このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Zoomセミナー】新商品・新事業の成功確率を高める開発テーマ探索プロセス [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

新商品・新技術・新事業開発においては、いわるゆタネの決め方が重要となってきます。本セミナーでは、効率的で効果的なテーマ策定までの一連の流れ・考え方を、各ステップごとに体系的に解説します。


【Zoomセミナー】
新商品・新事業の成功確率を高める開発テーマ探索プロセス

~開発テーマ策定の考え方・手順/アイデア発想/市場調査/テーマ選定・評価/企画書作成~

【日 程】

2021年2月8日(月) 10:00~17:00

【会 場】

各自PC(オンラインでの受講となります)

 

※見逃し・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます

【受講料】

31,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

印刷・製本したものを郵送


        ※「リアル+Zoom配信」から「Zoom配信のみ」に変更いたしました。


【申込とテキスト郵送について】
テキストを郵送するため、4営業日(休み:土日祝日)前の正午までにお申し込みください。
それ以降にお申込みの場合、テキストが間に合わない可能性がございますのでご了承ください。

※ご自宅に送付をご希望される場合は別途ご連絡ください。





                               本セミナーは「Zoom」を利用します。
                               お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                      ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/


                      お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。

講師:株式会社日本能率協会コンサルティング 技術戦略センター
   シニア・コンサルタント 池田 裕一

経歴: 機械販売会社の財務部門を経て、1990年(株)日本能率協会コンサルティングに入社。メーカーやサービス業を対象とした技術戦略、新製品・新規事業探索、開発テーマ設定、新製品・新規事業企画などのコンサルティング、研修、講演に従事。主な著書に『インキュベーションマネジメント』(海文堂出版)、『新製品・新事業の育て方』(同友館)、『限界を突き破る戦略的事業連携』(日刊工業新聞社)、『新規事業・新用途開発技法とテンプレート』(日本能率協会総合研究所)などがある。日本ベンチャー学会所属。

1.開発テーマの区分とアプローチ
 ・既存事業の改善・改良テーマ設定
 ・新商品・新事業のタネとなるテーマ設定

2.新商品・新事業のタネとなる開発テーマ策定の考え方
 ・商品・事業イメージを持つ
 ・幅広く情報を集める
 ・ステージアプローチ

3.開発テーマの策定手順
 ・探索ガイドラインを決める
 ・候補テーマを多く出す
 ・市場調査に基づくテーマ評価
 ・ビジネスプラン作成によるテーマ策定

4.探索ガイドラインを決める
 ・経営資源を分析する
 ・事業環境を分析する
 ・顧客ニーズ、将来ニーズを分析する
 ・探索する分野や範囲を決める

5.候補テーマを多く出す
 ・強制発想法によるアイデア出し
 ・先行指標発想法によるアイデア出し
 ・独自の発想によるアイデア出し
 ・アイデアのテーマ化

6.市場調査に基づく候補テーマ評価
 ・市場調査・競合調査
 ・候補テーマの評価視点
 ・候補テーマ評価の実践

7.ビジネスプラン作成によるテーマ策定
 ・ビジネスプランの構成
 ・事業展開シナリオの作成

/images/noimage.png

<習得知識>
 1.新商品・新技術・新事業テーマ探索のプロセス
 2.新商品・新事業に向けた市場調査のやり方
 3.新商品・新事業のタネとなるアイデア発想
 4.テーマ選定のための評価のやり方
 5.ビジネスプランの作成

<受講対象>
 ・研究開発部門で新規テーマを探している方
 ・新商品・新事業企画、開発部門の方
 ・新商品・新事業開発プロジェクトメンバーの方
 ・社内のテーマ提案に応募予定または応募している方
 ・その他、新商品・新事業開発が業務の方 ・・・などを主な対象としています。

<講義概要>
 新商品・新事業開発は、社内で身に付けにくいスキルの一つです。開発部門内に新商品・新事業開発のノウハウがなかったり、経験者がいなかったりするためです。一方、開発部門では未来を見据えた新商品・新事業開発の期待が寄せられ、新規テーマの創出は必須となっています。
 新商品・新事業開発の出発点は、どのようなテーマをやるのか、いわゆるタネが重要です。しかし、タネの決め方が、属人的であったり思い込みであったりして失敗を招くケースが多々あります。本セミナーでは、新商品・新事業開発のタネとなる開発テーマの策定について、体系的な知識とスキルを身に付けることを目的に、新商品・新事業探索の一連の流れをわかりやすく解説します。ステップを決め、ステップごとのやるべき活動を明確にし、段階を踏んで次のステップに到達することで失敗確率を下げることができます。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ