このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 食の商品企画・開発の基本と“新価値創造”のためのアイデア発想 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

大好評! 初心者・初級者でも安心! 専門知識、実務経験がなくても楽しく学べる講座です!

~“お客様視点”と身近な商品・サービス事例で解説する~

食の商品企画・開発の基本と“新価値創造”のためのアイデア発想

【日 程】

2019年2月22日(金)10:00~17:00

【会 場】

テックデザイン会議室(サガフラット2階)(東京 門前仲町駅)

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 日本フードコーディネーター協会認定 1級フードコーディネーター(食の商品開発)

    特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会 理事  和泉 守計

経歴: 大手総合食品メーカ勤務。製品開発、商品企画に長年携わり、現在は、知的財産部で商標、ブランド関連の仕事に携わる。その傍ら、日本フードコーディネーター協会認定の1級フードコーディネーターとして、食の商品企画・開発、ネーミング、マーケティング等について、独自の融合視点からさまざまなノウハウを提唱している。

Ⅰ.新商品企画・開発の基本(講義、グループディスカッション
 1.お客様価値視点での着眼・発想トレーニング
 2.顧客ニーズと顧客満足
 3.商品コンセプトによる価値の明確化
 4.商品価値の伝達とブランド化(ネーミング、キャッチコピー、プロモーション)
 5.バリューチェーン構築による価値の最大化

Ⅱ.”新価値創造”のためのアイデア着眼・発想演習(講義、グループ演習)
 1.競合分析と価値の差別化(ポジショニング、SWOT分析)
 2.新価値アイデアの着眼・発想と体系化(ABCD着眼・発想法)
 3.グループ演習  

★ABCD着眼・発想法★
 B(Before)    →    A(After)  
          ↑
        C(Can)
          ↑
       D(Development)

◆ABCD着眼発想法とは、従来品や競合品と明確かつ優位に差別化した、新価値商品のアイデアを効果的かつ効率的に生み出すための手法です。
◆その商品が、お客様にとってどんなことを可能にするのか、また、それを実現するためには、どのような進歩が必要なのか、アイデアの骨子を体系的にまとめながら、アイデアの練り上げとアプローチ方法の検討を行い商品企画を立案していきます。
◆このABCDの骨格を中心に、背景となるT(Trend)、N(Needs)、 課題P(Problem)を加え整理することで、企画書作成をスムーズに行えるようになります。
◆今回は、各グループに分かれ、演習を行います。アイデアをまとめ、最後にグループ発表をして頂きます。

<習得知識>
 1.新商品企画・開発の基本を学ぶことができる
 2.お客様にとっての”価値”をとらえる視点が身につく
 3.商品アイデアをシンプルかつ論理的にまとめ上げる『ABCD着眼・発想法』を学ぶことができる
 4.グループ演習を通じて、実務視点で具体的な気づきを得ることができる

<講義概要>
 新商品の企画・開発においては、従来品や競合品と明確に差別化されたお客様にとっての“価値”を提供することが重要です。しかしながら、マーケティングの専門書を読んだり、セミナーを受講したりしてみたものの、実務にどのように活用していいのかわからず、悩んでいるという方は少なくないと思います。
 本講座では、長年、商品企画・開発・ブランディングの実務に従事してきた講師が、新商品企画・開発において押さえておくべきポイントと、新価値創造のためのアイデア着眼・発想のヒント、アイデアを論理的に体系立てる手法を、身近な商品やサービス事例を用いながら、講義とグループワークを通じてわかりやすくお伝えします。気楽な雰囲気の中で、マーケティングや商品企画・開発の実務経験のない初心者、初級者の方でも、すぐに使えるアイデア発想術を含め、多くの気づきが得られる毎回好評の定番講座です。


  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       



      
ページTOPへ