このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 工場の設備自動化・工場レイアウト設計の基本 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

工程品質を作り込むための工程計画・設備計画のプロセス、自動化設備の設計ノウハウ、自動化後の効果の検証方法などについて詳しく解説するとともに、各工程の自動化の実施例や自律型設備(自己完結型)の設計ポイントなども紹介します。

工場の設備自動化・工場レイアウト設計の基本

~生産工場の作業改善の基礎から革新的生産性向上に対応した自動化を学ぶ~

【日 程】

2019年8月8日(木) 10:00~17:00

【会 場】

都内中心部で調整しております。

【受講料】

29,980円(税込・テキスト付)

講師: 東海大学 工学部 機械工学科 教授 村山 省己先生

経歴: (株)日立製作所 工機部長、日立オートモティブシステムズ(株)投資計画部長を歴任し、2016年より
    現職。NC工作機械・自動車部品生産設備の設計開発に従事し、数々の設備設計開発に携わる。国家
         技能検定試験「機械・プラント製図」の検定委員に長年携わり、首席検定委員を経験。また、国内・海外
         向け自動化ライン等、投資の最適化について幅広い生産技術の知見を有する。自動車技術協会、日本
         設計工業会、日本機械学会、精密工学会に所属する他、大手メーカーや商社等の中堅技術者教育のコー
         ディネータ・講師としても活躍している。

Ⅰ. 生産ライン自動化の定義
 1. 自動化レベルの考え方・・・生産ラインの自動化レベル・カテゴリーについて学ぶ
 2. 加工ラインの自動化レベル・・・加工ライン自動化レベル0~レベル5の分類
 3. 組立ラインの自動化レベル・・・組立ライン自動化レベル0~レベル5の分類

Ⅱ. 自動化の基本
 1. 生産設備のグローバルスタンダード化・・・グローバルワンデザインとグローバル品質
 2. IoTを活用した先進的モノづくり・・・リモートモニタリング機能の標準装備
 3. 工程計画と設備計画・・・工程設計の考え方を学びラインレイアウトを作成

Ⅲ. 自動化の秘訣
 1. 自動化する前にやっておくべきこと・・・作業改善・ライン改善・段取り改善・設備改善他
 2. 何をロボットでどう自動化するか・・・レイアウトを3Dで俯瞰しムダを排除
 3. ロボットの種類と選定のポイント・・・ロボットの選定のポイントと走行ロボットの設計

Ⅳ. 自動化設備の設計ノウハウ
 1. 自動化の基本は自己完結型設備であること・・・品質を作り込み品質を管理する設備
 2. 不良品を作らない流さない設備であること・・・事例から学ぶこれが品質保証の仕組み
 3. 止まらず故障しない設備であること・・・稼働率と可動率の違い/可動率の改善方法

Ⅴ. 自動化ラインの構想設計
 1. 自動化ライン構築のプロセスを踏むこと・・・DFMEA/FTAからQFDへ機能展開
 2. 自動化するかしないか見極めること・・・自動化可否は事前検証で決め設備仕様に
 3. こうやって費用対効果を最大限に上げること・・・自動化は付加価値生産性の重要な要

Ⅵ. 自動化設備の設計事例
 1. 加工工程の自動化設備・・・セットアップエンジニアリングに自前化で技術を磨く
 2. 組立工程の自動化設備・・・モニタリングシステムで稼働・品質・保守の遠隔監視
 3. 試験工程の自動化設備・・・コンカレントエンジニアリングでの課題解決が成功の道

<習得知識>
 ・レイアウト改善などの工場改善の知識
 ・工場自動化における品質信頼性や投資の適正化の考え方
 ・生産性を上げるためのIoTや自動化の考え方

<講義概容>
 近年、我が国の工場では、ロボットやIOTの活用が遅れており、欧米諸国と比べ生産性向上が低いことが課題となっています。しかしながら、高い生産性を実現するための生産ラインの自動化は一足飛びにできるものではありません。現有の工場、ライン、設備及び生産方式の非効率な部分をカイゼンすることで作業のスリム化を図り、同時に自動化に対応した技術的な課題を事前検証により解決しておくことが自動化を進めるにあたって不可欠です。また、自社工場の設備やラインの自動化を検討する場合には、自動化の考え方や自動化の方法を熟知し、自社製品にあった自動化ラインを検討しライン設計しなければなりません。
 本講座ではまず、生産設備、生産ラインの自動化レベルを学習し生産性を上げるための工場、設備、作業などに着目し改善の考え方、進め方について学びます。次に生産設備の自動化に最も重要な工程品質を作り込むための工程計画や設備計画のプロセスを学び、グローバルワンデザインによるグローバルスタンダード化、IoTの活用について実例を交えて学びます。さらにロボットを活用した自動化の手法や考え方、自動化設備の設計ノウハウを習得し、自動化ライン構築のプロセスや自動化可否判断、自動化後の投資効果の検証方法についても学習します。同時に、生産性を革新的に向上させるための自動化ラインの事例から加工、組立、試験工程それぞれの自動化の実施例について学び、自動化を具現化するために何が必要かを学んでいただきます。最後に、工場の生産性を上げるための自動化設備の事前検証や設計開発手法、また、生産ラインの自動化を進めていく上で必要となる自律型設備(自己完結型)の設計のポイントを学びます。工場の生産性向上の対応をされている製造や生産技術者の方々、自動化ラインを検討しておられる設備設計者の方々、生産性の良い製品開発を検討されている開発設計の方々まで幅広く、多くの方の参加をお待ちしております。


  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       
ページTOPへ