このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 よくわかる実験計画法の基本とExcel実習 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

【官能評価の統計的データ解析】講座のわかりやすい講義でおなじみの内田講師が、技術者に必須の統計的手法である実験計画法(効率的な実験の計画とデータ解析)について、PC演習(実験事例)を盛込んで解説します。
            
         ~実験の効率化とデータ解析をPC演習形式で学ぶ~

よくわかる実験計画法の基本とExcel実習

【日 程】

2019年8月7日(水) 13:00~17:30

【会 場】

京華スクエア2階 (中央区立ハイテクセンター)

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 東京情報大学 総合情報学部 総合情報学科 准教授 内田 治先生

経歴:統計的データ解析が専門で,【官能評価データの解析】【アンケート調査の計画と解析】【統計的品質
   管理】【データマイニング】等の研究に取組む.著書には『すぐわかるEXCLEによる統計解析』
  (東京図書),『例解 多変量解析ガイド』(東京図書),『ビジュアル品質管理の基本』(日経新聞
   出版社)『官能評価の統計解析』(日科技連)他多数

1.実験計画法の基本(30分)
 ① 実験計画法とは
 ② 実験の原則
 ③ 実験の種類
 ④ 実験計画法の用語

2.統計解析の基本 (20分)
 ① 実験データの種類と解析
 ② 検定と推定の役割

3.一元配置実験の解析(40分)
 ① 一元配置実験とは
 ② 分散分析による解析
 ③ 回帰分析による解析
 ④ エクセルによる解析演習

4.二元配置実験の解析(90分)
 ① 二元配置実験とは
 ② 分散分析による解析
 ③ 回帰分析による解析
 ④ エクセルによる解析演習

5.直交表の実験(60分)
 ① 直交表実験とは
 ② 直交表による実験の計画方法
 ③ 分散分析による解析
 ④ エクセルによる解析演習

6.実験の進め方(10分)
 ① 実験データ収集の効率化
 ② さまざまな解析手法

★ パソコンつき(操作はスタッフがフォローします)
★ 講義で使用したExcelデータは持ち帰れますので、USBメモリをご持参ください
★ 副読本として「図解入門 よくわかる 最新 実験計画法の基本と仕組み」を使用します

              

 企画背景と講演概要
 実験計画法は研究や製品開発の分野で広く使われている統計的手法であり、データの採取方法を計画するフェーズと、実験や調査で得られたデータを解析するフェーズがあります。きちんとした実験計画がなされると、効率的(安く・早く)にデータを得ることができ,精度の高い解析が実現するのです。
 本講座では、日常業務として実験や分析を行っている方を対象に、データを効率的に集める手段(実験計画)と客観的な結論を導く方法(データ解析)についてレクチャーします。統計の基本事項を習得済みの受講者を想定していますが、講義前半に統計解析の基本(検定・推定)をおさらいした上で進めていきますので心配いりません。また、要所にエクセルでの解析演習を盛り込んでいますので、職場に戻ってすぐに実務で活かすことができる実践的な講座です。エクセル演習については、講師の他にアシスタントも補助にあたりますので、パソコン操作に不慣れな方でも安心してご受講いただけます。


  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       
ページTOPへ