このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Zoomセミナー】他社特許の分析と有効な特許出願【演習あり】 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

問題となる特許の権利範囲を的確に分析し、その結果を活用して“強い”特許権を得るための特許実務の要点を、研究開発部門の方にも容易に理解が出来るように、豊富な事例と図解、演習を交えて分かりやすく解説します。

【Zoomセミナー】
他社特許の分析と有効な特許出願【演習あり】
~権利範囲の解釈、侵害判断/回避、出願ノウハウ~

【日 程】

2020年7月3日(金) 14:00~17:00

【会 場】

各自PC(オンライン受講)

【受講料】

19,800円(税込/テキスト付)


【Zoomセミナーとは】
◆Web会議ツールの「Zoom」を利用したオンライン講座です!
 「東京への出張が難しい」
 「交通費がもったいない」
 「他の予定もあり、会社を抜けられない」
 「自席や自宅でリラックスして受講したい」 といった方々にお勧めです。

【お申込に際してのご案内】
◎申込期日:前日正午までとなります
◎視聴方法:会議室URLなどはメールでご連絡します
◎テキスト:PDFデータをWebサイトよりダウンロード
※ご自宅などご登録いただいた以外の宛先への送付をご希望の場合、事前にお申し付けください
◎お申込み後、【申込完了メール】と合わせて詳細なご案内のメールをお送りいたします
◎講習会開始時刻の10分前頃より視聴サイトへのログインが可能です
◎当日音声による質疑応答を実施いたします
◎本講座で使用されるテキスト資料の著作権は講師に帰属します
 権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます
 また、講義の録音、録画などの行為を禁止いたします


【お申込の前のお願い】
ご使用のPC・通信回線にセキュリティなどの制限がある場合、
Zoomを利用できない場合があります。
事前に下記のサイトにて、Zoomの接続・利用についてご確認ください。

・テスト画面: 『Zoomをテストする』

講師: ことぶき特許商標事務所 池袋オフィス 弁理士 鴨志田 伸一

経歴: 明治大学大学院理工学研究科修了後、セイコーエプソン㈱に入社。レーザープリンター、電子ペーパー等の画像形成技術の研究開発に従事し、発明者として国内300件以上の特許を出願。その後、知財部門にて、インクジェット装置等の発明発掘、パテントクリアランス、出願権利化、侵害警告対応、発明者教育、契約等の業務に従事。2011年に特許事務所に転職し、複写機、自動車、実装基板等のメカ制御系発明における国内外出願、国内外中間処理、鑑定等を担当。現在、ことぶき特許商標事務所池袋オフィスにて企業在籍時の開発経験及び知財経験を活かし、有効な特許権取得の提案を行っている。


講師:
セイコーエプソン株式会社 弁理士 磯部 光宏

経歴: 電気通信大学大学院電気通信学研究科修了後、セイコーエプソン㈱に入社。同社開発部門にて、インクジェットプリンター技術の産業応用の研究開発(回路基板製造、FPDカラーフィルター製造)に従事し、発明者として国内200件以上の特許を出願。その後、同社知財部門にて、発明発掘、出願権利化、審決取消訴訟対応、侵害警告対応、契約、ライセンス等の業務に従事。現在は、再び開発部門に戻り、R&D用インクジェット装置のマーケティングに従事している。

1.特許制度の概要
 (1)出願から権利化まで
 (2)権利化後の特許発明

2.他社特許の分析(クリアランス①)
 【演習1】製品は特許発明の技術的範囲内か?
 【演習2】請求項及びその効果をどう記載するか?
 (1)他社特許の権利範囲の検討のフロー
 (2)権利範囲の解釈の留意点
   ・ 特許請求の範囲基準の原則
   ・ 明細書参酌の原則
   ・ 出願経過参酌の原則
   ・ 均等論の検討

3.他社特許を侵害する場合の検討(クリアランス②)
 (1)侵害する場合に取り得る措置
 (2)無効理由の検討
 (3)設計変更の検討
 【演習3】無効理由の検討及び設計変更の検討

4.有効な特許出願のノウハウ
 (1)クリアランスの結果に基づく発明創出の提案
 (2)利用発明等の検討

/images/noimage.png

[企画背景・講座概要]
 日々研究開発を重ねて作り上げた製品を市場に送り出す皆さんにとって、特許は自分たちの技術やビジネスを守るために不可欠です。特許は知財部門の方だけでなく、研究開発部門の方々も、うまく活用することで、競合他社に打ち勝つことができます。
 そこで本講座では、特許出願から権利化までの流れや、他社特許を分析する際の留意点、発明のノウハウなど、研究開発部門の方々が研究開発をする際に役立つ特許実務について、事例や演習をとりあげながら分かりやすく解説します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ