このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 フリーズドライ(凍結乾燥)の基礎と 生産・製造プロセス最適化のポイント [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

<凍結乾燥の基礎を徹底的に習得‼>高品質な製品を製造するためには、凍結乾燥の物理化学的な現象を正しく理解することが重要です。凍結乾燥の実施方法、温度チャートからの乾燥の進行の判断、製品の物性評価方法に至るまで易しく丁寧に解説します。


フリーズドライ(凍結乾燥)の基礎と
生産・製造プロセス最適化のポイント

【日 程】

2021年10月5日(火) 10:00~15:30

【会 場】

Zoom配信(Webセミナー)

【受講料】

33,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

PDFデータのダウンロード

【備 考】

アーカイブ配信:あり

 

※見逃・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます
※当日ご都合が合わなくても、録画のみのご受講も可能です



                          本セミナーは「Zoom」を利用します。
                          お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                 ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/


                       お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。

講師: 京都大学大学院 工学研究科 准教授 中川 究也先生

経歴: 専門は、医薬食品凍結乾燥プロセスの最適化と品質制御に関する研究/医薬や食品を対象とした新しい乾燥技術の開発/食品マイクロカプセル製造技術開発と機能創出に関する研究

I.凍結乾燥の基礎〜原理とプロセスの概要(2 h)
 1.凍結乾燥プロセスの概要
 2.凍結乾燥装置の構成
 3.温度チャートの読み方
 4.凍結の基礎(固液相平衡,過冷却,氷結晶形成,凍結濃縮,ガラス転移)
 5.乾燥のメカニズム
 6.凍結乾燥過程におけるコラプスの発生メカニズム

II.凍結乾燥プロセスと製品品質(1.5 h)
 1.製品品質と関わる現象
 2.コラプスと品質
 3.復水性の変化
 4.香気成分の保持
 5.マンニトールの結晶多形を考える
 6.凍結乾燥過程におけるコラプスの発生メカニズム

III.凍結乾燥の実施と計測(1 h)
 1.凍結乾燥プログラムの設定
 2.凍結乾燥の手順・終点の判定
 3.吸湿と湿度管理
 4.計測・分析方法(DSC,コラプス発生度評価,コラプス温度の推定)

/images/noimage.png

<講演概要>
 本講座では,医薬や食品を対象とした凍結乾燥プロセスに関する基礎原理を詳説します。凍結乾燥と関わる物理化学的な現象の理解から,化学工学的なプロセスの考え方まで理解を深めていただきます。高品質な製品を製造する凍結乾燥プロセスにおいて,品質確保のために適切な操作を適用することは必須となります。この適切な操作選択の判断を合理的な根拠に基づいてできるように,本講では基礎的な現象を正しく理解して貰うことに主眼を置きます。具体的な品質改善のための処方に加え,実際的な凍結乾燥の実施方法,温度チャートからの乾燥の進行の判断,製品の物性評価方法に至るまで,凍結乾燥の基礎を徹底的に習得していただきます。

<受講するとこんなメリットがあります!>
・凍結乾燥プロセスの基礎知識が身につく
・凍結乾燥と関わる実務上の課題解決ができるようになる
・FD製品開発のヒントが得られる


                           >
ご受講の流れ
   お支払方法  アーカイブ配信



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ