このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 香りの心理・生理的効能と有効性評価技術 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

食品・化粧品はもちろん、医薬・医療・福祉住宅自動車など、香りの介在するあらゆる分野のR&D技術者へ! 香りの機能性のメカニズムから適切な試験方法、生理的・心理的な有効性の評価方法までを網羅し将来の展望についても解説します。


香りの心理・生理的効能と有効性評価技術

~作用機構 / 目的に応じた実験・評価のコツ / 製品開発への応用・展望~

【日 程】

2022年2月7日(月) 10:00~17:00

【会 場】

Zoom配信(Webセミナー)

【受講料】

33,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

印刷・製本したものを郵送

 

テキストを郵送するため、4営業日(休み:土日祝日)前の正午までにお申し込みください。それ以降にお申込みの場合、テキストが間に合わない可能性がございますのでご了承ください。
※ご自宅への郵送をご希望の場合は、別途ご連絡ください

【備 考】

アーカイブ配信:なし



                               本セミナーは「Zoom」を利用します。
                               お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                      ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/#zoom


                      お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。

講師:筑波大学大学院 人間総合科学学術院 教授 矢田 幸博先生【花王㈱ 主席研究員】

経歴:1984年 花王石鹸株式会社(現:花王株式会社)に入社。皮膚生理機能に関する基礎研究に従事。この間、留学を経て、1992年 学位習得(医学)。1995年に当時のスキンケア研究所に転属。2001年ヒューマンヘルスケア研究所にて睡眠研究、香り研究および温熱生理研究によるヘルス&ビューティーの開発研究に従事(現 主席研究員)。2010年より現職兼務。
研究分野:皮膚有効性研究、温熱生理研究、国内外の生活者実態研究、香気成分の有効性研究、高齢者研究、官能有効性研究、ストレス評価研究など。

Ⅰ.香りの効能
 1.香りとヒトの関わり(概論)
 2.香りの生理心理的な効果
 3.香り利用の可能性と課題

Ⅱ.香りの作用機構
 1.香りの生化学的な解析
 2.香りの生理学的な解析
 3.香りの心理学的な解析
 4.香りの新評価法による解析

Ⅲ.香りの有効性評価法
 1.生理学的な評価法1 (自律神経関連、免疫関連、温熱生理関連・・・)
 2.生理学的な評価法2 (末梢循環関連、大脳生理関連・・・)
 3.心理学的な評価法 (気分、心地良さ、疲労感、ストレス意識・・・)
 4.その他の評価法 (睡眠に関する評価、認知機能評価、抗ストレス評価・・・)

Ⅳ.香りの評価法の課題
 1.香り評価実験を行う際の課題1 (被験者選定、提示方法、揮散濃度、嗜好性の
   有無・・・)
 2.香り評価実験を行う際の課題2 (測定法の選択、官能評価、データ解析・・・)
 3.香り評価実験の組み立て方、実施方法、グローバル評価法
 4.香り評価の実際 (美味しい香りの評価、嗜好品の香りの評価、針葉樹林の香りの評価
   など)

Ⅴ.まとめと香り研究の展開
 1.講習会のまとめ
 2.香り研究の展望
 3.質疑応答

/images/noimage.png

<講義概要>
 近年、香りの効能が注目され、香粧品や食品などの日用品分野ばかりでなく、医薬・医療や福祉、あるいは住宅自動車の分野においても積極的な利用が進められている。しかしながら、一方では、香り利用の課題として、香りに対する嗜好性や生活環境の違いによる効果発現の差異、評価技術の課題などが指摘されている。したがって、さらなる香りの活用のためには、香りを利用する上での課題を明らかにすること、また、その課題解決のための新評価系の開発検討も重要であると思案される。
 本講では、香りの効能に加えて、その作用を統合的に評価する生理的、心理的な技術や手法を多数紹介すると共に、香りの評価試験を実施する際の留意点(目的に応じた実験の計画と実施)にも言及する。本講が香り研究の進展、あるいは香りの機能性を付与した製品開発への一助となれば幸いである。


                               >
ご受講の流れ
   お支払方法



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ