このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Zoomセミナー】金属材料の局部腐食の発生メカニズムと予防・対策 [講習会詳細] | テックデザイン
本セミナーは新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、
開催形式を【Zoomセミナー】に変更させていただくこととなりました。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願いいたします。
FAXでのお申し込みはこちらから

金属材料を使用する製品・装置・設備の耐久設計や保守管理の方を対象に、
様々な種類の局部腐食を取り上げ、基本事項から現場での対応策までを解説します。

【Zoomセミナー】

金属材料の局部腐食の発生メカニズムと予防・対策

~粒界腐食,孔食・すきま腐食,応力腐食,水素脆性,異種金属接触腐食など~

【日 程】

2020年8月27日(木) 10:00~17:00

【会 場】

各自PC(オンライン受講)

【受講料】

31,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

PDFデータのダウンロード


【Zoomセミナーとは】
◆Web会議ツールのZoomを利用したオンライン講座です!
 「東京への出張が難しい」
 「交通費がもったいない」
 「他の予定もあり、会社を抜けられない」
 「自席や自宅でリラックスして受講したい」といった方々にお勧めです。

【お申込に際してのご案内】
◎申込期日:前日16時までとなります
◎視聴方法:会議室URLなどはメールでご連絡します
◎テキスト:PDFデータを弊社Webサイトよりダウンロード

【お申込の前のお願い】
ご使用のPC・通信回線にセキュリティなどの制限がある場合、
Zoomを利用できない場合があります。
事前に下記のサイトにて、Zoomの接続・利用についてご確認ください。

・テスト画面: 『Zoomをテストする』
※zoomアプリをインストールせずに、WEBブラウザでのご視聴も可能です。

講師: 日鉄テクノロジー株式会社 尼崎事業所 材料評価部 上席主幹  東 茂樹

経歴: 1985~99年、住友金属工業㈱にて耐食ステンレス鋼や防食技術等の研究、1999~2000年、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)にて石炭液化技術開発、2000年から住友金属テクノロジー㈱にて金属材料の水環境腐食に関する試験調査、に従事。日本金属学会技術開発賞,大河内記念技術賞を受賞。理学修士,工学博士。技術士(金属部門)日本鉄鋼協会,腐食防食学会の正会員。

Ⅰ.金属腐食の基礎
 1.腐食の分類
 2.乾食と湿食
 3.全面腐食と局部腐食

Ⅱ.局部腐食の種類とメカニズム
 1.粒界腐食
 2.孔食・すきま腐食
 3.応力腐食割れと水素脆性
 4.異種金属接触腐食ガルバニック腐食)
 5.その他

Ⅲ.局部腐食の原因調査と評価試験
 1.原因調査
 2.評価試験

Ⅳ.局部腐食の予防・対策
 1.粒界腐食
 2.孔食・すきま腐食
 3.応力腐食割れと水素脆性
 4.その他

<習得知識>
 1.金属材料の腐食の基礎(腐食の分類、乾食と湿食の違い、全面腐食と局部腐食の違い)
 2.局部腐食の発生メカニズムと予防・対策(粒界腐食、孔食・すきま腐食、応力腐食、
        水素脆性、異種金属接触腐食など)
 3.局部腐食の原因調査と評価試験(原因調査の流れと手法、腐食試験方法)

<講義概容>
 金属材料を使用する製品・装置・設備の耐久設計や保守管理において、腐食損傷の予防策と事後対策は重要な課題です。腐食損傷には、全面腐食と局部腐食があり、前者が比較的対処しやすいのに比べ、後者は進展が予想できないほど速い場合が多く、たった1箇所でも発生すると全体のダメージに直結してしまいます。
 そこで本講では、製品の設計開発や品質管理の方や、プラントなどの保守管理の方を対象に、局部腐食について基礎から現場での対応策までを解説します。前半では、金属腐食の基礎について述べ、次に、粒界腐食、孔食・すきま腐食、応力腐食割れといった種類別に発生・成長メカニズムを解説します。後半では、実際に腐食トラブルが発生した場合の対応方法や予防・対策などについて説明します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ