このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 CFRP強度・剛性設計の手順解説と信頼性設計の考え方 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

複合材設計の計算手順・最適な積層構成の設定、複合材の強度計算や信頼性設計の基本的な考え方など、実践的な設計手法について、構造解析プログラムを用いたPC演習をベースに学習していきます。

~講師オリジナルの構造解析プログラムを使ったPC実習講座~

CFRP強度・剛性設計の手順解説と信頼性設計の考え方

【日 程】

2017年9月27日 (水) 10:00~17:00

【会 場】

※会場を変更しております。ご注意ください。

京華スクエア2階 (中央区立ハイテクセンター)(東京 中央区)

                   ↓↓↓

ネクストワークスラーニングセンター(目黒駅)

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

【定 員】 20名/PC付き
【備 考】

※パソコンルームで実施しますので、パソコン等のご持参は不要です


講師: 株式会社ビー・アイ・テック 代表取締役 社長 工学博士 板東 舜一

経歴: 1969年 大阪大学工学部機械工学科卒業、川崎航空機工業(株)(現:川崎重工業(株))入社。航空宇宙事業部門に在籍し、MDC設計課主査、小型観測ヘリコプター設計部主幹、小型観測ヘリコプター設計チーム・サブ・チーフエンジニア、技術部長などを歴任。主に複合材料の研究開発とそれを適用した製品群の設計・開発などに従事(防衛庁陸上自衛隊向け小型観測ヘリコプター「OH-1」のローターシステム、JR東日本E-4系新幹線(MAX号)の複合材料製先頭構体、B737旅客機の主翼ウイングレットの開発、航空機用プリエプレグKMS6115の開発とFAA認定の取得など)。2003年 同社を退職し、(株)ビー・アイ・テックを設立し、現在に至る。

Ⅰ. 複合材料に関する知識 (1時間)
 ⇒複合材料の基本特性、強化繊維、樹脂、プリプレグ等につき、基礎的知識を確認します。

Ⅱ. 設計の基礎 (1時間)
 ⇒複合材料製品の製造図面とそれに記載するべき事項と、図面記載例を説明します。
 また、パソコンを使用した設計ソフトを提供しますので、その使用法を概説します。

Ⅲ. 剛性設計 (0.5時間)
 ⇒積層材の剛性を、上記ソフトを使用して設定します。

Ⅳ. 積層順序の設定 (1時間)
 ⇒積層の順序を設定する考え方を解説し、さらに演習を交えて確認します。

Ⅴ. 締結部設計
 ⇒ボルト・ナットで締結する設計法につき、解説します。

Ⅵ. 平板の座屈
 ⇒前記ソフトを使用して、座屈設計の基本を習得します。

Ⅶ. せん断・腰曲げ設計
 ⇒前記ソフトを使用して、せん断強度と腰曲げ強度の設計法を、演習を交えて確認します。

Ⅷ. 有孔部設計、品質保証と修理
 ⇒複合材の信頼性設計の基本を確認します。

<習得知識>
1.複合材構造の基本設計と詳細設計手順
2.複合材の設計の計算手順・最適な積層構成の設定
3.複合材の強度計算
4.複合材の信頼性設計の基本的な考え方

<講義概容>
 複合材料は、繊維方向と積層数を適切に設定することにより、広い範囲の剛性・強度を発揮することができる、優れた材料です。しかしながら、その積層構成を適切に設定することは容易ではありません。そこで、航空機産業における標準的な手法をご紹介し、その構造設計手法を習得していただきます。
 本講座では、構造解析をPCで自動的に実施できる簡易なプログラム(設計チャートにより設計点を図式で設定できる)を使いながら、演習ベースで複合材料構造の設計手法や複合材特有の注意点などを学んでいきます。また、設計許容値等をどのように設定するかという考え方なども解説しますので、複合材料による構造設計能力を習得することができます。

  • 講習会一覧(日付順) 受講のしおり 会場案内 お問い合わせ よくある質問
    INDEX
       
ページTOPへ