このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【リアルセミナー+配信】絶対に知っておくべき研究開発部門が担うマーケティングの機能と役割および実行のポイント(基礎理論編)21111810 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

研究開発部門でのマーケティングの必要性/重要性が注目を集めています。顧客価値の高い『良いテーマ』の創出力を強化するためにはマーケティングをどのように活かせばいいのか、事例を多数紹介しながら解説。経営コンサルタントとして30年以上実績のある講師が解説する人気講座が大幅アップデート。

【リアルセミナー+配信】
絶対に知っておくべき研究開発部門が担うマーケティングの機能と役割および実行のポイント(基礎理論編)21111810

 

【日 程】

2021年11月18日(木) 13:00~17:00

【会 場】

都内中心部で調整しております。(東京(調整中))

【受講料】

36,300円(税込/テキスト付)

アーカイブ

あり

資料 PDF 会場受講の人は印刷物

実践編も翌日にあり

講師: ベクター・コンサルティング㈱  代表取締役社長 日本工業大学大学院 技術経営研究科(MOT) 教授 浪江 一公

経歴: 北海道大学工学部卒業。米国コーネル大学経営学大学院修了(MBA)。大手電機メーカー、アーサー・D・リトル、フュージョンアンドイノベーションなどを経て現職。著書に『プロフィット・ピラミッド超高収益を実現する14のシンプルな法則』(ダイヤモンド社)、訳書に『ステージゲート法 製造業のイノベーション・マネジメント』(英治出版)などがある。

1. はじめに
1-1 日立の「顧客起点型」研究開発
1-2 マーケティングとは?方法論として学ぼうとしてはならない。根本的な思考を学ぶこと。

2.研究開発部門の問題とマーケティングの関係

2-1 研究開発部門の問題:テーマ創出力の弱さ
2-2 Garbage in, garbage out:「テーマがごみであれば、成果もごみ
2-3 「How」(熱意)と「What」(創出顧客価値)の混同
2-4 テーマ創出のための体系的仕組みの構築とマーケティングの必要性

3. 研究者・技術者が押さえておくべきマーケティングの重要概念

3-1 顧客価値:ドリルメーカーは何を売っているか?
3-2 市場知識、技術知識、自社の強みのスパーク
3-3 マーケティングミックス:4P(Product、Price、Place、Promotion)と提供顧客価値との関係
3-4 3C(Customers、Competition、Company):3Cが収益を決める
3-5 顧客 vs. 市場:イノベーションのジレンマ(ワイヤー式建機と油圧式建機)
3-6 4つの顧客層
3-7 顕在ニーズ vs. 潜在ニーズ
なぜ潜在ニーズを捉えることが必要か? なぜキーエンスは超高収益なのか?そのメカニズム
3-8 ものづくり vs. 価値づくり
3-9 STP(Segmentation、Targeting、Positioning):ターゲティングの失敗:シャープの例
3-10 ファイブ・フォーシーズ:なぜPC業界は低利益率なのか?(日本メーカーのPCからの撤退の例)

4.良いテーマの創出力強化のために(「3.研究者・技術者が押さえておくべきマーケティングの重要概念」に基づき

4-1良いテーマの10の要件
4-1-1 良いテーマの定義
4-1-2 顧客価値拡大モデルVACES:日本触媒、日東電工、東洋電機、コマツ、日本ペイントの例
4-1-3 良いテーマの10の要件追求上の大きな課題と対処法:ステージゲート・プロセス
「(初期から)仮説を作れば、仮説を早くから進化させることができる」
4-2 良いテーマの創出法
4-2-1 市場・顧客を理解する3軸:TAD(時間、分野、深度)と各軸に沿った市場理解の活動
4-2-2 時間軸(Time)(島津製作所、テスラ―モータース、シマノ、ホンダの例)
4-2-3 分野軸(Area)(テトラパック、花王、ワコール、前川製作所の例)
4-2-4 深度軸(Depth)(ICIペイント、石野製作所、キーエンス、ディスコ、日東電工、ユニクロ、シマノ、3Mの例)

5. 最後に

5-1 研究開発にとってのマーケティングとは
5-2 研究開発のマーケティングサイクル

/images/noimage.png

<習得知識>
 1)研究開発におけるマーケティング重要性の背景
 2)研究者・技術者が知っておくべき基本マーケティング理論
 3)市場を知るための様々な活動
 4)研究者・技術者の市場との接点・事業化推進における満たすべき役割

<講義概要>
 今日本企業は、新興国企業の激しい追撃を受けており、この傾向は今後も益々強くなることは明らかです。
 このような環境の中で、今後日本企業が成長し存続し続けるためには、継続的に革新的な製品を新興国企業に先んじて 創出する能力を身につけること以外にありません。そしてそのために、研究開発部門は社内の様々な部門の中で、主導的な 役割を担わなければなりません。
 今この役割を研究開発部門が担うために、研究者・技術者に決定的に欠けている機能があります。それは、市場が何を  求めているかを他社に先駆けて知るための機能、すなわちマーケティングです。ここでのポイントが、研究者・技術者がその活動の最重要な一部としてマーケティング活動を行うことです。この極めて重要な機能を、他部門に依存してはなりません。
 今多くの企業においては、このような背景から研究開発部門のマーケティング機能の重要性が徐々にではありますが、認識され始めています。しかし、ここでの問題が、研究開発部門におけるマーケティングとは何かが明示されている資料は、出版済の書籍を含め、ほとんど存在してないことです。
 本セミナーにおいては、研究開発部門に明確に焦点を当て、同部門が担わなければならないマーケティング機能を実行  するための基本となる知識を、具体的にご紹介して行きます。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ