このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 電子顕微鏡による食品構造観察テクニック [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

実務経験の豊富な講師が効率的な試料作製法と観察技法を自らの経験をベースに解説します。

電子顕微鏡による食品構造観察テクニック

【日 程】

2018年12月20日(木) 10:30~16:45

【会 場】

テックデザイン会議室(サガフラット2階)(東京 門前仲町駅)

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

【スケジュール】
<2018年12月20日(木)>

■第1部:走査電子顕微鏡(SEM)の基礎と最新応用の紹介 (2h)

講師: 株式会社日立ハイテクノロジーズ 科学・医用システム事業統括本部 科学システム営業本部 多持 隆一郎

■第2部:食品分野における走査電子顕微鏡の試料作製・観察テクニック(3h)

講師:NPO法人 チーズプロフェッショナル協会 チーズ大学講師 農学博士 木村 利昭

■第1部:走査電子顕微鏡(SEM)の基礎と最新応用の紹介

講師: 株式会社日立ハイテクノロジーズ

      科学・医用システム事業統括本部 科学システム営業本部 多持 隆一郎

経歴: 紹介:1984年入社以来,走査電子顕微鏡の応用技術開発に従事。日本顕微鏡学会,表面科学学会所属。

Ⅰ.走査電子顕微鏡の基礎
 1.走査電子顕微鏡の歴史
 2.走査電子顕微鏡の構造と原理

Ⅱ.走査電子顕微鏡の多様な機能と分析
 1.低加速電圧観察
 2.低真空観察(デスクトップSEM)       
 3.走査電子顕微鏡による分析

Ⅲ.イオン液体を用いた観察
 1.イオン液体とは
 2.イオン液体の観察例

http://admin.tech-d.jp/images/noimage.png

講演概要:

走査電子顕微鏡は,1965年に商品化されてから飛躍的な進歩を遂げ,現在ではサブナノメートルオーダーの分解能を保証可能となりました。加えて,機能も進化し,あらゆる分野での研究・開発および品質管理のツールとして活用されています。本講座では,走査電子顕微鏡の原理・機能を理解した上で,分析ツールとして有効活用して頂くために役立つ情報を提供します。さらに最近使用されているイオン液体の観察例に関しても紹介します。

■第2部:食品分野における走査電子顕微鏡の試料作製・観察テクニック

講師:  NPO法人 チーズプロフェッショナル協会 チーズ大学講師

                            農学博士 木村 利昭

経歴: 紹介:元 雪印乳業㈱技術研究所。食品の微細構造の電子顕微鏡による観察の第一人者。主な著書に「食品・そのミクロの世界-電子顕微鏡による立体写真集-(槇書,1991)「電顕サマースクール 電子顕微鏡の上手な使い方講座「食品」(医学出版センター,1992)」「食品・調理・加工の組織学 (学窓社,1999)」「ミルク&チーズサイエンス~とろけるチーズの秘密~(デーリィマン社、2007)」「現代チーズ学(食品資材研究会,2008)」「新・走査電子顕微鏡(共立出版,2011)」などがある

Ⅰ.水の形態,成分に合わせた観察手段の決定
 1.乾燥試料の観察
  a. マウント
  b. コーティング
 2.含水試料の観察法
  a. 固定剤、緩衝液、導電染色
  b. 脱水、凍結割断
  c. 乾燥
 3.凍結試料の観察(クライオSEM法)
  a. クライオSEM法の概要  
  b. 凍結固定、寒剤
  c. 氷晶防止剤

Ⅱ.特殊観察法
 1.FIB / SEM・・・エマルジョン・脂肪球断面の観察
 2.酵素消化法・・・麺中のグルテンの観察
 3.ステレオ観察法

Ⅲ.その他(きれいなSEM像の撮影法など)
※電顕観察における個々の質問に答えます

http://admin.tech-d.jp/images/noimage.png

講演概要:
 加工食品を開発する際,風味,テクスチャーの設計が大きな検討課題となる。テクスチャーは原料素材を混合、加工することによって生成され,その評価にはレオロジカルな客観的方法あるいは官能評価法などの主観的方法が用いられているが,これに加え正確な構造の把握が大切である。構造観察のない検討は時として試行錯誤に陥りやすい。また、構造観察の結果は製造ノウ・ハウからノウ・ホワイが導きだされ、普遍的な技術の確立につながり、新製品の開発という効果を生む。
本講習では食品の観察手段として広く利用されているSEMの関連技術を中心に,必要な観察技法について炊飯米、麺、チーズ、寒天などを例に述べる。対象となる食品は乾燥品から高水分あるいは凍結品,含気食品など多岐にわたる。特にやっかいな高水分ゲル(泡を含む)などの事例を交え解説する。また,試料作製技術にひそむアーティファクト(人工産物)を発生させないための注意点,対処法についても解説する。


  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       



      
ページTOPへ