このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Webセミナー】顧客経験価値(CX)を重視した商品企画開発の実践入門 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

商品そのものの価値に加えて、購入や使用にあたってのプロセスや経験(サービス)から得られる価値(ロイヤリティ)の指標である『顧客経験価値(CX:カスタマー・エクスペリエンス)』が注目されています。本講では、マーケティング戦略におけるCXの重要性と、CXを重視した商品企画開発への実践的かつ具体的な取り組み方を解説します。


【Webセミナー(ストリーミング)】
~モノからコトへ、ロイヤルカスタマ―創出のための~
顧客経験価値(CX)を重視した商品企画開発の実践入門

【日 程】

2020年9月23日(水) 14:00~17:00※質疑応答込
※見逃し・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます】

【会 場】

各自PC(オンラインでの受講となります)

【受講料】

22,000円(税込/テキスト付)

 

※同日10時開催の「競争戦略企画」とあわせて申込いただいた方は、受講料を合計38,500円とします。

 

↓お申込みはこちら↓
https://www.tech-d.jp/seminar/show/4910

【テキスト】

 PDFデータのダウンロード



【お申込の前のお願い】
Webセミナーの詳細・注意事項・Q&Aは下記のページで説明しております。
お手数ですが、お申込の前にご確認ください。

・お申込み時注意事項:https://tech-d.jp/column/about/#web
・詳細と注意事項: 『テックデザインオンライン講座』 
・Q&A: 『よくあるご質問』 


講師: 株式会社ニューチャーネットワークス 代表取締役 高橋 透

経歴:1987年上智大学経済学部経営学科卒業後、旭硝子株式会社入社。セラミックスのマーケティング、消費財の新商品開発、広告宣伝を担当。その後大手コンサルティング会社を経て、1996年に経営コンサルティング会社“ニューチャーネットワークス”を設立。2019年に顧客経験価値分析に関する会社‟株式会社ソビー“を設立、代表取締役就任。2010年より上智大学非常勤講師(コンセプトメイク、グローバルベンチャー)。2016年より「ヘルスケアIoTコンソーシアム」理事。主な著書に「デジタル異業種連携戦略」(中央経済社、2019年)「技術マーケティング戦略」(中央経済社、2016年)「勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法」 (中央経済社、2015年)「90日で絶対目標達成するリーダーになる方法」(SBクリエイティブ、2014年)、『事業戦略計画のつくりかた』(PHP研究所、2006年 )、『図解でわかる・技術マーケティング』(共著、JMAM、2005年)などがある。

Ⅰ.顧客経験価値を創造するための商品開発7つのコンセプト
 1.これまでの商品開発と顧客経験価値のための商品開発との違い
  ① 商品の開発ではなく意味の開発を目指す
  ② 新しい意味を作り出せそうな異業種でプロジェクトを組む
  ③ 調査分析からではなく、個人の主観からスタートさせる
  ④ 世の中の変化の本質をつかむ
  ⑤ 計画よりも身近なことで実証を繰り返す
  ⑥ アイデアで終わらずにコンセプト化する
  ⑦ ストーリーとしての面白さを妥協しない

Ⅱ.顧客提供価値を創造するための商品開発の実践
 1.顧客提供価値のための商品開発の全体像
  ① フェーズとステップ
  ② フェーズとステップにこだわらない発想と行動
 2.準備フェーズ
  ① プロジェクトの背景、目的、ゴールの設定
  ② プロジェクトの組織体制づくり
  ③ プロジェクトの進め方の企画
 3.仮説設定フェーズ
  ① 仮説とは何か(破壊的仮説企画の3つの視点)
   a.コアコンピタンス
   b.市場イノベーション
   c.顧客提供価値
  ② 仮説企画の実践
   a.デザインシンキング
   b.タウンウォッチング
   c.現場観察
   d.異業種アイデアソン
   e.ペルソナデザイン
   f.カスタマージャーニーマップ
  ③ アイデアからコンセプトへ
  ④ コンセプトからビジネスモデルへ
  ⑤ ビジネスモデルからストーリーへ
 4.仮説検証フェーズ
   ① 仮説検証の重要性
   ② PoC(Proof of Concept)の計画
   ③ PoC(Proof of Concept)の実行と学習
   ④ PoC(Proof of Concept)を繰り返し、仮説を修正する
 5.事業戦略構想フェーズ
   ① 事業戦略構想とは
   ② 検証すべき仮説の確認
   ③ 仮説検証としてのマーケティングリサーチ
   ④ 事業の世界観、価値観、ビジョン
   ⑤ 事業が創造する顧客経験価値
   ⑥ エコシステム・ビジネスモデル戦略
   ⑦ 顧客経験価値開発マーケティング゙戦略
   ⑧ 開発ロードマップ
   ⑨ 事業計画とリスク分析、対応
   ⑩ 当面のアクションプラン
   ⑪ 実行組織体制
6.スタートアップフェーズ
   ① 事業開発フェーズのゴールとは
   ② シンボリックなモデルケースを成功させる
   ③ ピボッティングの重要性
   ④ 成功事例を記録し経験価値を広げる
   ⑤ 商品・サービス、価格、ビジネスモデルのデファクトをつくり拡張させる

/images/noimage.png

<講義概要>
 商品企画もかつては技術開発による物理的、機能的なモノやのサービスの企画が主体で、顧客が購入してくれること、つまり売上・利益に重点が置かれていましたが、これからは、顧客がどのような場面で、どう利用し、ベネフィットを感じるかといった顧客側の利用に重点を置かなければなりません。顧客が商品を利用し続けるには、顧客経験価値(CX)が常に高くなくてはならず、顧客との継続した接点と、必要な状況で必要なモノやサービスを提供するビジネスモデルが必要となります。またAI、IoTなどのICTの発展でその環境は成熟してきています。 
 以上のような点から、これまでの技術開発に起点をおいた商品開発のあり方は大きく変革しなければならず、独自の顧客経験価値を生み出すような商品開発活動にシフトすることが求められているのです。 本講座は、日本企業が得意とする技術を重視しつつも、その強みを顧客経験価値をベースにした新たな商品開発手法に変革するための必須事項について、丁寧に解説します。

 



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ