オンデマンド講座申し込み

【オンデマンド:tdo2021070501】Excelでできる! 振動のシミュレーション入門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
名古屋工業大学 工学研究科 准教授 博士(工学)前川 覚先生
2012年3月 横浜国立大学大学院環境情報学府博士後期課程修了。鳥取大学大学院工学研究科 助教などを経て、2018年4月より現職。専門はトライボロジーで、特に「タイヤ用ゴム材料の摩擦特性評価」や「ゴム摺動面の接触面観察と摩擦振動評価」に関する研究に取組む。トライボロジー学会、精密工学会などに所属。

受講者の声

受講の目的:振動シミュレーションをExcelでつくり、共振または振動の高い箇所を見つけ、低減させる方法。過渡応答、周波数応答、FFT、動吸振器について
実務に活かせそうなこと:振動解析は実機に近い単純なモデル(マス,バネ,ダンパー,外力)をつくる。FFTおよび逆FFTで理想的な基本波形を特定。多自由度振動系の固有値特定。ルンゲクッタ法で精度の高い振動シミュレーション。振動理論に基づいた動吸振器,振動絶縁,摩擦振動系の対策シミュレーション例。

  • Ⅰ. 振動学の基礎
    • 1.振動とは
    • 2.振動問題の解決手順
    • 3.振動の分類
    • 4.振動のモデリング(運動方程式の定式化)
    • 5.理論解析の⼀例
    • 6.まとめ
  • Ⅱ. Excel による時刻歴応答解析
    • 1.運動方程式の定式化
    • 2.オイラー法による数値シミュレーション
    • 3.ルンゲクッタ法による数値シミュレーション
    • 4.⾃由度振動系の計算例
    • 5.多自由度振動系の計算例
  • Ⅲ. Excel によるFFT 解析
    • 1.振動信号の取得(変位,速度,加速度)
    • 2.FFT 解析とは
    • 3.FFT 解析の解析例
  • Ⅳ. Excel による動特性解析
    • 1.運動方程式の定式化
    • 2.固有値解析
    • 3.⾃由度振動系の計算例
    • 4.多⾃由度振動系の計算例
  • Ⅴ. Excel による振動系のシミュレーション
    • 1.動吸振器のシミュレーション
    • 2.防振基礎(振動絶縁)のシミュレーション
    • 3.摩擦振動系のシミュレーション
  • Ⅵ. まとめ
    • 1. 振動対策に対する基本的な知識
    • 2. Excelによる振動のシミュレーションの手法
    • 3. Excelによる振動のシミュレーションの活用法

    33,000円(税込)Excelファイル付

    約5.5時間

    アカウント発行日から4週間
    ※テキストは申込の翌営業日以内(休日を除く)に発送

    カード決済または銀行振込
    ・カード決済の場合は後日決済用のメールをお送りいたします。
    ・銀行振込の場合はお申込みフォームからお申込みいただいた後、
     請求書を郵送いたします。請求書に記載の支払口座にお振込みください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る