このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Zoomセミナー】はじめて学ぶ認知科学とその産業応用 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

認知科学は、⼼理学、工学、⼈⼯知能、⾔語学、神経科学、哲学などにまたがる学際分野です。この入門講座では、体系的にわかりやすく解説することで全体像をイメージできるようにします。また、講座では、製品開発に活かせるような視点・事例も随時紹介します。


【Zoomセミナー】
様々な面白い現象を実感しながら幅広いフィールドを理解する
はじめて学ぶ認知科学とその産業応用

〜不思議な認知特性とメカニズム、記憶、創造、行動の合理性、脳・AI〜

【日 程】

2021年4月26日(月) 13:00~17:00

 

※見逃し・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます

【会 場】

各自PC(オンラインでの受講となります)

【受講料】

33,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

PDFデータのダウンロード



                               本セミナーは「Zoom」を利用します。
                               お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                      ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/


                      お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。

講師: 元 東京農工大学大学院 教授  工学博士 北原義典 先生
      元 ㈱日立製作所 中央研究所 主管研究員 

経歴:1981年 広島大学大学院修士課程修了。同年 (株)日立製作所入社、中央研究所配属。音声合成、音声言語、感性情報処理、ヒューマンインタフェースの研究開発や研究室マネジメント、テーマ提案教育、特許化推進マネジメントなどの業務に従事(1986~89年 (株)ATR視聴覚機構研究所にて聴覚の研究に従事)。1996年 東京大学大学院工学研究科博士号学位取得(博士(工学))。2014年より東京農工大学大学院工学府産業技術専攻教授。消費者行動研究、コミュニケーション研究、技術経営指導、発表・プレゼンテーション指導などに取り組む。2021年退官。
著書には『謎解き・人間行動の不思議』(講談社、2009)、『なぜ、口べたなあの人が、相手の心を動かすのか?』(講談社、2010)、『イラストで学ぶヒューマンインタフェース』(講談社、2011)、『はじめての技術者倫理』(講談社、2015)、『イラストで学ぶ認知科学』(講談社、2020)などがある。

1.認知科学を知る
 ・認知科学とは
 ・研究の方法
 ・モデルとは
 ・人間の情報処理モデル

2.感覚・知覚・認知の特性とメカニズムを知る
 ・感覚の種類
 ・視覚の特性とメカニズム
 ・聴覚の特性とメカニズム
 ・ゲシュタルト特性
 ・色彩知覚
 ・嗅覚の特性とメカニズム
 ・味覚の特性とメカニズム
 ・空間知覚
 ・時間知覚
 ・感覚の相互作用
 ・注意

3.記憶のメカニズムを知る
 ・記憶の構造
 ・短期記憶からワーキングメモリへ
 ・長期記憶
 ・忘却 

4.創造とは何なのか
 ・再生的思考と生産的思考
 ・洞察
 ・アナロジーを用いた発想 
 ・発想支援手法 

5.行動経済を知る
 ・効用と文脈
 ・プロスペクト理論
 ・シグニファイアとナッジ 

6.脳を知る
 ・脳の構造 
 ・感覚と脳 
 ・記憶と脳 
 ・脳における信号の伝達
 ・脳神経活動計測 
 ・ディープラーニング

/images/noimage.png

<習得知識>
 1.認知科学の基本知識
 2.発想支援手法
 3.行動経済の考え方
 4.脳の構造と働き
 5.脳神経活動計測手法
 6.機械学習手法

<受講対象>
 研究開発業務のために認知科学を学ぼうとしている技術者・研究者、認知科学や人間研究に興味を持っているすべての方にお勧めです

<講義概要>
 なぜ鼻をつまんでモノを食べると味がよくわからないのか、なぜオクラは緑色のネットに入って売られているのか、なぜ同じ金額でも損した場合と得した場合で感覚が違うのか、ひらめきは本当に無の状態から生まれるのか、など私たちの認知に関していろいろ不思議に思ったことはありませんか?
 講師は、30年以上にわたり企業研究所において、音声言語処理やユーザインタフェース開発など人間研究とその工学応用をテーマに研究開発を続けてきました。その後、大学に移り、人間の認知特性に着目した工程管理などの研究を指導しています。その間、認知科学の教科書を執筆するなど、一貫して認知をはじめとする人間行動特性に関する仕事に携わってきました。このような背景から、本講座を通じて、認知科学とはどういう分野なのか、モデルとは何か、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、空間知覚、時間知覚、記憶などのメカニズムはどのように説明されるのか、脳内ではどんな情報がどのように処理され伝わっているのかなど、認知科学というものを体系的にわかりやすく解説し、さらに、こういった認知特性が産業にどう使われているのか具体的な例も交えて紹介します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ