このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Webセミナー】技術マーケティング戦略の基本と進め方 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

技術マーケティングとは自社のコア技術をもって、新しい市場において顧客価値をどのように提供していくのかを戦略的に構想することです。事業に活かせる戦略企画のステップを、詳細に、かつ事例を挙げながら解説します。

【Webセミナー(Live配信)】
研究者・技術者・経営企画担当者向け
技術マーケティング戦略の基本と進め方

【日 程】

2020年6月30日(火) 10:00~13:00 ※質疑応答込
※見逃し・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます

【会 場】

各自PC(オンラインでの受講となります)

【受講料】

19,800円(税込/テキスト付)

 

※同日14時開催の「チームマネジメントと課題解決・・・」とあわせて申込いただいた方は、受講料を合計33,000円とします。

【テキスト】

テキストはPDFデータのダウンロード



Webセミナーとは

◆パソコンやスマートフォンから受講できるサービスです!
Webブラウザだけで視聴できます(他のアプリ一切不要です)! 
◆もちろん質問も可能です!
聞き逃したときのための「録画配信」もあります!
 ※翌営業日中に視聴サイトのURLをメールでご連絡します
 ※録画配信は7日間、利用可能です
 ※編集作業の状況により、配信日が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください
 ※弊社の営業日は、土日祝日以外となります

【お申込に際してのご案内】
◎申込期日:前日16時までとなります
◎視聴方法:メールでご連絡します
◎テキスト:PDFデータをWebサイトよりダウンロード

【お申込の前のお願い】
Webセミナーの詳細・注意事項・Q&Aは下記のページで説明しております。
お手数ですが、お申込の前にご確認ください。
・詳細と注意事項: 『テックデザインオンライン講座』 
・Q&A: 『よくあるご質問』 


講師: 株式会社ニューチャーネットワークス 代表取締役 高橋 透

経歴:1987年上智大学経済学部経営学科卒業後、旭硝子株式会社入社。セラミックスのマーケティング、消費財の新商品開発、広告宣伝を担当。その後大手コンサルティング会社を経て、1996年に経営コンサルティング会社“ニューチャーネットワークス”を設立。2019年に顧客経験価値分析に関する会社‟株式会社ソビー“を設立、代表取締役就任。2010年より上智大学非常勤講師(コンセプトメイク、グローバルベンチャー)。2016年より「ヘルスケアIoTコンソーシアム」理事。主な著書に「デジタル異業種連携戦略」 (中央経済社、2019年11月)「技術マーケティング戦略」(中央経済社、2016年)「勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法」(中央経済社、2015年)「90日で絶対目標達成するリーダーになる方法」(SBクリエイティブ、2014年)、『事業戦略計画のつくりかた』(PHP研究所、2006年 )、『図解でわかる・技術マーケティング』(共著、JMAM、2005年)などがある。ニューチャーネットワークス社のコラムサイト「グローバル・エイジ」にて多数のコラムを執筆。

Ⅰ.技術開発が儲けにつながらないのはなぜか?
 ① 日本製造業の問題・課題と生かすべき強み
 ② 技術をビジネスの儲けに変える日本企業の強みとは
 ③ 日本の製造業の成功要因

Ⅱ.技術マーケティング戦略の基本コンセプト
 ① そもそも技術とは何か?
 ② ますます複雑化する技術 ⇒ 技術の進化・発展の法則
 ③ 技術と顧客、産業、社会との関係
 ④ マーケティングとは何か
 ⑤ 新たなマーケティングの役割とは
 ⑥ 技術とマーケティングの変化を踏まえた技術マーケティング戦略の狙い

Ⅲ.技術マーケティング戦略とは何か
 ① 技術マーケティング戦略の定義
 ② 技術マーケティング戦略の全体像

Ⅳ.技術マーケティング戦略の3つの要素
 ① コア技術の開発戦略
 ② 市場イノベーション
 ③ 顧客提供価値

Ⅴ.仮説企画検証によるリーンな技術マーケティング戦略企画
 ① 技術開発や新事業開発で“成功する人”・“失敗する人”
 ② 仮説企画検証型の「リーンスタートアップ」での企画開発
 ③ 技術マーケティング戦略における仮説企画検証

Ⅵ.技術マーケティング戦略のステップ
 ① 技術マーケティング戦略のフェーズとステップ
 ② ステップの構成
  ステップ1:戦略仮説とプロジェクトの与件設定
  ステップ2:マクロトレンド分析、4階層分析
  ステップ3:技術・スキル拡張軸の設定
  ステップ4:顧客ベネフィット拡張軸の設定
  ステップ5:事業ドメインマップの作成
  ステップ6:有望市場調査とターゲット市場の絞り込み
  ステップ7:ターゲット市場の調査分析
  ステップ8:ターゲット顧客への提案、コミュニケーションの実施
  ステップ9:競合ベンチマーキング分析
  ステップ10:あるべき姿の構想と成功要因分析
  ステップ11:「技術マーケティング戦略構想書」の作成

Ⅶ.ブレークスループロジェクト

Ⅷ.技術マーケティング戦略の戦略モデル

Ⅸ. 技術マーケティング戦略における人・組織戦略

<講義概要>
 技術をベースとした企業のマーケティングは、一般のマーケティング論とは全く異なるアプローチ方法をとります。ポイントは技術マーケティング戦略の3つの要素の企画です。1つ目は自社の「コア技術の開発戦略」の見極め、2つ目はとそのコア技術による「市場イノベーション」の可能性の分析、そして3つ目はそのイノベーションの鍵となる「顧客提供価値」の企画構想です。「市場イノベーション」では自社のコア技術で市場規模をビジネス開始後3-5年で現状の2倍以上に拡大できることが前提となります。構想段階でこの3つの概念が明確に描くことが出来なければ、実際の事業では勝つことが出来ません。
 技術マーケティング戦略とは、技術開発に本格的に着手する前段階で、戦略構想を企画することです。グローバルでの市場競争が厳しい今日では「成長市場だから当社も参入する」では通用せず、自社が勝てる技術のマーケティング戦略が必須となるのです。
 本講座は、技術マーケティングの基本を踏まえた上で、自社ビジネス(事業)に活かせるように、具体的な戦略企画のステップを解説していきます。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ