このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Zoomセミナー】設計者のための加工コストの見積もり方法とコストダウンのポイント [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

設計者の方が、目標コスト達成のために知っておきたい、加工コストの見積もり手順・方法とコストダウンの着目点、概略コストを算出するしくみの作り方について、切削、プレス・板金加工時間の計算演習を交えわかりやすく解説します。


【Zoomセミナー】
設計者のための加工コストの見積もり方法と
コストダウンのポイント〈演習あり〉

~図面から考える加工(切削・プレス板金)時間及び見積の求め方、目標コストコスト達成の着眼点~

【日 程】

2021年4月27日(火) 10:00~17:00

 

※見逃し・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます

【会 場】

各自PC(オンラインでの受講となります)

【受講料】

35,200円(税込/テキスト・著籍付)

【備 考】

※演習で使用しますので電卓をご用意ください

【テキスト】

PDFデータのダウンロード



                               本セミナーは「Zoom」を利用します。
                               お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                      ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/


                      お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。

講師:日本コストプランニング株式会社 代表取締役 間舘 正義

経歴:大手省力化機器メーカーで製造現場、生産管理の実務を経験。生産管理担当時代には、生産システムの見直しを図り、製品の大幅な欠品率の低減と在庫の削減、売上高アップに貢献。その後、コンサルティング会社にて生産関係のコンサルティングに従事。さらに、大手ソフトウェアハウスではコンピュータによる生産管理を担当。1998年に日本コストプランニング㈱を設立し、ものづくりとコストの関係を主体に人材育成や合理化など経営資源の有効活用を図るためのコンサルティングを行う。著書に、『図解原価管理』(日本実業出版社)、『これならできる経営分析』(かんき出版)、『業務別に見直すコストダウンの進め方』(かんき出版)、『製造業のための目標原価達成に必要なコスト見積もり術』(日刊工業新聞社)などがある。

1.図面とコスト見積りについて
 ① 利益のしくみとコスト見積り
 ② 図面および仕様書と見積り
 ③ コスト見積りに必要な情報
 ④ 知っておくべきコスト見積のしかた

2.コスト見積のすすめ方
 ① 製品コストの求め方
 ② 材料費の求め方
 ③ 加工費の求め方

3.切削加工時間の計算方法 【演習あり】
 ① 見積り方法の手順(フロー)
 ② 知っておくべき設備機械と詳細工程
 ③ 材料費の求め方
 ④ 加工時間の求め方
 ⑤ 図面から見る切削品のコストダウン・ポイント

4.プレス 板金加工時間の計算方法 【演習あり】
 ① 見積り方法の手順(フロー)
 ② 知っておくべき設備機械と詳細工程
 ③ 材料費の求め方
 ④ 加工時間の求め方
 ⑤ 図面から見るプレス板金部品のコストダウン・ポイント

5.設計者のための加工品概算見積りの作り方
 ① グルーピングの仕方
 ② 見積もりデータの整理
 ③ 見積りパラメータの作成



■■講師著書を進呈します■■
 『設計者のための
 コスト見積もり力養成講座』
(日刊工業新聞社、2018年3月)




/images/noimage.png

<受講対象>
 製品の企画、開発や設計、生産技術に携わる担当者及び管理者の方、開発購買に携わる担当者及び管理者の方、業務改革に携わる担当者及び管理者の方、経営全般の企画に携わる方などにお勧めです。

<習得知識>
 1.加工品の見積りの基礎知識の習得
 2.加工技術に関する基礎知識
 3.加工品の設計に関するコストダウン着眼点の習得
 4.設計標準の重要性の理解

<講義概要>
 設計者の皆さん、作成した図面を見て、おおよそいくらのコストになるのか想定できますか? 製品の開発・設計では、目標コストが設定されています。設計者は、この目標コストを達成するために、製品の品質や性能だけでなく、コストを意識した設計活動を行わなければなりません。製品を作った後に、目標コスト(予算)をオーバーしたでは困ります。製品設計の見直しは、形や大きさ、数量などに多くの制約条件を作ってしまうため、避けなければなりません。そのためには、コストを見積もり(想定)できることが必要です。それは、コストダウンのために着目すべき点が理解できず、目標コスト(予算)が達成できるのかも分からなるからです。また、開発・設計の費用及び期間も増加することになります。
 本セミナーでは、設計者が、切削、プレス・板金などの加工品を対象に、加工に関する基礎知識の理解やコスト算出の仕方、コストダウンで着目すべき点、概略のコストを算出できるしくみの作り方について、電卓を使った計算演習を交え、わかりやすく解説します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ