このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Zoomセミナー】新テーマ、企画立案のためのアイデア発想法と機能ツリーの作成方法 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

本講座では、チェックリスト・KJ・ブレーンストーミング法など広く知られている種々の発想法だけでなく、講師が推奨する「α発想法」を用いた課題解決の手法と機能ツリーの作成法、自社が勝てる戦略策定法について解説します。


【Zoomセミナー】
新テーマ、企画立案のためのアイデア発想法と
機能ツリーの作成方法

【日 程】

2021年2月9日(火) 14:00~17:00

 

※見逃し・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます

【会 場】

各自PC(オンラインでの受講となります)

【受講料】

19,800円(税込/テキスト付)

【テキスト】

PDFデータのダウンロード



                               本セミナーは「Zoom」を利用します。
                               お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                      ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/


                      お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。

講師: 大藪知財戦略コンサルティング 知財戦略コンサルタント 大藪 一

経歴:パナソニック株式会社にて研究開発、知的財産権業務に従事。2000年からR&D知的財産権センターで戦略知財担当として、知財戦略の策定と推進に10年間従事。パナソニック退職後、アイ・ピー・ファイン株式会社入社、2017年より取締役専務執行役員兼知財コンサルティング部長を務め、2018年10月より現職。現在は、セミナーや大手企業の知財戦略実践コンサルティング業務、パテントマップの作成と活用方法、α発想法の理論と演習、機能ツリーによる新規テーマ・新規企画の探索立案方法、新規事業・新規技術・新規用途の開発等のコンサルティング業務に従事。

1.新規テーマ、新規企画立案には発想が重要!
 ①事業戦略・技術戦略・知財戦略の立案ステップ
 ②発想法について
 ③発想の原理
 ④よく使われている3大発想技法
 ⑤チェックリスト法
 ⑥ブレーンストーミング法
 ⑦KJ法

2.科学的発想手法「α発想法」による機能ツリーの具体作成事例(自動車用LED)
 ①情報収集
 ②個人ワーク「チェックリスト法による個人発想
 ③大視点毎の塊に分割する
 ④塊を細分化する
 ⑤KJ法をツリー分類に変換
 ⑥鳥瞰ワーク「機能鳥瞰ツリー」にまとめる
 ⑦機能鳥瞰ツリーを個人ワークで拡大
 ⑧機能鳥瞰ツリーをBS法で拡大
 ⑨拡大した機能鳥瞰ツリーをまとめ直す
 ⑩α発想法のまとめ
 ⑪α発想法1巡目の思考風景
 ⑫機能ツリー作成のポイント

3.アイデアを事業化する際の注意事項
 ①ある会社の知財リスク事例
 ②プロパテントとは
 ③世界経済と知的財産権の動向
 ④知的財産権について
 ⑤技術戦略を展望するパテントマップの課題

4.自社が勝つ事業・技術・知財戦略の実践方法
 ①機能鳥瞰マップの概要
 ②推進テーマの決定
 ③機能鳥瞰マップの作成
 ④攻め所を決める
 ⑤可能性アイデアの多量発想
 ⑥機能鳥瞰マップを用いた勝てる知財戦略構築
 ⑦機能鳥瞰マップによって得られる効果

/images/noimage.png

【講師のことば】
 新しいテーマや企画立案は企業の研究開発、知財、経営、事業開発、商品企画、マーケティング部門の方など、必聴のセミナーです!将来テーマを探索するには市場・技術・特許等の調査をするだけでは自社が開発すべき新規テーマは見つかりません。調査結果をふまえ自由なアイデア発想で機能ツリーを作成し特許と紐づけして、特許出願状況を含めて攻め所を決めて自社の勝てる事業・技術・知財戦略を立案し実践する方法をご紹介します。本講座から、ぜひ“発想力”を伸ばし、自社が勝てる事業戦略の立案に役立ててください。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ