このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 ワインを科学する [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

今や日本の食文化に定着したワインですが、一方でその味わい方や健康機能性、雑学等に多くの誤解が氾濫しています。
本講座では日本ワイン界の第一人者を講師に迎え、ワインの網羅的な基礎知識に加えて、正しい科学的情報を提供します。

ワインを科学する

=原料/製造法/保存・熟成/成分・香味/テースティング/健康機能/マリアージュ/市場動向=

【日 程】

2019年3月11日(月) 10:00~17:00

【会 場】

都内中心部で調整しております。

【受講料】

34,980円(税込/テキスト・書籍・試飲付)

 

【備 考】

 

本講座では、ワインのテースティングを実施します。
未成年のお申し込みはご遠慮願います
(テースティングが不要の場合はお申し出ください)
また、お車でのご来場はご遠慮ください

講師: 株式会社フード&ビバレッジ・トウキョウ 代表取締役 清水 健一

経歴:

 1970年 東京大学農学部農芸化学科卒、1976年 東京大学農学系大学院修了(制がん剤のスクリーニング)、1976年 協和発酵入社(酒類開発部長、ワイン事業推進部長、門司工場長、サントネージュ研究所長などを歴任)、この間、1981-1984年 西ドイツガイゼンハイムワイン研究所客員研究員、2002年 アサヒビール入社(理事商品企画本部副本部長、理事酒類本部担当副本部長、理事ワイン事業部部長、理事食品研究開発本部副本部長を歴任)、2008年-2014年 アサヒフード&ヘルスケア顧問、2014年から現職。

 焼酎「かのか」、「九兵衛」、RTD「下町風味」、「カクテルパートナー」、国産ワイン「無添加有機ワイン」などを開発、上市。2016年から富山にて日本酒「一粒一水」を製造。現在、6次産業化中央サポートセンタープランナー、福島未来チャレンジプロジェクトアドバイザー、国内ワイナリーの立ち上げのアドバイザー、輸入ワインインポーターの技術顧問、卸の技術顧問、酵母関連研究、開発のアドバイザーなどを兼務。

 1991年 日本醸造協会技術賞受賞。著書に「ワインの科学」(1999年、講談社ブルーバックス、現在第13刷)、「ワインの秘密」(2016年、PHP研究所、現在第2刷)、「新ワイン学」(2018年11月発売。ガイアブックス、共著)など。

1. 醸造酒と蒸留酒、ワインの基礎知識(30分)

2. ワイン用ブドウの話とテロワール(30分)

3. ワインの誤解、ワインの劣化、保存方法、選び方(40分)

4. ワインの製造方法、発酵、酵母、乳酸菌(発泡性も含む)(40分)

5. ワインの成分と香味、テースティングの知識(頭痛成分を含む)(30分)

6. ワインの熟成(30分)

7. ワインの機能性(生活習慣病予防効果、殺菌作用)(50分)

8. ワインと料理(調理効果、マリアージュ)(30分)

9. ワインマーケット(20分)

10. 特殊ワインの製造方法(30分)

11. ワインの雑学、トピックス

   (コルクとスクリューキャップ、合成コルク、ワインセラーなど)(30分)

12. ワインのテースティング(赤ワイン2種、白ワイン1種の比較)

http://admin.tech-d.jp/images/noimage.png

<本講座での習得事項>
1. 全般的に過誤の多いワインの情報を取捨選択し、正しい基礎知識を得ることができる。
2. ワインに関して、製造からマーケットまで広範な知識が得られる。
3. ワイン用ブドウと生食用ブドウの大きな違いを理解できる。
4. 誤った情報が入り乱れている、ワインの健康に及ぼす効果に関して、正しい情報の整理ができる。
5. ワインの仲間である、シェリー、貴腐ワイン、アイスワイン、ポートワインなどに関しても基本的な知識を得ることができる。

<講義の概要>
 ワインは人類最古の酒類の一つであり、その影響の大きさは食文化のみならず、経済や宗教を考える上でも欠かせません。日本においても年間30~40万キロリットルの消費量があり、日本におけるワインは食を考える上で欠かせない要素として定着したと言えます。しかしながら、ワインの味・香りの要素や健康への影響に関する知識の重要性が高まる一方で、一般的に膾炙した情報には多くの誤解が含まれているのが現状です。
 本講座ではまず、ワインに関する情報を整理し、科学的視点に基づいた、正しい知見を伝達します。次いで、ワイン用ブドウとそれを取巻くテロワールなど、原料に関する基礎知識を習得します。また、発酵、ワイン酵母、乳酸菌の関与など製造方法(シャンパンや特殊ワインを含む)を講義するほか、熟成、成分、香味などについても日本酒との比較を含め、化学をベースに解説します。さらには、ワインの健康機能性、殺菌効果などの最新研究に加えて、マーケットの動向についても紹介します。

<備考>
参加者の方には、講師の著書「ワインの科学」(講談社ブルーバックス)、「ワインの秘密」(PHP研究所)を贈呈いたします。

 

・書籍・試飲付

  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       



      
ページTOPへ