このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 車載用主機モータの絶縁技術の基礎と長寿命化の勘所 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

モータ開発に40年従事してきた講師が、長寿命で信頼性の高い絶縁設計,絶縁劣化 ATFによる有機材料の加水分解,電気絶縁と絶縁物の寿命,インバータサージ電圧が絶縁に与える影響などを解説します。

車載用主機モータの絶縁技術の基礎と長寿命化の勘所
~絶縁技術の基礎・絶縁工作・加工・材料選定・評価方法,長寿命化・高信頼性,技術動向と課題~

【日 程】

2019年5月20日(月) 10:00~17:00

【会 場】

オームビル B1 ゼミルーム(東京 竹橋駅/神保町駅)

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: YMTソリューション 安原 隆

経歴: 株)日立製作所にて、産業用誘導電動機・同期発電機・PMモータの設計、(大手自動車メーカーの)HEV用モータの設計開発・量産設計など、約40年にわたりモータの設計・開発に従事する。現在は、YMTソリューションを設立し、モータ技術のコンサルタントとして活動中。

1. 自動車用モータの概要
 ① 種類
 ② 構造 
 ③ 何故交流モータが使われるか         
 ④ 巻線の試験法
 ⑤ 絶縁物の劣化 
 ⑥ 雰囲気の問題
 
2. 主な巻線の種類と特徴
 ① 分布巻と集中巻
 ② コイルエンド長さ比較
 ③ モータ性能上の特徴
 
3. 絶縁構成
 ① 巻線間絶縁・相間絶縁及び対地間絶縁の説明
 ② スロット絶縁構成の例

4. 主要絶縁材料
 ① 耐熱区分で分類した主要絶縁材料の紹介

5. 耐熱区分と許容温度
 
6. マグネットワイヤ(コイル)
 ① 種類と特徴
 ② エナメル線の一般特性と耐熱区分
 ③ 取扱い上の注意点
 ④ ワニスとの適合性
 ⑤ クレージング
 ⑥ ATFによるエナメル被覆の膨潤
 ⑦ 加水分解性、課電耐水性
 ⑧ 耐熱劣化試験法
 ⑨ 試験規格例

7. フィルム絶縁物
 ① 分類
 ② スロット絶縁構成の例
 ③ 代表的フィルム材の特性
 ④ 使用上の注意事項
 ⑤ フィルム複合・貼り合せによる欠点補完
 ⑥ 材料試験規格

8. ワニス
 ① 含浸ワニスの種類
 ② 溶剤系と無溶剤系ワニスの違い
 ③ 使用上の注意事項
 ④ 材料試験法規格

9. 絶縁設計
 ① 設計フロー例
 ② 3つのコンセプト
 ③ 注意事項
 ④ ステータ初期絶縁特性
 ⑤ 保証寿命相当の劣化後の絶縁特性
 ⑥ 絶縁劣化の各種要因と劣化機構
 ⑦ 複合劣化モデル例

10. 製造工程と絶縁設計
 ① 巻線製造工程と絶縁設計、品質検査留意点
 ② 巻線、挿入、成型作業工程例
 ③ 樹脂含浸法

11.絶縁試験
 ① コンセプト
 ② 絶縁試験項目例

12. 絶縁に関するトラブル例
 ① 層間短絡原因FTA
 ② トラブル例

13. モータの動向と絶縁課題
 ① 高効率
 ② 高電圧化
 ③ 高出力化
 ④ 冷却向上による絶縁長寿命化
 ⑤ インバータ駆動に伴う問題点:絶縁部分の部分放電開始電圧
 ⑥ 部分放電劣化箇所 ⑦ 部分放電と絶縁破壊の違い
 ⑧ 火花放電電圧とパッションの法則
 ⑨ 巻線間の内部電圧分布 ⑩ 巻線間の分担電圧の測定
 ⑪ 部分放電開始電圧の測定
 ⑫ 放電開始電圧の特徴
 ⑬ 絶縁部位の部分放電開始電圧の測定
 ⑭ インバータ駆動時の技術的諸問題に関する規格

/images/noimage.png

<習得知識>
 ・モータ電気絶縁技術に関する一般的な知識や絶縁工作、加工、材料選定、
  評価方法に関する基礎的知識の習得
 ・モータ長寿命化における大切なポイントの修得
 ・車載用主機モータの今後の課題における絶縁技術の観点の認識
 ・インバータサージ電圧が絶縁に与える影響の理解

<講義概容>
 本講座は、講師の40年のモータ設計経験を元に、絶縁の基礎と製造上、設計上の問題、用例を紹介しながら、造りやすく、かつ信頼性の高い車載用モータの絶縁技術、長寿命化のポイントを解説します。特にインバータ駆動モータは、絶縁物にとっては寿命的に過酷な環境下に曝されるケースも多いため、重点的に取り上げます。モータの製造、設計、選定に携わるエンジニアの方にとって有益な情報を提供する講座となっておりますので、奮ってご参加ください。


  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       
ページTOPへ