このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 新商品開発のための市場分析とターゲット顧客設定 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

テックデザイン会員のための勉強・交流イベント

新商品開発のための市場分析とターゲット顧客設定

【日 程】

2019年11月29日(金)

 

14:30〜18:00(16:30~交流会)

【会 場】

日比谷記念ホール(東陽町スクウェアビル)(東京 東陽町駅)

【受講料】

10,000円(税込/交流会費用を含む)

 

既存会員の方は3,000円です。
(ログインしてお申し込みください)

【備 考】

定員 30名

講師: K-MAXコンサルティング 代表 河合 正嗣

経歴:1983 年 早稲田大学社会科学部卒業。同年(株)ポッカコーポレーション(現ポッカサッポロフード&ビバレッジ㈱)に入社し、営業、営業企画、マーケティングなどに 従事。1997年 同社を退社し、1999年より現職。主に新商品開発や企画立案、提案営業についてのコンサルティングに従事し、数多くの企業で実績を上げている。また、各 地の商工会議所、中小企業大学校での講師も務める。著書には『<ヒット!>商品開発バイブル』(共著、アスカ出版社、2001)などがある。現在、東京都 中小企業診断士協会広報部長も務める。

1.今後10年間の社会トレンドとは? その予測方法は?
  【演習】:各人で予想してみましょう。

2.業界市場分析で何を見るべきか?
  【演習】:自社の業界・市場分析を行ってみましょう。

3.ターゲット顧客を設定をするコツ
 ① B2Cの場合
 ② B2Bの場合
  【演習】:自社のターゲットを設定をしてみましょう。

【習得知識】
 ①自社に有利な社会トレンド発見の仕方
 ②業界・市場の有利な位置の見つけ方
 ③ターゲット顧客の設定の仕方

【概要】
 自社や自分の思い込みだけで新商品開発をしても売れません。新商品開発をする前に行うことがあります。まずは広く社会の底流にあるトレンドを探し出し、有利な波にのりましょう。さらに参入している業界で自社のポジションを確認し開発すべき方向性を見つけましょう。それが定まったら、そこからヒットを生むためのターゲット顧客設定を具体的にします。
これらが新商品開発の出発点です。演習を交えながらそのエッセンスをお伝えします。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ