このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 電気自動車のコンポーネント技術とその最新動向 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

電気電子工学、機械工学、化学など、多方面の技術からなる電気自動車について網羅的に解説します。様々な専門の方が参加することを想定し、各々の細かい理解よりは、電気自動車・ハイブリッド自動車の包括的な技術の理解を優先して解説します。

電気自動車のコンポーネント技術とその最新動向

~ハイブリッドシステム,バッテリ,モータ,パワエレ,電動補機,社会インフラetc.~

【日 程】

2019年6月18日(火) 10:00~17:00

【会 場】

都内中心部で調整しております。

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 元 東海大学 教授  森本 雅之先生

経歴: 1977年 慶應義塾大学大学院修士課程修了。同年 三菱重工業(株)入社(28年にわたり研究開発に従事)。2005年 東海大学電子情報学部電気電子工学科教授 (現在、工学部電気電子工学科に改組)。2018年より同学 非常勤講師。これまで、産業機械、エアコン、分散型発電などのパワーエレクトロニクス、モータの研究開発および自動車用パワーエレクトロニクス、誘導モータ、リラクタンストルク応用モータなどの各種モータの設計、制御、産業応用に従事。電気学会フェロー、IEEE会員。電気学会論文誌編集長、技術士試験委員、電気主任技術者試験委員等を歴任。

Ⅰ.電動車両とは
 1.電気自動車と電動車両
 2.電気自動車の分類
 3.電気自動車の歴史

Ⅱ.バッテリ式電気自動車
 1.電気自動車の構成
 2.エネルギ回生
 3.電気自動車の性能評価
 4.電気自動車の走行距離

Ⅲ.ハイブリッド電気自動車
 1.ハイブリッド自動車の種類
 2.ハイブリッド自動車の動作
 3.プラグインハイブリッド
 4.燃料電池と太陽電池

Ⅳ.電気自動車用バッテリ
 1.バッテリの基本
 2.鉛電池
 3.リチウムイオン電池
 4.バッテリマネージメント

Ⅴ.電気自動車用モータ
 1.自動車用モータとは
 2.モータの基礎
 3.永久磁石同期モータ
 4.インホイールモータ

Ⅵ.自動車用パワーエレクトロニクス
 1.パワーエレクトロニクスとは
 2.DCDCコンバータ
 3.インバータ
 4.インバータによるモータの制御
 5.PCU

Ⅶ.電動補機
 1.電動パワーステアリング
 2.電動ポンプ
 3.電動エアコン

Ⅷ.充電と社会
 1.AC充電とDC充電
 2.非接触充電
 3.V2HとV2G

Ⅸ.最新の電気自動車の動向と今後の展望
 1.最新の電気自動車の技術
 2.最新のハイブリッド自動車の技術
 3.48Vシステム
 4.パワーデバイス

<習得事項>
・電気自動車、ハイブリッド自動車の包括的な技術の理解
・電気自動車の各コンポーネントの技術
・電動コンポーネントの技術

<講義概要>
 二酸化炭素の低減目標の達成のため、電気自動車のますますの増加が見込まれています。さらに、2040年頃からエンジン車の販売を禁止することを検討している国々もあります。全世界で電気自動車、ハイブリッド自動車等の電動車の普及機運が盛り上がっていますが、電気電子工学、機械工学、化学など、多方面から研究開発が行われているため、包括的に学ぶ機会が少ないのが現状です。
 そこで本講座では、自動車メーカおよびサプライヤーの技術者を対象に、電気自動車の基本技術を網羅的に解説します。電気自動車、ハイブリッド自動車の主要コンポーネントであるバッテリ、インバータ、モータだけでなく、自動車用パワーエレクトロニクスの概要、各種電動補器についても、数式を最小限に抑え、豊富な図解とともに解説します。電気自動車やハイブリッド自動車に関連した研究開発に携わる技術者にとって、今後の指針となる内容になっています。


  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       
ページTOPへ