このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 金属材料の局部腐食の発生メカニズムと予防・対策 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

金属材料を使用する製品・装置・設備の耐久設計や保守管理の方を対象に、様々な種類の局部腐食を取り上げ、基本事項から現場での対応策までを解説します。


【Zoomセミナー】
金属材料の局部腐食の発生メカニズムと予防・対策

~粒界腐食,孔食・すきま腐食,応力腐食,水素脆性,異種金属接触腐食など~

【日 程】

2021年7月27日(火) 13:00~17:00

 

※見逃・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます
※当日ご都合が合わなくても、録画のみのご受講も可能です

【会 場】

各自PC(オンライン受講)

【受講料】

33,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

PDFデータのダウンロード



                          本セミナーは「Zoom」を利用します。
                          お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                 ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/


                       お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。

講師:日鉄テクノロジー株式会社 尼崎事業所 材料評価部 上席主幹 東 茂樹

経歴: 1985~99年、住友金属工業㈱にて耐食ステンレス鋼や防食技術等の研究、1999~2000年、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)にて石炭液化技術開発、2000年から住友金属テクノロジー㈱にて金属材料の水環境腐食に関する試験調査、に従事。日本金属学会技術開発賞,大河内記念技術賞を受賞。理学修士,工学博士。技術士(金属部門)日本鉄鋼協会,腐食防食学会の正会員。

Ⅰ.金属腐食の基礎
 1.腐食の分類
 2.乾食と湿食
 3.全面腐食と局部腐食

Ⅱ.局部腐食の種類とメカニズム
 1.粒界腐食
 2.孔食・すきま腐食
 3.応力腐食割れと水素脆性
 4.異種金属接触腐食(ガルバニック腐食)
 5.その他

Ⅲ.局部腐食の原因調査と評価試験
 1.原因調査
 2.評価試験

Ⅳ.局部腐食の予防・対策
 1.粒界腐食
 2.孔食・すきま腐食
 3.応力腐食割れと水素脆性
 4.その他

/images/noimage.png

<習得知識>
 1.金属材料の腐食の基礎(腐食の分類、乾食と湿食の違い、全面腐食と局部腐食の違い)
 2.局部腐食の発生メカニズムと予防・対策(粒界腐食、孔食・すきま腐食、応力腐食、
   水素脆性、異種金属接触腐食など)
 3.局部腐食の原因調査と評価試験(原因調査の流れと手法、腐食試験方法)

<講義概容>
 金属材料を使用する製品・装置・設備の耐久設計や保守管理において、腐食損傷の予防策と事後対策は重要な課題です。腐食損傷には、全面腐食と局部腐食があり、前者が比較的対処しやすいのに比べ、後者は進展が予想できないほど速い場合が多く、たった1箇所でも発生すると全体のダメージに直結してしまいます。
 そこで本講では、製品の設計開発や品質管理の方や、プラントなどの保守管理の方を対象に、局部腐食について基礎から現場での対応策までを解説します。前半では、金属腐食の基礎について述べ、次に、粒界腐食、孔食・すきま腐食、応力腐食割れといった種類別に発生・成長メカニズムを解説します。後半では、実際に腐食トラブルが発生した場合の対応方法や予防・対策などについて説明します。


                           >
ご受講の流れ
   お支払方法   アーカイブ配信



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ