このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 晶析操作の基礎理論と食品製造における結晶品質制御 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

【糖】・【塩】・【アミノ酸】・【油脂】・【機能性素材】など、食品製造においても欠かせない晶析技術。基礎理論、操作の基本、結晶品質制御の考え方について、演習と事例紹介を織り交ぜながら丁寧に解説します。
   晶析操作の基礎理論と食品製造における結晶品質制御 

【日 程】

2019年6月7日(金) 12:30~17:15

【会 場】

都内中心部で調整しております。

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 新潟大学 工学部 工学科化学システム工学プログラム 准教授 三上 貴司先生

略歴: 2010年3月 早稲田大学大学院応用化学専攻博士課程修了。同年4月 鶴岡工業高等専門学校 物質工学科 助教。
    2013年4月より現職。
研究: 晶析工学を基軸とした結晶品質制御、とくに単分散結晶の製法に関する研究
所属学会等:化学工学会、分離技術会、日本海水学会、日本工学教育協会

第1部 装置内における晶析現象
 1.晶析操作の概要
  ① 晶析操作の目的
  ② 晶析操作の特徴
  ③ 晶析操作の原理
  ④ 晶析操作の種類
  ⑤ 結晶品質と粉体特性
 
 2.晶析過程の平衡論
  ① 溶解度の熱力学的定義
  ② 溶解度の測定法と整理法
  ③ 相図の読み方
  ④ 過溶解度と準安定域
  ⑤ 過飽和度の表現法
 
 3.晶析過程の速度論
  ① 一次核発生の原理
  ② 古典核発生理論
  ③ 二次核発生の原理と対応策
  ④ 核発生速度の測定法と整理法
  ⑤ 結晶成長の原理
  ⑥ 工学的な結晶成長モデル
  ⑦ 結晶成長速度の測定法と整理法
  ⑧ 不純物存在下における結晶成長

第2部 晶析操作による結晶品質制御
 1.粒子製造操作としての晶析
  ① 粒径分布制御の考え方
  ② 制御冷却法
  ③ シーディング法
  ④ 多段冷却法
  ⑤ 内部シーディング法
  ⑥ 温度スイング法
  ⑦ 制御供給法
  ⑧ 高分子添加法
 
 2.分離精製操作としての晶析
  ① 分配係数と分離係数
  ② 再結晶操作と結晶純度
  ③ 不純物の取り込みと純度低下
  ④ 発汗操作による結晶精製
  ⑤ 層成長操作
  ⑥ 懸濁成長操作
  ⑦ 光学異性体の分離

第3部 食品分野における晶析操作
 1.食塩晶析
  ① 食塩製造の概要
  ② 食塩晶析における品質制御
  ③ 最近の研究事例
 
 2.砂糖晶析
  ① 砂糖製造の概要
  ② 砂糖晶析における品質制御
  ③ 最近の研究事例
 
 3.アミノ酸晶析
   ① アミノ酸製造の概要
   ② アミノ酸晶析における品質制御
  ③ 最近の研究事例
 
 4.油脂晶析
   ① 油脂製造の概要
   ② 油脂晶析における品質制御
   ③ 最近の研究事例

【習得知識】
 1.工業装置内で起こる晶析基礎現象
 2.晶析プロセスを利用した粒子製造操作と結晶品質制御の考え方
 3.晶析プロセスを利用した分離精製操作と結晶純度制御の考え方
 4.食品分野における晶析操作と結晶品質制御の考え方

【講師のことば】

 晶析は古い単位操作ですが、産業界からは依然として高い需要がある技術分野です。その背景には、晶析が分離精製と同時にものづくり(粒子製造)が可能である魅力の部分に加えて、複数の装置内現象が同時に進行する厳しい条件下で希望品質の結晶を生産しなくてはならない難度の部分があるように思います。この講座では、晶析理論を初めて学ばれる方、学び直したい方、専門の知識をさらに高めたい方を対象に、晶析の核心となる理論を分かりやすく解説します。その上で、種々の食品分野における晶析操作の考え方や事例を学びます。
 受講に際して化学工学の知識は要しませんが、高校程度の微分積分を習得していると理解が深まります。受講当日、詳しい解説が記載された投影資料をお渡ししますので、講習後も講師の解説を思い出しながら復習することができます。


  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook

  • 食添素材ナビ
       



      
ページTOPへ