このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 食品工場を取り巻くリスクと危機管理のポイント [講習会詳細] | テックデザイン
受付を終了しました。(4月9日更新)
Zoom配信とさせていただくことになりました。ご了承のほどお願いいたします。

FAXでのお申し込みはこちらから

食品の品質業務に携わる方々を対象にしたオンラインセミナー(無料)

食品工場を取り巻くリスクと危機管理のポイント

【日 程】

2021年4月12日(月) 15:00〜16:30

【会 場】

各自PC(オンライン受講)

【受講料】

0円(無料)

【備 考】

定員50名(申込順)

講師: 食品安全教育研究所 代表 河岸 宏和

経歴: 帯広畜産大学を卒業。これまで経験した品質管理業務は、養鶏場、食肉処理場、ハム・ソーセージ工場、餃子・シュウマイ工場、コンビニエンスストア向け総菜工場、たまご加工工場、大手スーパーマーケットなど多数。現在は食品安全教育研究所代表として、年間100箇所以上の食品工場の点検、品質教育を行っている。
著書に『“食の安全”はどこまで信用できるのか』(株式会社アスキー・メディアワークス)、『ビジュアル図解 食品工場の品質管理』(同文舘出版)などがある。

       
                             =======セミナー概要=======


日常を脅かす『想定外』が起こり続ける現代。

食品工場の管理者(工場長・ライン長・係長)の方に
                  ぜひ聞いていただきたいセミナーです!


【講師のことば】
 食品工場はお客様クレーム対策だけを考えがちですが、30年後も企業を存続させるためには天災、労災、食品事故、クレーム対応、悪意を持った投稿などのあらゆる危機に対して備える必要があります。海外企業のロスプリベンション(Loss Prevention)部門で学んだ講師が、危機管理センターという考え方で、具体的に何に備え、何を準備するべきかを解説します。

【プログラム】
●危機管理の基本    
●危機管理センターという考え方
●郵便、宅配便の管理について    
●パソコンのデータ管理について
●金券、現金の管理について    
●天災発生時の具体的対応
●火災発生時の具体的対応    
●危機管理センターの日常
●個人衛生管理について    
●地域社会に対する考え方
●動物愛護に関する考え方           
●悪意を持ったクレーム対応に関する考え方

/images/noimage.png

◆当日までの流れ
・定員(視聴上限数)がありますのでお早めにお申し込みください。
・【申込完了】メールをもって受付完了となります。書類の送付などはございません。
・開催前日までに視聴方法(視聴ページ)の詳細をメールでご案内します。
・配信されるメールに記載されているURLから視聴サイトに移動してください。
 当日は14:50頃から入室できます。

◆注意事項
・テキストの配布は予定しておりません。
・本セミナーは「ストリーミング配信(Vimeo)」を利用します。
   お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
   ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。                https://tech-d.jp/column/about/

・都合によりWeb会議ツール【Zoom】配信に変更とさせていただきます。
 Zoomがご利用いただけない場合、ご連絡くださいますようお願いいたします。
 (4月5日更新)



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ