このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Webセミナー】米粉の基礎と加工品・パンへの利活用 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

もちもちの食感やグルテンフリー化などの特徴から、米粉を用いた食品の市場は10年以上に渡って拡大を続けています。米粉の基礎的な特性や品質評価に加えてパン・加工品への利活用を、【米】研究の最前線を務める講師が解説します。


【Webセミナー(ストリーミング)】
米粉の基礎と加工品・パンへの利活用

~米粉特性を理解・制御し、食味・食感を向上させる~

【日 程】

2020年9月24日(木) 14:00~17:00

 

※見逃し・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます

【会 場】

各自PC(オンライン受講)

【受講料】

19,800円(税込/テキスト付)

【テキスト】

PDFデータのダウンロード



【お申込の前のお願い】
Webセミナーの詳細・注意事項・Q&Aは下記のページで説明しております。
お手数ですが、お申込の前にご確認ください。

・お申込み時注意事項:https://tech-d.jp/column/about/#web
・詳細と注意事項: 『テックデザインオンライン講座』 
・Q&A: 『よくあるご質問』 


講師: 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門
      食品加工流通研究領域 食品製造工学ユニット 上級研究員 奥西 智哉

経歴:2000年 京都大学大学院 農学研究科 博士課程修了後、農林水産省 食品総合研究所入省。2005年農研機構 中央農業総合研究センター 研究員、2006年 同センター 主任研究員、2009年 農研機構 食品総合研究所 穀類利用ユニット長を経て、現在は食品研究部門 食品加工流通研究領域 食品製造工学ユニット 上級研究員を務める。【稲】ではなく【米】の研究者として、貯蔵・品種判別・食味評価・米粉食品などの業務用/家庭用のすべてに携わっている。

Ⅰ.米粉の製造と品質
 1.米の構造
 2.粉砕方法
 3.粒度
 4.損傷澱粉率

Ⅱ.米成分からみた米粉品質要因
 1.デンプン糊化・老化
 2.アミロース・アミロペクチン
 3.タンパク質

Ⅲ.米粉食品製造の特徴
 1.米粉パン
 2.米粉麺
 3.料理・菓子利用
 4.小麦グルテン(参考資料)

/images/noimage.png

<本講座での習得事項>
 1.幅広い米粉特性を制御することの基礎知識
 2.素材として米粉を使う利点
 3.米粉パン等製造の注意点

<講義概要>
 米粉は従来より団子・和菓子に用いられてきました。しかし、ここ10年ほどでパンや麺といった本来は小麦粉で作られる食品にも利用がひろがっており、米粉パン等の認知度は非常に高くなっています。米粉の製造と品質、それに伴う米粉加工食品について米粉パンを中心に基礎的知識を整理しながら、その他の米粉加工食品についても解説します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ