このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 化粧品開発における香りのデザイニング [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

 テックデザイン化粧品セミナー 化粧品開発、香料概論、評価、マーケットトレンド、ワーク 


化粧品の魅力を引き出すために必須の「香料」について基本的知識を解説すると共に、マーケットトレンドをふまえ、イメージ・マッピングを活用した評価体験を通して、商品コンセプトに合わせた香りのデザイニング(選択・評価・表現)を学んで頂きます。

化粧品開発における香りのデザイニング

~香料概論、香りの選択、マーケットトレンド、フレグランスの評価・表現体験~

【日 程】

2020年4月22日(水) 10:30~16:30

【会 場】

リファレンス西新宿 会議室(東京 新宿駅)

【受講料】

31,000円(税込/テキスト付)

講師: 株式会社永廣堂本店 香料・原料アドバイザー 前川 喜美

経歴: 岐阜大学 農学部農芸化学科生物化学講座を卒業後、日本メナード化粧品の総合企画部で化粧品の企画に携わる。その後、㈱永廣堂本店にて、化粧品の香料・原料の提案型営業に長年従事。営業部長、参事を経て「香料・原料アドバイザー」として活動。香料や香りに関する講演活動を積極的に行っている。日本化粧品技術者会(SCCJ)西日本支部 基礎講習会(年1回)「化粧品香料」講義を輪番で担当(3回に1回)。㈱永廣堂本店原料セミナーにおける「香りの基本講座」担当。

Ⅰ.香料概論
 1.嗅覚のメカニズム
 2.香りの歴史
 3.香料とは
  a.香料の種類
  b.天然香料の製造方法
  c.香りの構成

Ⅱ.香りの評価の体験学習(イメージ・マッピングの活用)

Ⅲ.香りのマーケットトレンド
 1.香りの意識調査
 2.ファインフレグランスの変遷と最近のトレンド
 3.アロマセラピーなど香りによる癒しのトレンド

Ⅳ.商品コンセプトに合わせた香りの選択
 1.ボディケア・ヘアケアなどトイレタリー製品
 2.スキンケア製品

《講演概要》
 化粧品は肌の健康保持(保湿など)といった機能的な働きかけにとどまらず、香りや感触など感覚に働きかける要素が重要視されてきています。特に『香り』においては、スキンケア製品からヘアケアやボディケアなどトイレタリー製品に至るまで、様々なコンセプトで各種の香料が選択されていますが、商品コンセプトに合った香りを選択することは簡単なようで難しい面もあります。
 本講演では、化粧品の『香り』をどのようにとらえ活用していくべきか、その素材となる「香料」の基本的知識とマーケットにおけるトレンドをふまえ、イメージ・マッピングを活用した評価体験(実際に香りを嗅いで頂きます)を通して、化粧品開発における香りのデザイニング(選択・評価・表現)を学んで頂きます。化粧品開発者やフレグランス開発者のみならず、香りを活用したい方々にもお聞きいただきたい内容です。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ