このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 毛髪の構造・特性とヘアケア製品開発のポイント [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

「毛が薄くなった」「くせ毛で困っている」「白髪が増えた」など毛髪の悩みは尽きません。本講座では、毛髪科学の基礎から「毛髪物性評価」「育毛・抗白髪薬剤の有効性評価」「頭皮ケアの最新研究」など、ヘアケア製品開発のポイントを解説します。

毛髪の構造・特性とヘアケア製品開発のポイント

~毛髪科学の基礎、育毛・白髪の薬剤開発、ハリ・コシ・くせ毛、頭皮と毛髪形成の最近の研究~

【日 程】

2018年12月17日(月) 13:00~17:00

【会 場】

リファレンス西新宿 会議室(東京 新宿駅/西新宿駅)

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 東京工科大学 応用生物学部 応用生物学科 教授  岩渕 徳郎先生

経歴: 1985年 東北大学農学部農芸化学科卒業、1985年 資生堂研究所入社。この間、海洋バイオテクノロジー研究所、マサチューセッツ総合病院/ハーバード医科大学。2014年より東京工科大学教授。専門分野は、毛髪科学、生化学、皮膚科学。研究テーマは、育毛薬剤の作用メカニズム研究、くせ毛研究、抗白髪メカニズム研究、体性幹細胞と毛髪形成の研究、頭皮環境と皮膚常在菌研究など。

1.毛髪科学の基礎
  1-1 毛包・毛髪の構造
  1-2 男女の薄毛の違い
  1-3 毛髪の人種差
  1-4 白髪

2.育毛薬剤と抗白髪薬剤
  2-1 育毛薬剤の現状
  2-2 育毛薬剤の評価方法
  2-3 抗白髪薬剤の現状
  2-4 抗白髪薬剤の評価方法

3.毛髪の構造
  3-1 毛髪のハリ・コシとは
  3-2 毛髪物性の測定方法
  3-3 毛髪のハリ・コシ改善薬剤と評価
  3-4 毛髪ダメージと毛髪の構造変化
  3-5 毛髪特性と水分量、およびドライヤー

4.くせ毛
  4-1 くせ毛の特徴
  4-2 くせ毛改善の方法

5.頭皮と毛髪
  5-1 頭皮の特徴と頭皮トラブルの原因
  5-2 頭皮トラブルの毛髪形成への影響

6.今後望まれるヘアケア商品の領域

7.質疑応答

■こんな方にお勧めです!■
 これからヘアケア製品、育毛・白髪製品の開発に携わろうとしている方や、しばらく実務に携わったが、もう一度体系的に勉強したいという方など、ヘアケア製品の研究・開発に関わる幅広い方に最適な内容です。

<習得知識>
 1.毛髪科学の基礎
 2.薄毛、白髪の基礎と対応薬剤
 3.毛髪のハリ・コシ、くせ毛等特性
 4.頭皮と毛髪形成の関係

<講義概要>
 育毛およびヘアケアの市場は、両方で3000億余規模の巨大市場になっています。当該市場では、時代とともに、主たる訴求ポイントは変遷を遂げてきました。薄毛は従来、男性を対象にした市場でしたが、最近では女性の薄毛市場も成長をとげています。また、ヘアケア分野では、古くは訴求点がフケ・カユミだったのに対して、昨今は「美しい髪は健やかな地肌から」という頭皮ケアの概念が主流を形成しています。
 それでは、「美しい髪」や「健やかな髪」とはどのような髪の毛なのでしょうか。また、「美しい髪の毛を評価(測定)する方法」にはどのような方法があるのでしょうか。「健康な頭皮から美しい毛髪が育まれる」と考えられていますが、それは本当でしょうか。「育毛・白髪薬剤の評価」や「育毛・白髪の有効性の評価」はどのように行うのでしょうか。
 本講習会では、毛髪科学の基礎を理解するとともに、毛髪製品開発に役に立つ、育毛・白髪の基礎と薬剤開発の考え方および有効性評価方法、毛髪の物性やそれに与えるドライヤーの影響、そして、頭皮状態と毛髪形成の接点に関する最近の研究について紹介します。


  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       



      
ページTOPへ