このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Webセミナー】やさしい鉄鋼材料入門(新人教育サポート講座) [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

フレッシュな機械系エンジニアの基礎教育に! 製造業には欠かせない各種鉄鋼材料の特性の各論や評価方法、熱処理工程に加え、トラブル調査手法までを2時間で一通り学べる講座です。新人教育の一環として、是非ご活用ください。


【Webセミナー】
やさしい鉄鋼材料入門  (新人教育サポート講座)

【日 程】

2021年4月23日(金) 10:00~12:00

 

※見逃し・復習用として配信動画の録画をご視聴いただけます

【会 場】

各自PC(オンラインでの受講となります)

【受講料】

19,800円(税込/テキスト付)

 

2人名以降 13,200円(税込/テキスト付)

【テキスト】

印刷・製本したものを郵送



                               本セミナーはストリーミング配信(Vimeoを利用します。
                               お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                      ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/


                      お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。




<新人教育サポート講座とは?>
 貴社の新入社員教育のサポートすることを目的に、複数名受講に対して受講料を特別割引している講座です。4~5月開催の講座の多くが対象となっていますので、是非ご活用ください。



講師:松野技術士事務所 代表 松野 進

経歴:横浜国立大工学部金属工学科卒業。株式会社栗本鐵工所にて耐摩耗・耐腐食鉄系鋳造材料の開発に従事しながら、他メーカや大学等と共同研究を実施。“低けい素による高マンガン鋳鋼の高靭性化”にて平成9年度 日本鋳造工学会技術賞を受賞。現在は、松野技術士事務所を開設。

Ⅰ.鉄鋼材料の概要

Ⅱ.代表的な鉄鋼材料の組織と機械的特性と用途
 1.一般構造用圧延材
 2.機械構造用炭素鋼
 3.ステンレス鋼鋼材
 4.ねずみ鋳鉄品、球状黒鉛鋳鉄品
 5.炭素鋼鋳鋼品、高マンガン鋳鋼品

Ⅲ.金属の評価方法
 1.破壊の概要
 2.引張試験
 3.応力―ひずみ線図
 4.シャルピー衝撃試験
 5.硬さ試験

Ⅳ.熱処理
 1.熱処理の概要
 2.焼なまし
 3.焼入れ
 4.焼戻し
 5.焼ならし

Ⅴ.鉄鋼材料のトラブル時の調査方法
 1.事故品の調査方法
 2.機械的性質調査
 3.腐食原因調査
 4.対策

/images/noimage.png

<本講座での習得事項>
 1.主な鉄鋼材料の組織と機械的特性の関係
 2.熱処理による鉄鋼材料の組織変化と機械的特性の変化
 3.鉄鋼材料の選択の概要

<講義概要>
 鉄鋼材料は機械、自動車などに使用され、私たちの生活に欠かせないものになっています。機械や自動車を設計するとき材料を選択しますが、機械や自動車の性能を設計通りに発揮させたり、製造に問題が生じないようにする必要があります。鉄鋼材料は外観が同じでも、成分や熱処理などによって、その特性は大きく異なります。
 そこで、本講座では、主な鉄鋼材料の組織と機械的性質の関係、さらに熱処理による特性改善も丁寧に解説することで、設計や製造に役立てるように致します。鉄鋼材料についての市販の文献を読んでもよく理解できない方でも理解して活用できるよう配慮致します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ