このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 自動車“車内音”開発の基本・勘所と遮音材・吸音材の活用方法 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

遮音・吸音の理論や車内音のメカニズムにはじまり、音響増幅防止、一重壁パネルや内装材の遮音、吸音対策、エンジン本体や電気自動車のモーターの改良など、車内騒音対策の理論・事例・ポイントを詳しく解説します。

自動車“車内音”開発の基本・勘所と遮音材・吸音材の活用方法

【日 程】

2019年4月8日(月) 10:00~17:00

【会 場】

都内中心部で調整しております。(東京(調整中))

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 愛知工業大学 工学部 機械学科  谷本 隆一 先生

  【元 トヨタ車体株式会社 車両実験部 主査】

経歴: 1978年4月 トヨタ車体株式会社入社。ボデー設計部(トラックキャビンの設計)、内装設計部(トラック内装材の設計)、振動実験室(ワンボックスカーの振動と騒音評価)、車両実験部(特異環境、車内異音・振動騒音技術開発)、車両実験室(シート、空調、人間工学、特装、特異振動)、特装実験室(福祉車両、冷凍車,電気自動車,ケナフ)で30年にわたり勤務。2009年1月より現職。自動車の環境と安全に関する教育と研究に従事。日本機械学会、自動車技術会などに所属。

Ⅰ.遮音・吸音基礎理論
 1.制振、吸音・遮音の概要
 2.遮音理論の基礎、吸音理論の基礎をわかりやすく紹介
 3.自動車の車内騒音寄与度解析結果

Ⅱ.音響増幅防止による車内音改善
 1.エンジンルーム内の音響増幅と車内音
 2.共鳴型サイレンサーの開発事例

Ⅲ.一重壁パネルの遮音性改善
 1.ステフネス、質量則(マスロー)、コインシデンスと透過損失
 2.エンジンカバーの遮音性改善事例

Ⅳ.内装材の遮音性改善
 1.カーペット、フェルトなどの振動伝達比と車内音低減効果
 2.共振型カーペット(遮音材)の開発事例

Ⅴ.吸音対策
 1.室定数と車内音低減効果、室定数測定方法
 2.吸音シート、吸音天井の開発事例

Ⅵ.音色の改善(強制力対策)
 1.自動車における気になる音(ごろごろ音)
 2.エンジン懸架系、吸排気系、エンジン本体の改良による音色の改善
 3.次世代電気自動車のモーター騒音低減

Ⅶ.自動車の車内騒音対策事例(原理をわかりやすく解説)
 1.バックドア振動制御によるワンボックスカーのこもり音の低減

      (悪路走行時における車両振動のモーダル解析)
 2.広帯域吸気サイレンサーの開発(音響工学の応用)
 3.4リンク リヤサスペンション車の低速こもり音低減

      (振動工学・機構学応用による振動入力低減)

 4.エンジン懸架系など車両の振動・騒音品質の開発まとめ

/images/noimage.png

<習得知識>
・自動車の車内音開発

・吸音材、遮音材の役割

・吸音材、遮音材の自動車適用方法

<講義概容>
 本講座では、自動車の車内音開発のための基礎理論とポイントを、講師の実務経験や事例を交えながら具体的かつ分かりやすく解説します。まず、遮音・吸音の基礎理論を解説し、次いで、エンジンで発生した音がエンジンルーム内で音響増幅、さらに一重壁パネル、内装材を透過し、車室内に侵入するメカニズムと対策について解説します。中盤では、車室内に侵入した音の拡散を吸音シート、吸音天井の開発により防止し、車内騒音低減に成功した事例を説明し、最後に、エンジン本体、電気自動車のモーターの改良、その他車内騒音対策事例について説明します。
 全体をとおして、理論、事例、実務でのポイントをバランスよく配分することで、分かりやすく実務で役立てられるような講義となっています。


  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       
ページTOPへ