で実験データを得ることが容易になってきている反面、無計画に実験を行ってデータを積み重ね、日々増えていくデータに溺れてしまっている状況が生まれています。目的に合わせて実験を計画してデータを取得して解析し、それらを記録、まとめるといった様々なことを正しく行なわなければなりません。
しかし、残念ながら大部分の企業、開発現場ではこういった実験の考え方や、実験結果の解析、記録の残し方、実験のノートの書き方などの実験実務に関する教育はほとんど行われていないのが現状です。そのため、各自が我流の方法に頼っており、人員間、部署間でのレベルのバラつき、共有性の欠如といった問題、そして、最悪の場合権利化におけるevidenceと成りえないような状況まで生まれています。
 本セミナーでは、このような状況を打開して、確実に結果を成果へと昇華させる、より効率的な開発を実現するために必要となる、実験の考え方、実験データの解析から、記録、まとめ方を、基本から様々なケース、対象について、特に実験ノートに代表される記録に重点を置いて、詳細に解説します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ


                 
ページTOPへ