このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 高付加価値を生み出すBtoBマーケティングの実践 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

BtoBビジネスに焦点をあて、「売れる」新商品の開発力を強化するための方法、さらに、売り込み方や前に突き進めるためのプロジェクト・マネジメントまで、経験豊富な講師がBtoBマーケティングを成功に導くためのコツをわかりやすく解説します。


高付加価値を生み出すBtoBマーケティングの実践

BtoBビジネスにおいて確実な強みと顧客価値で成功確率を高める考え方・押さえておくべきポイント

【日 程】

2021年12月13日(月) 10:00~17:00

【会 場】

Zoom配信(Webセミナー)

【受講料】

33,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

PDFデータのダウンロード

【備 考】

アーカイブ配信:あり

 

※見逃・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます
※当日ご都合が合わなくても、録画のみのご受講も可能です



                          本セミナーは「Zoom」を利用します。
                          お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                 ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/


                       お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。

講師: 株式会社経営技法 代表取締役社長 鈴木 俊介

経歴: 1992年 慶應義塾大学、2002年 Case Western Reserve大学院を卒業。出光興産、KPMGビジネスアシュアランス、Kepner Tregoe Japanを経て、2009年(株)経営技法設立。2011年、新しいアイディア発想法である「ユニークブレインラボ®」を開発し、上市する。大手製造業、IT企業を中心に創造力強化、新製品新サービス創出を支援。世界でも数少ない「思考技術」を基軸においたコンサルティング、研修を展開している。NPO法人ランチェスター協会 理事。等価変換創造学会所属。

1.商品コンセプトのつくりかた 
 “筋のよい”売れて然るべき製品、売れなくても仕方ない製品、何が違うのか?
  ①ターゲティング、提供価値、差別化のポイント
  ②差別化とは何か?なぜか?いかにして生み出せるか?

2.新製品・サービス創案のアプローチ 
 自社の資源を活かしてあたらしい何かを生み出すための考え方と手順
  ①技術シーズの応用
  ②顧客ニーズの発掘
  ③ソリューション探求
  ④ネーミング・コンセプトから
  ⑤ビジネスモデルの構築と市場づくり

3.市場時期と市場創造&参入戦略〜今を読む、未来を読む
 良い商品だから、本当に売れるのか?状況を見極めるためにみておくべきポイント
  ①プロダクトライフサイクルとイノベーター理論
  ②市場の成長曲線(S字カーブ)を予測する
  ③未来予測の要諦
  ④新市場が成り立つ要件と破壊的イノベーションの機会
  ⑤新製品の選択基準のつくりかた

4.新製品の売り方、売り込み方
 〜BtoBならではのプロモーションとセールス
 新市場だから顧客はいない、製品づくりの次にいる顧客づくりをどうするか?
  ①集客〜選客、最適な見込み客を探し集めるプロセス
  ②BtoB における組織営業の分析と活動原則
  ③プロモーション・コンテンツのつくりかた
 〜webページ、紙媒体、オンライン動画、展示会・・・いずれの場合も欠かせない構成要素

5.起業家的行動術〜BtoBに欠かせない、業界を飛び越える人脈づくりと
 プロジェクト・マネジメント能力
 ①起業家と経営者、異なるマネジメント
 ②外部人脈をいかにして構築するか?
 ③起業家的リーダーシップとプロジェクト・マネジメントの要諦

/images/noimage.png

<受講対象>
 ・既存の事業や技術を越えた、新分野・新市場での製品を期待される開発者・マーケッター
 ・既存の市場や顧客層に新たな価値提案を生み出したい製品・営業担当者
 ・社内の新製品創出を支援・マネジメントする企画担当者
 ・経営的視点で製品のポートフォリオを見直したい、M&Aを進めたい幹部 
                            ・・・などの方にお勧めします

<習得知識>
 1.“良い”だけでなく、確実に選ばれて売れる製品を判断する案をブラッシュアップする
   「目利き力」
 2.自社の経営資源を最大限に活かしながら新製品・新事業を創案するプロセス・デザイン
   能力
 3.状況と先を読んで現実的な見通しをたてられる戦略眼
 4.縁がない世界でも新しい顧客を探し当てるためのセールス・プロモーションのコツ
 5.状況を切り開き、前例がないことでも物事を前にすすめるための行動の秘訣

<講義概要>
 「既存の事業から離れる、特に今の成熟期市場から離れて、新たな成長カーブを生み出したい」、「より高利益高付加価値な製品を生み出したい」「フォロワーではなく、差別化した何かで盤石な地位を築きたい」、「技術で勝って市場で負けることのない、ビジネスモデルを構築したい」と思い描く方も多いでしょう。しかし、一方では、「何を頼りにしてよいかわからない」、「マーケティングも戦略も学んではみたが、自身の実務でどう進めてよいかわからない」と戸惑うこともあるかもしれません。一般的に知られ世に広まったマーケティングというのは、「BtoBというよりBtoC」、「新市場や新製品というよりも既存市場の既存製品とその改良」、「市場調査や宣伝告知など高コストな投資」を前提にしているものが多いからです。また技術マーケティングを論じたものは、ややもすると技術開発者中心視線で顧客志向や市場環境分析が甘くなりがちです。
 本セミナーでは、製造業・技術中心企業の方にとっての、新製品・新市場参入のためにという観点で、講師が実務コンサルにあたり、BtoBビジネスにおいて、少なくともここだけは抑えて欲しいポイントをご紹介します。「見過ごされがちだが、大事なポイント」、「外してしまったら確実に失敗する、あたる理論や法則」、「経営学やマーケティングというくくりでは語られない、さらに上位の経済学・心理学上の参考点」など、これまでの習慣的なアプローチや教科書の教条主義的なアプローチでもない、地に足のついた、本質的な言葉で解説します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ