このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 第3回 食品安全勉強会(Food Safety Meeting) [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

 

第3回 食品安全勉強会(Food Safety Meeting)

【出荷判定のための官能評価】

【日 程】

2021年12月10日(金) 15:00〜16:30

【会 場】

Zoom配信(Webセミナー)

【受講料】

2,750円(2,750円(税込))

【備 考】

定員50名(申込順)

講師: 食品安全教育研究所 代表 河岸 宏和

経歴: 帯広畜産大学を卒業。これまで経験した品質管理業務は、養鶏場、食肉処理場、ハム・ソーセージ工場、餃子・シュウマイ工場、コンビニエンスストア向け総菜工場、たまご加工工場、大手スーパーマーケットなど多数。現在は食品安全教育研究所代表として、年間100箇所以上の食品工場の点検、品質教育を行っている。著書に『“食の安全”はどこまで信用できるのか』(株式会社アスキー・メディアワークス)、『ビジュアル図解 食品工場の品質管理』(同文舘出版)などがある。

==勉強会の概要==
【当日のプログラム】
 ①基調講演:『出荷判定のための官能評価』(30分)
 ②Q&Aコーナー/ディスカッション(60分)

【講演内容】
 ★タイトル
 『出荷判定のための官能評価』

 ★プログラム
 ・出荷判定のための規格とは
 ・官能評価について
 ・AI等の活用について

 ★講師のことば
 食品工場から出荷される最終商品は、ある規格の範囲で出荷することが必要です。重量であれば、100g~105gと明確ですが、五感、色、匂い、味、食感等については、規格、検査方法が曖昧になってしまいます。どうすれば、五感についても明確に出荷できる規格として設定でき、判定出来るかを解説します。官能検査を人間だけで行うよりも、AI、人工知能(Artificial Intelligence)等の活用の方が、安定する事について具体的に解説します。


===当日までの流れ===
・定員(視聴上限数)がありますのでお早めにお申し込みください。
・開催前日までに視聴方法(視聴ページ)の詳細をメールでご案内します。
・配信されるメールに記載されているURLからZoomサイトに移動してください(入室は14:50頃からできます)。

===注意事項===
・勉強会はオンライン会議システムの【Zoom】を使用して開催します。
・事前に下記のサイトにて、事前にZoomの接続・利用についてご確認ください。
 https://zoom.us/test
※Zoomアプリをインストールせずに、WEBブラウザでの視聴も可能です(機能制限あり)。

===開催概要===
日   時:2021年12月10日(金) 15:00-16:30
場   所:オンライン(Zoom)
参 加 費:2,750円 (税込)

/images/noimage.png
 


  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ